黒執事

【黒執事】マダム・レッド、アンジェリーナの正体は?悲劇的な過去と赤執事との関係

「黒執事」のマダム・レッド、アンジェリーナ・ダレスのまとめページです。ファトムハイヴの協力者、シエルの伯母さんとして登場したマダム・レッドですが、その過去は悲劇に満ち満ちたものでした。

アンジェリーナが社交界の花であるマダム・レッドとなった経緯、「赤執事」との出会い、抱えてきた複雑な想いについてみていきましょう。

『黒執事』マダム・レッドの基本プロフィール

名前アンジェリーナ・ダレス(元バーネット男爵夫人)
職業・王立ロンドン病院勤務
・医師(元看護婦)
容姿鮮やかな赤いドレス、大きなフロッピーハット
特徴・社交界で幅広いコネクション
・通称レディ・レッド(結婚後はマダム・レッド)
シエルとの関係シエルの母親の妹

『黒執事』マダム・レッドの立場&役割、目的

シエルの父親ヴィンセントに恋をしていた伯母

アンジェリーナは、病弱な姉レイチェルの体を治そうと医者の道を志した少女でした。自分の赤毛を嫌っており、社交界も苦手としていました。

ある日、屋敷にファントムハイヴ伯爵家の当主ヴィンセントが訪れ、アンはヴィンセントに恋をします。ヴィンセントに赤が似合うと言われると、自分の赤毛も気に入り、赤いドレスを着るようになりました。

しかし、ヴィンセントと結ばれたのは、大好きな姉レイチェルでした。アンは大好きな二人が幸せになっていく姿を、心から祝福することができませんでした。時間が流れ、シエルが生まれ、幸せな一家を近くで見続けても、その蟠りは消えることがありませんでした。

黒執事先代ファントムハイヴ ヴィンセント まとめ
【黒執事】ヴィンセントはシエルの父親!先代ファントムハイヴの目論見と父親の正体『黒執事』ヴィンセント・ファントムハイヴのまとめページです。ヴィンセントはシエル達の父親で、先代ファントムハイヴを務めていた人物です。ヴ...
『黒執事』シエル兄弟の母レイチェルまとめ
『黒執事』レイチェル・ファントムハイヴはシエル達の母!フランス語由来の名付けの理由も考察『黒執事』レイチェル・ファントムハイヴのまとめページです。レイチェルの性格と病弱だった体、ヴィンセントの出会い、アンとの関係、シエル達双...

望んでいた全てを失ってしまう

アンは赤いドレスを着て社交界に頻繁に顔を出すようになり、レディ・レッドと呼ばれるようになります。また、その影で猛勉強し、夢であった医者の免許も取得することができました。

社交界で出会ったバーネット男爵と出会い、子供を授かり、アンにも幸せが訪れますが、暴走した馬車に巻き込まれる事件が発生します。男爵はそこで命を落とし、アンは子宮を切除してようやく命を拾う重体でした。

気落ちしながら入院していたアンの元に、姉レイチェルが足繁く通って励まします。そして、アンが退院すると、快気祝いを開いてくれると話すレイチェルの元に向かいますが、ファントムハイヴの屋敷は燃え上がり、愛していた大切な人達を一度に全員失ってしまいました。

世界を憎み「死神」グレル・サトクリフを執事にする

全てを失ってなお、アンは医師として気丈に振る舞います。そこに、堕胎手術を望むホワイトチャペルの娼婦達が診察に訪れます。

アンは、望んだ全てを自分は失ったというのに、持つ者が簡単にそれを捨て去ろうとしている現実に糸が切れ、世界への憎しみが爆発してしまいます。

そして、「切り裂きジャック」として凶行を重ねていく中、「死神」グレル・サトクリフと出会います。グレルがアンを気に入ったと話すと、アンはグレルを自分の「執事」として迎え入れました。

ファントムハイヴ邸襲撃から一ヶ月後、セバスチャンを連れたシエルが屋敷に戻り、アンはシエルを抱きしめにいきます。しかし、シエルを抱き寄せるアンの感情の中にも、激しい世界への憎しみが灼きついたままでした。

黒執事揺れ動く乙女心 グレル・サトクリフ まとめ
【黒執事】グレル・サトクリフは赤執事で死神!作中屈指の人気を誇るグレルの活躍を解説『黒執事』グレル・サトクリフのまとめページです。グレル・サトクリフは、マダムレッドの執事として登場した死神派遣協会「回収課」の死神です。...
黒執事ファントムハイヴ伯爵 シエル まとめ
【黒執事】シエルは最後は天使となって悪魔を従え神と対峙する!?シエルの最期を徹底考察『黒執事』シエル・ファントムハイヴのまとめページです。シエルは、ファントムハイヴの双子の弟として生まれた人物で、あくまで執事のセバスチャ...
黒執事あくまで執事 セバスチャン まとめ
【黒執事】セバスチャンは最終的にお上(神)と対峙する!?シエルとの契約の行く末を徹底考察『黒執事』セバスチャンのまとめページです。セバスチャンは、シエル兄の魂を渡り賃として召喚された悪魔で、シエル弟に「悪魔で執事」として仕え...

