呪術廻戦

【呪術廻戦】冥冥とは何者?術式「黒烏操術」の効果、憂憂との関係性

「呪術廻戦」冥冥のまとめページです。

冥冥は、お金を貯めるゲームをしているフリーの一級呪術師です。冥冥がお金に拘る理由、憂憂との関係性、術式「黒烏操術」の効果など、呪術廻戦の冥冥を詳しくご紹介します。

『呪術廻戦』冥冥の基本プロフィール

名前冥冥
立場1級呪術師
術式黒烏操術
特徴・守銭奴

『呪術廻戦』冥冥とは?

フリーの一級呪術師

冥冥は、高専に頼らずフリーで活動している一級呪術師です。

お金を何よりも信奉しており、存在の価値を自分にいかに利益をもたらすかで量るという守銭奴っぷりを見せています。

お金を貯めるゲームをしている

何か目的があってお金を貯めているというよりも、お金を貯めるゲームをしていることが明かされており、冥冥がこれまで貯めてきた貯金額は異常な金額となっています。

公式ファンブックでは「屋形越えに挑めるくらい」と言及されており、これは別の漫画作品「嘘喰い」の「屋形越え」を指し、冥冥の貯金額は500億円近いことが示唆されています。

憂憂は実の弟

渋谷事変で同行させていた憂憂は、冥冥の実の弟であり、シン・陰流を使える他、一瞬でクアラルンプールに移動できる術式を保有しています。

冥冥は家系で高専に入学しており、名前も偽名であると判明しているので、憂憂も呪術師の一族で名前は別にあると考えて良いでしょう。

『呪術廻戦』冥冥のセリフ・口癖

どっち?私は金の味方だよ。金に換えられないモノに価値はないからね、なにせ金に換えられないんだから

幾年振りかな、私の命に指が掛かるのは

『呪術廻戦』冥冥の強さ|術式

術式「黒烏操術」

術式「黒烏操術」は、烏(からす)を操ることのできる呪術です。

烏の視界を使うことで斥候や偵察に活用できる他、視界をモニターに映して禪院で状況を確認するなどの使い方もできます。

神風(バードストライク)

神風(バードストライク)は、冥冥が編み出した「黒烏操術」の技です。

「縛り」は命をかけたものが最も能力を底上げするため、冥冥は烏に命を献上させ、その代価として本来微弱である烏の呪力制限を消し去り、敵対象へ突撃させるという凶悪な技となっています。

縛りの効果で引き上げた冥冥の神風は非常に協力で、防ぐことができたのは五条以外にいないと言及されています。

『呪術廻戦』冥冥の過去は?

強さにこだわり自らを鍛え上げる

冥冥は呪術師としての強さに拘っており、自らの術式「黒烏操術」が「烏を操る」だけのものだと考えると、術式なしでも戦うことができるように必死に体を鍛え、戦闘技術を磨いていきました。

術師の真価は術式ではないと自分に言い聞かせていましたが、身体能力も、呪力による肉体強化も限界まで追求してしまい、自分がこれ以上強くなることはできないとくじけましたが、もう一度術式「黒烏操術」に向き合い、解釈を広げることによって、一級術師として花開くことができました。

『呪術廻戦』冥冥の主な活躍

呪術廻戦「京都姉妹校交流会編」の冥冥

モニター役を担当

冥冥は京都姉妹校交流会に呼ばれ、カラスの視界を借りて学生達の戦いをモニターに映す役割を担っていました。

お金を至上の価値と掲げる冥冥は、楽巌寺学長から多額のお金を提供されており、虎杖への襲撃や計画にない強力な呪霊の存在を五条にばれないよう、さりげなくモニターに移す映像を絞ります。

