鬼滅の刃

【鬼滅の刃】悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)とは?疑心を乗り越えた鬼殺隊最強の岩柱

「鬼滅の刃」悲鳴嶼行冥は鬼殺隊最強の岩柱です。

強すぎる悲鳴嶼さんの能力・呼吸・強さ、寺子屋での出来事の真実、疑り深い性格となった理由など、鬼滅の刃の悲鳴嶼行冥を詳しくご紹介します。

▼▽▼鬼滅の刃のアニメを無料で見る▽▼▽

鬼滅の刃アニメ全話を無料視聴する方法竈門炭治郎立志編/無限列車編/遊郭編
【鬼滅の刃】アニメを全話フル動画で無料視聴する方法まとめ「鬼滅の刃」のアニメ・劇場版作品を全話フル動画で無料視聴する方法をご紹介します。 大人気作品「鬼滅の刃」は、2019年4月にアニメ...

『鬼滅の刃』悲鳴嶼行冥のプロフィール

名前悲鳴嶼行冥
立場岩柱
呼吸岩の呼吸
誕生日8月23日
年齢27歳
身長220cm
体重130kg
出身地東京府青梅日の出山
趣味尺八(お坊さん仲間に教わった)
好きなもの炊き込みご飯
特徴・鬼殺隊最強
・赤ん坊の時の高熱で両目を失明
・寺育ち
・孤児を集め寺で育てていた
・反復動作は念仏
・不死川玄弥を継子とする
・涙脆い
・鎹鴉の名前は「絶佳(ぜっか)」、雄
CV(声優さん)杉田智和

『鬼滅の刃』悲鳴嶼行冥とは?

悲運に争い鬼殺隊最強となった岩柱

悲鳴嶼行冥は、鬼殺隊最強の実力を持つ岩柱です。

悲鳴嶼家は父が流行病、母は弟の出産時に、兄と二人の弟は飢えや病気で命を落としており、悲鳴嶼行冥は身寄りがおらず寺で育ちました。大人になってからは自分と同じように身寄りのない子供達を寺に迎え入れて育てていましたが、後に善逸の兄弟子となる獪岳が外で鬼と遭遇してしまい、自分が助かるために寺にいる悲鳴嶼や子供達を売り、夜眠る時に必ず焚いていた「藤の花の香炉」を消してしまいました。

鬼が寺に侵入してくると悲鳴嶼は子供達を守るために動かないように伝えますが、七人は言うことを聞かずに動き出して命を落としてしまいます。激昂した悲鳴嶼は朝日が昇るまで鬼を撃破し続けますが、唯一悲鳴嶼の背後にいて助かった少女・沙代が「あの人は化け物、みんなあの人がみんな殺した」と話してしまい、悲鳴嶼はあらぬ嫌疑で投獄されることとなりました。

悲鳴嶼は自分の体が細く頼りないがために子供達は自分を見捨てて側を離れ、沙代はまだ四つで自分のことで手一杯なため嘘をついてしまったと考え、子供は残酷ですぐに嘘をつく信用の置けない矮小な存在だと思うようになってしまいます。そして以前の悲鳴嶼とは異なり、何事においても疑り深い性格となってしまいました。

実際は、子供達は悲鳴嶼のことが大好きで見捨てる訳がなく、外に助けを呼びに行こうとしたり、武器を取りに行こうと動いており、沙代の言及した「あの人」も鬼のことでしたが、悲鳴嶼がそのことを知る機会は訪れませんでした。

牢獄に囚われる中、悲鳴嶼の元に十四歳の産屋敷耀哉が現れて解放、悲鳴嶼は輝哉から「君が人を守るために戦ったのだと私は知っているよ」とその時かけて欲しくてたまらなかった言葉をもらい、耀哉に忠誠を誓って鬼殺隊に入隊、その後は鋼の精神力で自らを鍛え上げ、鬼殺隊最強の岩柱へと成長していきます。

▼▽▼鬼滅の刃の漫画を無料で読む▽▼▽

鬼滅の刃本編23巻/外伝/スピンオフ全巻無料で読む方法を調査10巻分無料・半額以上お得?
【鬼滅の刃】漫画を全巻無料で読む方法を調査!全23巻・外伝・スピンオフ小説をお得に読む方法を徹底解説『鬼滅の刃』の漫画を全巻無料で読む方法を調査しましたのでご紹介します。 結論からお伝えすると、人気漫画「鬼滅の刃」は電子書籍配信サ...