『黒執事』マダム・レッドの性格・人物像

貴族らしい豪快さと奔放さ

社交界の花、マダム・レッドと尊称されるように、普段のアンジェリーナは実に貴族らしい豪快さ、奔放さを持っている人物です。

ドルイット子爵の社交パーティーに参加した際には、男性陣を跪かせ、パーティーを心から堪能していました。

しかし、これらはアン本来の性質ではなく、灼けつくような嫉妬と憎しみから自分の目をそらすための、自棄っぱちのような態度であると考えられます。

努力家で心優しい

本来のアンは、努力家で心優しい女性です。姉レイチェルの体のこともあり、幼少の頃より医師になることを目指し、猛勉強の末、その夢を実現させます。

また、結ばれた夫と授かった子供を愛し、シエルを慈しみ、複雑な感情を持ちながらも、レイチェルやヴィンセントを大切に想い続けました。悲劇で全てを失った後も、人を救うために医師の活動を続けており、これもアンの心優しい一面を表しています。

アンは本質的に善良な人間であり、幸せになるに値する人間ですが、そのアンでさえ「死神」に取り憑かれ、無残な最期を迎えてしまい、シエルの生きる世界がいかに厳しいかと分かります。

『黒執事』マダム・レッドのセリフ・口癖

今度は私は何も譲らないわ

レディとは、殿方の前ではか弱く可愛く、無邪気な少女でいることが一番

『黒執事』マダム・レッドの強さ、能力

武器は短刀

マダム・レッドは戦闘能力は高くはなく、シエルとの戦闘においても際立った能力は見せていません。

携帯している短刀を武器にしており、ホワイトチャペルの娼婦に対しては、相手が油断している隙に、迷いのない奇襲をすることで制圧してきたものと考えられます。

『黒執事』マダム・レッドのストーリー・主な活躍

「あくまで執事」編のマダム・レッド

ファントムへイヴ家でのビリヤードに参加

マダム・レッドは、ファントムハイヴの屋敷で開かれていたビリヤードの密談に、唯一女性として参加していました。

「鼠駆除」に動かないシエルに対して話が向けられた際、「彼はいつだって一撃必殺(ナインボール)狙い」と擁護しています。

「赤執事」編のマダム・レッド

シエルの町屋敷に登場し「切り裂きジャック」を共に捜索

マダム・レッドは、シエルがロンドンに来るという情報をキャッチして町屋敷に向かい、劉と一緒にシエル、セバスチャンの到着を出迎えます。シエルから「切り裂きジャック」の件が話されると、マダム・レッドも捜査に協力することになりました。

アンダーテーカーにも同行し、セバスチャンが数時間のうちに犯人候補の目星をつけたことで、「OHMSS(女王陛下秘密情報部)」なのではないかと疑いました。怪しいのが「ドルイット子爵」であると分かると、社交界のコネを使い、社交パーティーに潜入します。

社交パーティーでは奮闘するシエル達をよそに、男性達を跪かせて満喫していました。

黒執事租界の昇り龍 劉(ラウ) まとめ
【黒執事】劉(ラウ)の正体は?ランマオ・シエルとの関係と協力者になった理由『黒執事』劉(ラウ)のまとめページです。劉(ラウ)は、巨大上海マフィア青幇の幹部で、英国を担当している人物です。シエルとも協力関係にあり...

正体が暴かれるがシエルと敵対することを拒否する

シエル、セバスチャンに正体が暴かれると、セバスチャンの相手をグレルに任せ、マダム・レッドはシエルと対峙します。これまでの落ち着いた態度が嘘のように、「何も譲らないわ」と叫び、シエルに向かっていきました。

抵抗しないシエルに対してマダム・レッドは優勢となりますが、手を止め、シエルを攻撃することは、やはり自分にはできないと言います。その姿を見て、「死神」グレルは普通の女になったアンに興味はないと言い放ち、「死神の鎌」を向けました。

グレルの能力「走馬灯劇場」でアンに起きた出来事が明らかになります。後日催されたお葬式では、シエルが赤い薔薇とドレスをアンに送り、親愛を込めて「アン伯母さん」と言いました。

『黒執事』まとめ

心優しく努力家な少女が、運命に翻弄されて切り裂きジャックになってしまいました。

しかし、最後にシエルに向けて振り上げた手を止めたことから、彼女は「アン伯母さん」に戻ることができたのだと考えられます。

赤執事編のあらすじストーリーは下記の記事でまとめております。

黒執事最新巻までのあらすじまとめ
『黒執事』最新巻までのあらすじをネタバレありでご紹介!最新話までの復習にどうぞ月刊Gファンタジーで連載中の枢やな(とぼそやな)先生の作品『黒執事』。 アニメ、OVA、ミュージカルと漫画を原作として様々な作品に...
ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!