呪術廻戦

【呪術廻戦】加茂憲倫は明治時代の術師!加茂家最大の汚点と羂索の関係性

呪術廻戦加茂家最大の汚点 加茂憲倫 呪胎九相図を生み出した男

「呪術廻戦」加茂憲倫のまとめページです。

加茂憲倫は、明治時代に存在した加茂家の術師です。羂索に体を奪われ呪胎九相図を生み出し、加茂家の汚点「最悪の術師」として名を残しました。加茂憲倫と脹相の関係性など、呪術廻戦の加茂憲倫を詳しくご紹介します。

『呪術廻戦』加茂憲倫の基本プロフィール

名前加茂憲倫
立場・加茂家最大の汚点
・明治時代の羂索
術式不明
特徴・呪胎九相図を作成

『呪術廻戦』加茂憲倫とは?

加茂家の汚点

加茂憲倫は、御三家「加茂家」に明治時代に存在した術師であり、多くの呪術文化財とともに、史上最悪の術師として名を残した人物です。

呪胎九相図を誕生させる

明治時代に存在した「呪霊の子を孕む」特異体質の女性が、家を追われて加茂憲倫の寺を頼ったことをきっかけに実験を開始、自分の血も混ぜて九体の子供を生み出し、特級呪物「呪胎九相図」を完成させました。

脹相達は母親に酷い仕打ちをした加茂憲倫に対して強い憎しみを持っています。母親が呪胎九相図を生み出したその後は明らかになっていません。

羂索に乗っ取られていた

また、加茂憲倫は呪胎九相図を生み出した時点で羂索に乗っ取られていたことから、本来の加茂憲倫は死亡していたことが明らかになっています。

羂索に乗っ取られる前の加茂憲倫の人物像を示す情報は開示されておりませんが、呪術文化財を生み出したのは加茂憲倫本人の方だったのかもしれません。

『呪術廻戦』加茂憲倫の主な活躍

呪術廻戦「起首雷同編」の加茂憲倫

呪胎九相図を生み出した人物として登場

加茂憲倫は、呪胎九相図を生み出した人物として回想の中で登場します。

明治初期、呪霊の子を孕む特異体質の娘が存在し、加茂憲倫の開いた寺に助けを求めにやってきたことで、知的好奇心の対象となり、実験を繰り返すこととなります。

娘と呪霊の間に加茂憲倫の血を混ぜ、娘に九度の懐妊と堕胎を繰り返させ、九体の子供達を元に特級呪物「呪胎九相図」を完成させました。

加茂憲倫の非業は、脹相や壊相、血塗にも認識されており、母への仕打ちに対する巨大な恨みを持たれるようになります。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
関連記事
error: Content is protected !!