呪術廻戦

【呪術廻戦】憂憂の術式はワープ関連?大好きな姉冥冥と挑んだ渋谷事変の顛末

「呪術廻戦」憂憂のまとめページです。

憂憂は、一級呪術師である冥冥の妹であり、シン・陰流や術式が使用可能な呪術師です。憂憂の冥冥に対する溺愛っぷり、冥冥が憂憂を同行させている理由、夏油戦で発動した憂憂の術式の謎など、呪術廻戦の憂憂を詳しくご紹介します。

『呪術廻戦』憂憂の基本プロフィール

名前憂憂
立場冥冥の実の弟
術式詳細不明
特徴シン・陰流「簡易領域」

『呪術廻戦』憂憂とは?

冥冥を崇拝する実の弟

憂憂は、一級術師である冥冥の実の弟です。

お金に執着する姉冥冥に深い愛情を持っており、憂憂は「冥冥の所有物でありたい」という願望を持つほどの歪な愛し方をしています。

「シン・陰流」の使い手

「シン・陰流」の使い手でもあり、簡易領域を展開することも可能です。

憂憂は冥冥と常に行動を共にしていますが、これは憂憂が冥冥の「領域対策」であるという側面もあるためです。

なお、憂憂は冥冥から使用許可が出ない限り呪術を使えないという「縛り」を設けており、これにより術式を強化しています。

『呪術廻戦』憂憂のセリフ・口癖

姉様だってその辺の女とは違いますっ

また思ってもないことを、姉様が愛でているのは家族ではなく、家族という雇用関係でしょう?

いいのですか?姉様のために死んでも

『呪術廻戦』憂憂の強さ|術式

移動関連か

憂憂の術式はまだ詳細が明らかになっていませんが、「移動」に関連する術式の可能性があります。

渋谷事変では、冥冥が夏油傑と対峙して負けそうになったため、憂憂の術式を発動してマレーシアのクアラルンプールに一瞬で移動したことが明らかになっています。

瞬間的な移動を可能にする術式であるため、ワープや概念操作の可能性もありますが、このあたりは今後明らかになっていくでしょう。

『呪術廻戦』憂憂の主な活躍

呪術廻戦「渋谷事変編」の憂憂

姉の冥冥と共に明治神宮前駅に突入

憂憂は姉の冥冥と共に渋谷事変に参戦、青山霊園で待機していました。金だけを重んじる冥冥のことを深く理解しており、そんな冥冥を憂憂は深く愛しているという歪な関係を虎杖に見せつけます。

明治神宮前駅に帳が降りると急行、冥冥と行動を共にして地下5Fに到達、五条悟の封印により発動したミニ丸から状況を共有されると、憂憂は冥冥と行動を共にし、明治神宮前駅の線路を抑える役割を担うこととなりました。

冥冥を狙った呪詛士が登場するも、冥冥の相手にはならず、正座させられた呪詛士に冥冥が演説した際には、毅然とした態度で拍手を求めるなど、憂憂の年齢にそぐわない異常性が描かれます。

偽夏油の特級特定疾病呪霊「疱瘡神」を相手取る

虎杖・伏黒によって渋谷側の「術師が入れない帳」が解除されると、憂憂は冥冥と共に地下鉄線路を進んで、渋谷駅近くで偽夏油と対峙、特級特定疾病呪霊「疱瘡神」を相手にすることとなります。

領域展開の必中効果に巻き込まれた憂憂と冥冥は、冥冥が反撃に出るために憂憂が囮となる作戦を立案、憂憂への呪術使用許可の合言葉である「命懸け」を冥冥が口にし、憂憂は呪力を解放して自分を標的にさせます。疱瘡神が術式を発動しますが、憂憂は「シン・陰流」の簡易領域を展開してこれを無効化、憂憂の役割は冥冥の領域対策であることが明らかになりました。

攻撃時間を経た冥冥によって疱瘡神を撃破、二人は偽夏油と対峙しに渋谷駅ホームへと向かいます。

術式を発動してクアラルンプールへ

偽夏油と対峙した憂憂と冥冥でしたが、冥冥が命の危険を感じたことにより憂憂が術式を発動、一瞬にしてマレーシアのクアラルンプールへ移動します。

五条悟封印によって日本の人間社会が崩壊すると判断した冥冥は日本株と不動産を全て売却した上でインサイダーの相手に連絡、憂憂は愛する姉の行動を見守っていました。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!