呪術廻戦

【呪術廻戦】乙骨憂太は術式「里香」を操る特級呪術師!0巻の主人公の物語

「呪術廻戦」乙骨憂太のまとめページです。

乙骨は、呪術高専東京校二年生の特級呪術師です。日本三大怨霊「菅原道真」の子孫かつ五条悟の親戚であり、五条よりも多い膨大な呪力を有しています。乙骨が高専に入った理由、術式「里香」の物語、真希達との関係性、海外出張の目的など、呪術廻戦の乙骨をご紹介します。

『呪術廻戦』乙骨憂太の基本プロフィール

名前乙骨憂太
立場特級呪術師
日本三大怨霊「菅原道真」の子孫
五条悟の遠縁
術式里香
特徴反転術式も使用可能

『呪術廻戦』乙骨憂太とは?

四人いる特級呪術師の一人

乙骨憂太は、呪術高専二年生の特級呪術師です。日本三大怨霊「菅原道真」の子孫であり、五条悟の遠縁にあたります。

幼なじみの折原里香が交通事故を通じて特級過呪怨霊になると高専に保護され、「自分が生きていてもいい理由」を得るために高専で呪術師として生きていくことを決心、大切な人達を誰よりも大切に想いながら、呪術師としての日々に向き合っていきました。

『呪術廻戦』乙骨憂太のセリフ・口癖

失礼だな、純愛だよ

僕が大切にしている人達が、君を大切にしているから

『呪術廻戦』乙骨憂太の強さ|術式

術式「里香」

術式「里香」は、乙骨の「変幻自在の底なしの呪力」により具現化した存在です。

当初は、幼馴染みの折原里香の魂を抑留する縛りで特級過呪怨霊に変えていましたが、夏油戦を通じて折原里香への解呪を達成すると、折原里香の魂は解放されることとなります。

しかし、その後も乙骨は術式によって折原里香ではない自立型の存在を生み出し、「リカちゃん」と呼んで使役しています。

術式のコピー

乙骨の呪力は「変幻自在」であり、他の呪術師の術式をコピーすることが可能です。

ただ、狗巻棘の「呪言」もコピーして使用することができますが、術式に対する練度までは補うことができないため、術式本来の力を発揮するためには訓練が必要となります。

反転術式

乙骨は反転術式による治療を行うことも可能です。

呪術界側では、現時点では家入硝子と乙骨しか反転術式による治療は使用することができません。

呪力強化による虎杖を上回る身体能力

また、乙骨は五条悟よりも呪力量が大きく、呪力による身体能力強化では虎杖と対応な動きをすることができます。

戦闘中は呪力が迸っているため、呪力の流れを読んで動きを予測されることがなく、一流の相手でも優位に戦いを進めていくことができます。

『呪術廻戦』乙骨憂太の過去は?0巻を解説

幼馴染みの折本里香が特急過呪怨霊となる

乙骨は小学校入学前に入院先の病院で出会った折本里香と仲良くなり、将来の結婚を約束しますが、高専に入学する6年前に里香が交通事故に遭ってしまい特級過呪怨霊に変化、乙骨を独占するために周囲に危害を与えるようになり、乙骨は人と距離を置いて生活をしていくようになります。

自分の居場所を作るため呪術高専に入学

中学に上がると、リカにより学校の教師や生徒に被害が及ぶようになり、高専が乙骨の存在を確認して確保、高専の封印の中で五条と対面します。

乙骨は誰も傷つけないようにするため閉じこもろうとしましたが、本音では人との関わりを求めており、五条に力の使い方を学べばいいと諭され、呪術高専に入学することとなりました。

乙骨が入学した一年生の学年には禪院真希、パンダ、狗巻棘がおり、乙骨はここで彼らと出会います。

真希に呪術高専でやるべきことを教わる

早速実務演習として呪霊が発生した小学校に派遣された乙骨は、真希の活躍を見ながらついていきますが、巨大な呪霊が登場すると真希と共に食べられてしまいます。

呪霊の中には行方不明となっていた二人の子供もいて、乙骨を除く三人は呪霊の呪いに当てられて倒れてしまい、乙骨しか動けない状態で真希に「何しに高専に来たのか」と叱咤された乙骨は、自分が誰かに必要とされて、生きていていいという自信が欲しいと本音を見つけ、指輪を通じて初めてリカを呼び出して呪霊を撃破しました。

リカを召喚したことで過去の記憶を思い出した乙骨は、自分がリカに呪いをかけた可能性を指摘、五条に愛ほど歪んだ呪いはないと諭されると、乙骨は呪術高専でリカの呪いを解くことを決意、前向きに鍛錬に励むこととなりました。

狗巻棘とのコンビで準1級以上の呪霊を祓う

一年生で唯一の二級術師である狗巻棘が単独任務でシャッター街に向かう際、乙骨も見学として同行、伊地知の張った帳の中で棘の呪言を見て驚きます。

一瞬で任務は完了しましたが、夏油傑の仕組んだ準1級の呪霊が登場、喉が枯れて呪言が使えない棘をサポート、リカの呪力を刀に封じて準1級の呪霊と渡り合い、棘の呪言での一撃に繋げました。

