呪術廻戦

【呪術廻戦】呪胎九相図とは?誕生の経緯と記憶、脹相・壊相・血塗以外の兄弟

「呪術廻戦」呪胎九相図のまとめページです。

呪胎九相図は、明治初期に加茂憲倫が特異体質の女性を用いて生み出した九人の胎児が死後呪物となった特級呪物です。

脹相、壊相、血塗だけが現代まで残れた理由、四番から九番の呪胎九相図の現在など、呪術廻戦の呪胎九相図を詳しくご紹介します。

『呪術廻戦』呪胎九相図とは?

明治初期に特異体質の娘によって誕生

呪胎九相図は、明治初期に呪霊の子を孕む特異体質の娘から生まれた存在です。

身に覚えの無い妊娠から異形の子を産み落とした少女は、親類縁者からの厳しい風当たりを受け、子供の亡骸を抱えて呪術師が開いた山向こうの寺へと向かい、そこで加茂憲倫と出会います。

加茂憲倫の実験によって生まれた存在

少女は加茂憲倫の知的好奇心の対象となり、九度の懐妊と堕胎を繰り返され、その中に加茂憲倫の血も混ぜられます。

この九体が特級呪物となり、呪胎九相図として高専に保管されることとなりました。

特級呪物として高専忌庫に保管

呪胎九相図は特級呪物であるため、呪術師は祓うことができず、生命を保証する代わりに封印を施されることとなり、高専忌庫に保管されることとなります。

それから150年間、互いの存在だけを頼りに生存していた「一番から三番の三体」が真人によって盗み出され、外の世界で受肉、呪霊が描く未来の方が都合がいいと長兄である脹相が判断、真人達の仲間となったのでした。

『呪術廻戦』呪胎九相図の記憶

母の記憶はない

呪胎九相図のうち、壊相と血塗には母の記憶は持っていません。呪霊、人間どちらにも深い感情は持っておらず、呪胎九相図にとって重要なのは兄弟だけです。

脹相は加茂憲倫への恨みを持っている

ただし、長男の脹相だけは羂索が乗り移っていた加茂憲倫の姿を認識しており、偽夏油の正体を見抜いています。

羂索が母に対して行った非道を理解しており、その恨みも引き継いでいるため、脹相だけは呪胎九相図の中でも特別な存在である可能性が高そうです。

母が最初に寺に駆け込んだ時点で、最初の子供は既に亡くなっていましたが、その子供の正体が脹相であり、それ以降作られた壊相以下の兄弟たちを呪物となって観察、状況を唯一理解していたのかもし絵ぱんだません。

『呪術廻戦』呪胎九相図の一覧

呪胎九相図は、一番から九番まで合計九人の子供達が元となっている特級呪物です。

本来、「九相図」とは野外に打ち捨てられた死体が朽ちる様を九つに分けて描いた一枚の絵画のことを示しており、呪胎九相図においても脹相よりも壊相、血塗と人間の姿から崩れていっています。

一番:脹相

脹相は、呪胎九相図の「一番」であり、虎杖を含む十人兄弟の長男にあたります。弟達を自分の命よりも大切にしており、弟達のためであれば悩むことなく命がけの戦いに身を投じることができます。加茂家の相伝の術式「赤血操術」の使い手でもあり拡張術式も使いこなします。術式の影響により、弟達に異変が生じるとそれを感じることができます。

二番:壊相

壊相は、呪胎九相図の「二番」であり術式「蝕爛腐術」を使用していました。術式を使いこなしており、極ノ番も使用可能、八十八橋の戦いでは虎杖、釘崎を追い込みました。背中から顔の形に似た血痕が生まれており、人間の容姿から朽ち始めた体の状態が描かれています。

三番:血塗

血塗は、呪胎九相図の「三番」であり壊相と共に「蝕爛腐術」の「朽」を使用可能でした。血塗の段階で既に人間の形態とはかけ離れるほど朽ちており、四足歩行の異形として描かれていました。

四番以降

四番以降の呪胎九相図は、生命を止めている状態で忌庫の中に存在しています。呪胎九相図は明らかに九相図を元とされており、血塗の状態を考慮すると、四番目以降は例え受肉したとしても存在を保ち続けるのは難しいと思われます。

  • 膿爛相(のうらんそう)
  • 青瘀相(しょうおそう)
  • 噉相(たんそう)
  • 散相(さんそう)
  • 骨相(こつそう)
  • 焼相(しょうそう)

真人が膿爛相以下の呪胎九相図を連れて行かなかったのは不思議でしたが、四番以降を受肉させても活動できないというのが理由であれば納得できますね。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!