『鬼滅の刃』悲鳴嶼行冥の人物像・性格

疑り深い

悲鳴嶼行冥は、寺子屋の子供達の一件で、特に子供に対して非常に疑り深い性格となっています。

炭治郎に対しても、他の柱が柱合会議後は炭治郎と禰豆子の存在を受け入れていたのに対し、悲鳴嶼行冥は柱稽古で炭治郎が修行を乗り越えるまで一切信用しておらず認めていませんでした。

しかし、元来が優しく面倒見の良い性格であるため、一度認めた相手のことは気に掛ける性質を持っており、炭治郎が嘘をつけない素直さを示した後は自分も今後は力になると積極的な協力を約束、幼い時透無一郎や、かつて共に過ごした胡蝶姉妹の妹・しのぶのことも常に気にかけています。

不死川玄弥が継子にして欲しいと頼んできた時も最初は鬼喰いをして暴走した玄弥に鬼殺隊を辞めるように突き放しましたが、玄弥が決して諦めない姿勢を示すと認め、最終的には自分の継子として鍛えています。

元来は誰よりも優しい性格

悲鳴嶼行冥の仲間想いの優しさは元来の性格です。

少年時代から大人びていて穏やかな性格をしていた悲鳴嶼行冥は、盲目ではありましたが感覚が鋭く、困っている人がいれば必ず助けてあげました。あまりに不自由なく生活できるため本当は目が見えるのではないかと疑われることもあったようですが、悲鳴嶼行冥は特に気にすることなく、周囲を助け頼られる青年へ成長していきます。

人の良い悲鳴嶼行冥が誰よりも疑心暗鬼になるほど、寺子屋での一連の騒動は大きなショックを与えたものでしたが、最終決戦で鬼舞辻無惨を撃破した後は、悲鳴嶼行冥を待っていた子供達の言葉が届き、心の傷が癒え、本来の優しいお人好しの悲鳴嶼行冥へと戻っていきました。

子供好きは魂が巡って現代に誕生してからも変わりがなく、幸せそうな笑顔で幼稚園の先生をしています。

『鬼滅の刃』悲鳴嶼行冥の名言

疑いは晴れた 誰が何と言おうと私は君を認める 竈門炭治郎

不死川 行かねばならぬ 顔を上げろ 無惨を倒すまで終わりではない

行こう…

『鬼滅の刃』悲鳴嶼行冥の呼吸・強さ

岩の呼吸

悲鳴嶼行冥は「岩の呼吸」を使う岩柱です。

岩の呼吸へ一撃の威力に長けており、悲鳴嶼行冥の攻撃は鬼舞辻無惨や十二鬼月・上弦の壱「黒死牟」の頸を撃破できるほどの破壊力を有しています。

岩の呼吸を扱うためには、筋力の向上に加えて「反復動作」による爆発的な力を生み出すことが必要であり、悲鳴嶼の場合は念仏を唱えることを反復動作としていて、そのため「南無南無」言っています。

