鬼滅の刃

【鬼滅の刃】藤の花とは?鬼に効果のある毒の原料となった鬼が忌避する花

鬼滅の刃鬼が忌避する花 藤の花 鬼に効果がある理由

「鬼滅の刃」藤の花は、鬼が忌避する花として登場した作品において重要な意味を持つ存在です。

鬼が藤の花を忌避する理由、鬼にさえ効果がある毒の原料となる要因、藤の花の花言葉、藤襲山・藤の花の家紋の家など、鬼滅の刃の藤の花を詳しくご紹介します。

▼▽▼鬼滅の刃のアニメを無料で見る▽▼▽

鬼滅の刃アニメ全話を無料視聴する方法竈門炭治郎立志編/無限列車編/遊郭編
【鬼滅の刃】アニメを全話フル動画で無料視聴する方法まとめ「鬼滅の刃」のアニメ・劇場版作品を全話フル動画で無料視聴する方法をご紹介します。 大人気作品「鬼滅の刃」は、2019年4月にアニメ...

『鬼滅の刃』藤の花とは?

鬼が嫌う花

藤の花は、鬼が忌避して嫌う花です。

鬼滅の刃の世界の鬼は、藤の花を超えて進むことができず、お香を焚けば家の中の侵入を防ぎ、山の中腹に咲き誇れば中腹より上に鬼を閉じ込めることもできます。

藤の花が鬼に対して効果がある理由は作中では具体的な説明はされませんでしたが、藤の花はマメ科の植物であり「
鬼は外、福は内」と豆まきの厄除の風習があること、「魔滅」という当て文字がされることがあることから、「藤の花=鬼を厄ける」という設定が取られたのではないかと思われます。

妹の花子という可愛らしい名前と比較して、禰豆子という名前は珍しいですが、「禰󠄀」は「戦いに行く時に持って行く神の依代」という意味で、ありこれを考えると禰豆子の名前は「鬼を追い払う依代の子」という意味になります。

このように、作中において豆と鬼の関係性が採用されているので、藤の花についても上記の解釈によって鬼が嫌う花という意味合いがもたらされていると考えられます。

鬼に効果のある毒の原料

また、藤の花は鬼にも効果のある毒の原料としても描かれました。

胡蝶しのぶが用いる毒や、雛鶴が放ったクナイに塗られた毒は藤の花から抽出したものになります。

本来鬼に効果があるのは陽の光を取り込んだ日輪刀のみですが、藤の花は「好日性植物で日光を好む」という性質があるので、日輪刀と同じように陽の光を取り込んでいると解釈することができ、そのために鬼に対しても効果があると理解できます。

藤の花言葉

藤の花の花言葉は「優しさ・歓迎・決して離れない」というものがあります。

藤の花といえばアニメでも描かれた美しい藤襲山が印象的ですが、ここは候補生が鬼殺隊に入隊するために最終選別を受ける場所であるため「歓迎」という意味合いに合致します。

藤の花の家紋の家では鬼殺隊に対して無償で協力してくれる家の人々が描かれましたが、鼓屋敷の後で滞在して家のお婆ちゃん「ひさ」を中心に無償の「優しさ」が滲み出ており、これも藤の花の花言葉と合致します。

最後に、炭治郎が鬼から人間に戻る時、藤の花で区切られた向こう側の世界から生きている人々が炭治郎の手を握り引き上げてくれた描写があり、これも「決して離れない」という花言葉と一致した行動になっています。

『鬼滅の刃』最終選別が行われる藤襲山と藤の花

藤の花で鬼を閉じ込める

藤襲山は鬼殺隊に入隊するための最終選別が行われる場所です。

本来、藤の花は春だけに咲く花ですが、藤襲山では山の麓から中腹において藤の花が一年中狂い咲いており、山の中腹から上にかけて捕らえた鬼を閉じ込めておくことができました。

『鬼滅の刃』藤の花の家紋の家

かつて鬼殺隊に命を救われた家

藤の花の家紋の家は、かつて鬼殺隊に命を救われた人々が恩返しのために無償で手助けをしてくれる家になります。

こちらも上述の通り、藤の花の花言葉の「優しさ」と合致しており、鼓屋敷の後の家でも、遊郭に向かうための準備で立ち寄った家でも、横柄な態度を取る伊之助や宇髄天元に対してニコニコと大歓迎して手助けしてくれました。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
関連記事
error: Content is protected !!