呪術廻戦

【呪術廻戦】組屋鞣造の製作した呪具は?呪霊側についた裏には裏梅の存在があった?

呪術廻戦呪詛士 組屋鞣造 呪具製作の変態

「呪術廻戦」組屋鞣造のまとめページです。

組屋鞣造は、呪具製作に変態的な執着心を持っていた呪詛師です。京都姉妹校交流会の襲撃に参加しますが、高専に捕らえられる結果となっています。組屋鞣造の製作してきた呪具など、呪術廻戦の組屋鞣造を詳しくご紹介します。

『呪術廻戦』組屋鞣造の基本プロフィール

名前組屋鞣造
立場・呪詛士
・呪具製作

『呪術廻戦』組屋鞣造とは?

呪具製作を行う呪詛士

組屋鞣造は、呪具製作に変態的な執着心を持つ呪詛師です。裏梅に良い素材があると提案されて真人達に協力、京都姉妹校交流会の襲撃に参加しました。

工房(アトリエ)があり、ここで様々な効果を持つ呪具を製作しており、重面春太へ特注の呪具をプレゼントしたり、渋谷事変後の真希の武器となった呪具「竜骨」を製作したりしています。

『呪術廻戦』組屋鞣造のセリフ・口癖

牛乳飲んで出直してこい、老い耄れ

『呪術廻戦』組屋鞣造の作品

重面春太の剣

重面春太の剣は、持ち手が人の手となっており、春太の意思に合わせて自由に動かすことができます。

剣単体での行動も可能な他、手の部分も動かすことが可能であり、手の方から春太を握ったり、握り拳を作って打撃を与えることも可能です。

竜骨

竜骨は、組屋鞣造の最高傑作とされている術で、渋谷事変後に真希が工房から回収しています。

刃で受けた衝撃と呪力を蓄積、使い手の意図に合わせて峰から噴出する能力を持っていました。

『呪術廻戦』組屋鞣造の主な活躍

呪術廻戦「京都姉妹校交流会編」の組屋鞣造

嘱託式の帳を降ろす

組屋鞣造は、偽夏油に託された嘱託式の「帳」を発動、「五条悟の侵入を防ぐ代わりに他の全員の出入りを自由にする」結界を貼ります。

組屋鞣造は変態であり、五条悟を用いたハンガーラックを作ろうと考え、今回の襲撃に協力していたのでした。

楽巌寺学長と対峙

早速行動を開始した組屋鞣造は、楽巌寺学長、庵歌姫と遭遇、楽巌寺と直接対決となります。

楽厳寺は中距離タイプの術者であり、奏でた旋律を体内で増幅させ、呪力として打ち出す術式を用いており、組屋鞣造はその仕組みを把握して接近戦に持ち込もうとしましたが、すぐに帳が上がってしまい、戦闘は中断となってしまいます。

五条に敗北し捕縛される

五条が戦闘に参戦できるようになると、組屋鞣造が状況的に一番危険であると判断し、一瞬で目の前に現れます。

組屋鞣造は抵抗する術もなく制圧され、そのまま楽巌寺に捕縛されて捕えられてしまいました。

組屋鞣造は団体行動ができないため、呪霊達からも元々ここで切り捨てられる予定となっており、そのことに気付いた組屋鞣造は尋問の中で「白髪おかっぱのガキ」に取引を持ちかけられ、騙されただけだと供述します。

変態である組屋鞣造に裏はなく、ただ単純に五条悟でハンガーラックを作りたかったのでした。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
関連記事
error: Content is protected !!