究極の肉体

鋼の精神で鍛え上げた悲鳴嶼行冥の肉体は、黒死牟曰く「極限まで練り上げられた肉体の完成形」であり、黒死牟でさえ三百年ぶりにみるほどのレベルでした。

日輪刀

日輪刀は「幅広な刀身の手斧」と「鉄球」を鎖でつなげたもので、全て鉄の純度が高く黒死牟の剣が焼け落ちてしまうほどの強度を持っています。

悲鳴嶼行冥は盲目ではありますが、鋭い感覚を駆使しながら、鎖の音の反響で空間と中に存在する物の動きを正確に把握していました。

無限城での黒死牟戦では、霞柱・時透無一郎、風柱・不死川実弥が圧倒された状況を見て、鬼舞辻無惨との戦いのために取っておいた「痣」を両方の腕に出現させています。

この時の悲鳴嶼行冥は27歳であったため、その日の日の出と共に命を終える結果となりました。

赫刀

赫刀については、黒死牟の頸に鉄球の一撃を与えた後に不死川実弥が鉄球を日輪刀で叩いたことで、初めて赫刀化に成功しています。

これにより赫刀化の仕組みが理解できたため、鬼舞辻無惨戦では自らの手斧と鉄球を叩いて赫刀に変えていました。

透き通る世界

「透き通る世界」も上弦の壱黒死牟との戦いで会得しています。

柱の中でも上位の実力である悲鳴嶼行冥や不死川実弥の連撃に対して、黒死牟が異常な反射速度で回避することに違和感を感じて初めて「透き通る世界」に入りました。また、会得直後ですぐに極め、自分の肉体の動きを操って黒死牟の認識を騙してもいます。

『鬼滅の刃』悲鳴嶼行冥の主な活躍

鬼滅の刃「柱合会議編」の悲鳴嶼行冥

柱合会議に参加

悲鳴嶼行冥は半年に一度の柱合会議に参加、鬼を連れるという隊律違反を犯した炭治郎に対して煉獄杏寿郎や宇髄天元が処分を唱える中、悲鳴嶼行冥もこれに賛同、炭治郎に対して見すぼらしい子供であり、生まれてきたこと自体が可哀想だと蔑みます。

お館様・産屋敷耀哉が現れ炭治郎・禰豆子の存在を認めるようお願いした際も悲鳴嶼行冥は反対を示しましたが、鱗滝さんの手紙が読まれ義勇、鱗滝さん、炭治郎の三人が禰豆子が人を襲わないことに命を懸けていると知ると、以降は表立って反対を表明することはしなくなりました。

鬼滅の刃「無限列車編」の悲鳴嶼行冥

煉獄訃報を聞いて涙を流す

継子にして鍛えていた不死川玄弥と共に鎹鴉から煉獄杏寿郎の訃報を聞かされ、悲鳴嶼行冥は涙を流しながら南無阿弥陀仏と念仏を唱えました。

鬼滅の刃「刀鍛冶の里編」の悲鳴嶼行冥

緊急柱合会議に参加

刀鍛冶の里で上弦の鬼を二体撃破、時透無一郎と甘露寺蜜璃が痣を出現させると、産屋敷邸で緊急柱合会議が開かれます。悲鳴嶼行冥もこれに参加、あまねから秘匿されていた痣の情報とリスク、時透無一郎から出現方法を教わりました。

あまねが退出した後、勝手に退出しようとする義勇と実弥が揉めそうになりますが、悲鳴嶼行冥が一喝してこれを治め、太陽を克服した禰豆子の出現により鬼が出てこなくなった現在の状況を活かし、鬼殺隊隊士の底上げを目指す柱稽古を提案します。

鬼滅の刃「柱稽古編」の悲鳴嶼行冥

柱稽古で「筋肉強化」を担当

柱稽古では岩柱・悲鳴嶼行冥は筋肉強化を担当、滝行と丸太担ぎ、巨岩を一町先まで押して運ぶ修行で鬼殺隊隊士の足腰を鍛え、「反復動作」を身につけさせようとしました。

悲鳴嶼行冥は指導が上手ではなく炭治郎達には伝わっていませんでしたが、継子の玄弥が悲鳴嶼の代わりに反復動作について隊士達に共有、悲鳴嶼は玄弥が教えるのを木陰からこっそり見守りながら、炭治郎達が反復動作を身につけ巨岩を押していけるようになるまでを見届けます。