森に帳が降りる異常事態が発生すると、冥冥はその場に留まり、エリア内の学生の位置を特定して五条に報告することとなりました。

呪術廻戦「起首雷同編」の冥冥

五条に一千万をもらい東京校5名を一級術師に推薦

冥冥は五条からの一千万円の振込を通帳で確認、ATMの前で笑い声を我慢できずに笑います。

お金を受け取った冥冥は、東堂との連名で東京校5名を一級術師に推薦、楽巌寺学長の怒りのボルテージを最大まで引き上げました。

  • 真希
  • パンダ
  • 釘崎
  • 虎杖
  • 伏黒

東堂の狙いは虎杖と共同任務にあたることでしたが、冥冥にはお金以外に執着するものは一切なく、東堂と卓球で汗を流した後は爽やかにその場を去ります。

呪術廻戦「懐玉編」の冥冥

歌姫との共同任務にあたる

「懐玉編」では、五条の学生時代に歌姫と共同任務にあたっていたことが描かれました。

屋敷に巣食う呪霊の調査任務に向かい、永遠に続く廊下に囚われると、歌姫と冥冥は二手に分かれようとしますが、その前に五条達の救援が到着し、呪霊は祓われる結果となりました。

この時、呪霊の結界によって時間がずれており、二人は二日間連絡がなかったことになっていたのでした。

呪術廻戦「渋谷事変編」の冥冥

明治神宮前駅の地下へ降りる

冥冥は憂憂、虎杖をメンバーに冥冥班として渋谷事変に参戦、青山霊園で待機していましたが、渋谷と同様に明治神宮前駅にも帳が降りたことで突入を開始しました。
補助監督から状況の説明を受け、「一般人を閉じ込める帳」の内側、副都心線ホームを中心に「術師を入れない帳」が展開されており、二つの帳の間に、帳を下ろしている呪霊か呪詛士がいる可能性が高いと判明、既に二名の補助監督が犠牲になっている緊急事態だと明らかになります。

冥冥は術式を用いて駅内を偵察、中に大量の改造人間と強い呪霊1体を確認すると、冥冥が地下4Fで改造人間、虎杖は地下2Fで強い呪霊と対峙することとなり、一瞬で地下4Fの改造人間を全滅させました。

帳が上がったことを察知すると、虎杖と無事に合流して地下5Fに向かい、冥冥をもう十分1級レベルだと褒め、術式なしでここまでやれるのは「日下部」以来だと称賛します。地下5Fでは無為転変をかけられた一名を除いて姿がなく、電車で渋谷へ向かったことが明らかになりました。

ミニ丸から五条悟封印が伝わる

五条悟が封印されたことでメカ丸の保険であるミニ丸が起動、五条悟が封印されたことを虎杖と冥冥に伝えます。メカ丸が既に10/19に真人に撃破され、発動条件を「五条悟封印後」に絞ったという話で冥冥は情報の信憑性を信頼、さらに呪詛士がここに襲撃しにきていることを教えられました。

ミニ丸から渋谷の四枚の帳の情報を教えられると、冥冥は緊急事態だと判断、ミニ丸からの依頼通り、虎杖が渋谷へ向かうための隙を作り、明治神宮前駅の線路を抑える役割を担うことを承諾しますが、冥冥はメカ丸の銀行口座をきっちり狙いました。

呪詛士を撃破

冥冥は、術式と身体能力、呪力による肉体強化など持てる力全てを遺憾無く鍛え抜いており、襲撃してきた呪詛士をあっさりと撃破します。

冥冥にとって命の価値は、どれだけ冥冥にとって利用価値があるかを示す「用益潜在力」だと主張、呪詛士にはそれがなくあっさりと処分、渋谷駅側の帳が上がったことを確認すると、五条悟に貸しを作ることに興奮を感じながら、地下鉄線路を進んで渋谷へ向かいました。

偽夏油、特級特定疾病呪霊「疱瘡神」と対峙

渋谷駅近くの線路で冥冥は偽夏油と対峙、すぐに夏油ではなく偽物と判断します。偽夏油は念の為に地下5Fの人間は残しておきたいと主張、特級特定疾病呪霊「疱瘡神」を出してホームに戻り、冥冥は憂憂と共に「疱瘡神」と対峙することになりました。

「疱瘡神」の領域展開と術式での攻撃を受けた冥冥は、術式のカラクリを看破、憂憂に合図を出して「シン・陰流」の領域展開で敵の術式を無効化した後、術式「黒烏操術」の真骨頂「神風(バードストライク)」で「疱瘡神」を撃破しました。

クアラルンプールに移動

再び偽夏油と対峙することとなった冥冥でしたが、夏油に命を脅かされたことで憂憂の術式を使ってマレーシアのクアラルンプールに移動、即座に日本の人類社会の終わりを判断して日本株と不動産を売却、インサイダーの相手にも連絡を入れて情報提供をしました。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!