この戦いを通じて、若干苦手意識を持っていた棘とも絆が生まれ、普段言葉を発することのできない棘の考えも理解できるようになります。

特級の夏油傑と呪霊を撃破

高専での生活を過ごす中、特級呪詛士の夏油傑が高専に現れて乙骨をスカウト、新宿・京都での百鬼夜行を宣言します。

当日、乙骨は高専に待機させられていましたが、これが夏油の宣戦布告の狙いであり、夏油は乙骨を排してリカを呪霊操術で取り込むために襲撃を開始しました。高専に帳が降りて異変を察知すると、乙骨は真希、パンダ、棘が夏油によって倒された場所に到着、大切な人を傷つけた夏油に激怒し、リカを完全顕現させて対峙します。

リカの「変幻自在の底なしの呪力」を用いて、乙骨は反転術式で真希達を治療、さらに先の商店街の戦いで見てコピーした棘の呪言で、夏油の出した大量の呪霊を撃破、特級呪具「游雲」を持ち出して近接戦闘を仕掛けてきた夏油に対しても、呪力強化による身体能力向上で圧倒してみせます。

リカさえ手に入れば目的を達成できると判断した夏油は、特級仮想怨霊「化身玉藻の前」と呪霊操術極ノ番「うずまき」を使いますが、乙骨はリカを抱きしめて愛の言葉を囁き、これが終われば自分の全てをあげると伝えることで「自らを生贄とした呪力の制限解除」を実行、莫大な呪力によって夏油に勝利しました。

自分がリカを呪っていたことを知る

気絶から目覚めた乙骨は、真希達が全員無事であることを確認して安心しますが、リカが呪霊の姿から解呪され、折本里香の姿となったことに驚きます。

そこに新宿から戻ってきた五条が現れ、乙骨は日本三大怨霊の一人である菅原道真の子孫、五条の親戚であることを告げられ、事故の際に乙骨が里香に呪いをかけて怨霊としていたことが明らかになりました。

自分の行動の罪を知って悔やむ乙骨でしたが、リカは優しく乙骨のことを抱きしめ、生きている時よりも幸せだったと言ってくれます。リカとの別れが訪れると、乙骨は里香との指輪を左手薬指につけ、呪術師として生きることを定めて高専での生活を始めました。

『呪術廻戦』乙骨憂太の主な活躍

呪術廻戦「呪胎戴天編」の乙骨憂太

海外出張中で交流会は不参加

乙骨は呪術高専二年生であり、本来京都姉妹校交流会に参加する学年でしたが、海外に出張中であり交流会には不参加となってしまいます。

乙骨不参加を知り、昨年の交流会で一瞬で敗北し、リベンジに燃えていた東堂が激怒、東京校に挨拶に来ることとなり、伏黒、パンダ、棘を相手に大立ち回りする事態につながりました。

呪術廻戦「京都姉妹校交流会編」の乙骨憂太

ミゲルと同行している描写

乙骨憂太は、扉絵で百鬼夜行で登場したミゲルと一緒に海外出張している様子が描かれました。

呪術廻戦「渋谷事変編」の乙骨憂太

虎杖を撃破

一ヶ月前、海外にいた乙骨の元に五条が訪れ、五条に何かあった時には虎杖含めて一二年生のことを頼むとお願いされます。渋谷事変によって東京が壊滅すると乙骨は帰国、上層部から虎杖抹殺の執行役を任され、他の人間が執行役につくよりも自分が動く方が良いと判断、任務を引き受けて虎杖の元へ向かいました。

乙骨は、禪院直哉が虎杖、脹相と対峙している場面に登場、虎杖との直接対峙となると、圧倒的な呪力量を背景とした身体能力、術式で虎杖を圧倒、リカちゃんを出現させた上で虎杖を撃破します。

虎杖撃破後は、脹相に追い込まれた禪院直哉を助け、反転術式での治療をする代わりに虎杖死亡を直哉からも上層部に伝えるように依頼しました。

虎杖達と共に高専に戻る

虎杖を反転術式で治療した乙骨は、無事に虎杖が目覚めると安心します。助けた理由を問われると、乙骨は「僕が大切にしている人達が、君を大切にしているから」と伝え、乙骨の心持ちが何も変わっていないことが判明しました。

脹相、伏黒が合流すると、伏黒の求めに応じて虎杖も「死滅回游」攻略に向けて合流することとなり、一同を引き連れて高専へと戻ります。

呪術廻戦「死滅回游編」の乙骨憂太

天元の話を聞いて死滅回游に参加

乙骨は高専で真希との再会を喜んだ後、薨星宮に向かい天元と出会います。天元から羂索の目的と死滅回游のルール、獄門彊「裏」の開封方法を教えられると、津美紀や戦いに積極的ではない人達を死滅回游から抜け出すためのルール追加を目的として、一足先に死滅回游へ参加することとなりました。

また、ミゲルとの海外出張に関しては、百鬼夜行の際に五条が破壊した「黒縄」の残りをアフリカに捜索しに行っていたことが明らかになります。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!