呪術廻戦

【呪術廻戦】縛りとは?自分・他者との間に結ぶ制限の代わりに得る呪術の重要因子

「呪術廻戦」縛りのまとめページです。

縛りは、自分または他者との間に締結し、何かを制限する代わりに何かを得る呪術の重要因子です。

これまで登場してきた縛りの一覧など、呪術廻戦の縛りを詳しくご紹介します。

『呪術廻戦』縛りとは?

呪術における重要な因子の一つ

縛りは、呪術における重要な因子の一つです。

利害による「縛り」を設けることで、破ることのできない約束を締結したり、能力強化を得ることができます。

基本的には自分に対して「縛り」を行い、特定のデメリットを受け入れることで、それと同等のメリットを得ることができます。

他者間の縛りは難しい

「縛り」は自分以外の者とも結ぶことが可能です。

ただし、自分に対する「縛り」よりも難易度が高く、他者の介入や他者間との縛りを実現させることは簡単ではないとされています。

さらに、自分と他者で結んだ「縛り」を破った場合は、破った側に罰(ペナルティ)が発動するため、余程重要なことでない限り、他者との間で縛りを結ぶことはありません。

『呪術廻戦』これまで登場した「縛り」一覧

虎杖と宿儺の縛り

虎杖と宿儺は、少年院に特級呪霊が誕生した際、宿儺の生得領域の中で次の縛りを締結しています。

  • 宿儺が「契闊」と唱えたら1分間体を明け渡す
  • この約束を忘れる
  • 1分間は誰も殺さない、傷つけない

この縛りの目的は宿儺が伏黒の「面白いモノ」を見るためのものです。

七海の「時間外労働」

七海が「時間外労働」によって呪力が増すのも縛りの一種です。終業時間中は一定程度呪力に制限をかける代わりに、時間外労働となった場合は制限していた分の呪力を上乗せして呪力を発揮できるようになります。

これにより、時間外労働しなければいけない相手と対峙した際に、本来の実力よりも多い呪力で相手と対峙でき、呪力を要する拡張術式なども使用可能となりました。

帳の強化

帳の強化に対しても「縛り」を用いることが可能です。特定の相手の侵入を拒絶する効果を持たせた場合、帳の中にいた方が発見リスクが減り安全ですが、あえて帳の外で対象に発見されるリスクを冒すことによって、帳自体の強度を上げることが可能になります。

術式開示

術式開示も「縛り」の一種であり、相手に自分の手の内を晒すことで術式効果を底上げすることができます。

天与呪縛

「天与呪縛」は生まれながら肉体に強制された「縛り」のことです。自らが自らに科す通常の縛りとは異なり、天与呪縛を与えられた人物は必然的に数奇な運命を辿ることになります。現時点では広大な術式範囲と実力以上の呪力出力を得ていたメカ丸と、フィジカルギフテッドの禪院甚爾、真希が天与呪縛として登場しています。

真人とメカ丸の呪縛

真人とメカ丸が締結していた呪縛も「縛り」の一種です。メカ丸が情報提供する代わりに真人が「無為転変」で体を治すという約束をしていました。また、約束でも「縛り」であることを明示する必要があり、例え術師同士で約束をしたとしても縛りを設けなければ、破ったとしてもデメリットはありません。

これにより、渋谷事変では美々子と菜々子は夏油傑の体を返してもらうこともできず、うまく羂索達に利用されるだけとなってしまいました。

黒烏操術の「神風」

冥冥の黒烏操術「神風」も縛りの一種です。命をかけた「縛り」が最も能力を底上げすると明かされており、本来は微弱な呪力しか持たない烏がこの縛りを用いることによって大呪力を身に纏い、五条悟以外防げたものがいないとされる攻撃を実現しました。

羂索の額の縫い後

羂索の額の縫い後も「縛り」の一種だと明かされています。縛りによってどのようなメリットを得ているのかは不明です。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!