炭治郎に過去を打ち明け特別な子供だと認める

唯一巨岩を一町先まで動かして修行を乗り越えた炭治郎が脱水症状になると、悲鳴嶼行冥がこれを助け、訓練突破に加えて里で炭治郎が妹よりも里の人間の命を優先したことで、炭治郎の存在をようやく認めました。

しかし、里での炭治郎の行動の認識は悲鳴嶼の勘違いであり、炭治郎はハッキリと判断したのは禰豆子でありそれで認めてもらっては困ると返します。

悲鳴嶼行冥は鬼殺隊に入るまでの経験により、子供は純粋無垢で弱く、すぐ嘘をつき残酷なことを平気でする我欲の塊だと認識しており、特に子供に対しては疑い深くなっていましたが、炭治郎は決して嘘をつかず素直でひたむきであり、特別な子供、自分もこれからは炭治郎を支えることを伝えました。

鬼滅の刃「無限城編」の悲鳴嶼行冥

産屋敷耀哉に託され鬼舞辻無惨に先制攻撃

悲鳴嶼行冥は、お館様・産屋敷耀哉に自分を餌にして鬼舞辻無惨を誘き寄せることを唯一打ち明けられていました。

お館様の覚悟を受け止めた悲鳴嶼行冥は、耀哉が自分と妻・二人の娘を犠牲に鬼舞辻無惨に先制攻撃、さらに珠世が動きを拘束すると、鬼舞辻無惨に渾身の一撃を放って頸を撃破します。

しかし、耀哉の仮説通り鬼舞辻無惨は既に鬼の弱点である頸を克服しており、戦いは鬼舞辻無惨をこの場に留めて太陽の陽に晒すことが目標となり、耀哉の采配によって見事に同じタイミングで集結した柱・炭治郎と共に戦闘を開始しました。

上弦の壱「黒死牟」を痣・透き通る世界・赫刀を用いて撃破

無限城に取り込まれた悲鳴嶼行冥は時透無一郎と行動を共にし鬼舞辻無惨の元へ向かいましたが、鳴女の無限城操作によって時透無一郎が押し出され分断されてしまいます。悲鳴嶼行冥は時透を追って合流、負傷した風柱・不死川実弥、致命傷を負っていた霞柱・時透無一郎、不死川玄弥と共に上弦の壱「黒死牟」と対峙しました。

悲鳴嶼行冥は黒死牟から見ても極限まで練り上げられた肉体の完成形を持つ三百年ぶりの強者であり、戦いは拮抗していきますが、再生能力のある鬼を相手に長期戦は不利と判断、短期決戦で勝負をつけるため、鬼舞辻無惨との戦いのために取っておいた「痣」を出現させます。

落命寸前の時透無一郎が決死の覚悟で黒死牟の動きを止めようとしていることを察知、悲鳴嶼行冥は戦線復帰した不死川実弥と連携して突撃、ここで「透き通る世界」に入り黒死牟の認識の裏をついて奇襲に成功、時透の一撃、玄弥の血鬼術に繋げ、黒死牟を一時的に拘束することに成功しました。

黒死牟もついに四百年前の縁壱以来、生命が脅かされる感覚を味わいますが、振り動作なしの斬撃を放ち全員負傷してしまいます。しかし、命を終える寸前に時透が日輪刀を赫刀に変えて黒死牟にダメージ、玄弥も最後の血鬼術でもう一度拘束、黒死牟が動けず技も出せない状態になった所を悲鳴嶼行冥の鉄球が襲い掛かり、実弥がその鉄球を叩いたことで赫刀に変化、ようやく黒死牟の頸を撃破することに成功しました。

なお黒死牟は弱点である頸を克服して別次元の存在へ変貌しますが、自らの醜い姿を見て塵へと帰り、時透、玄弥を失いながらも上弦の壱を撃破します。実弥は玄弥を失ったことで悲しみのどん底に沈みましたが、悲鳴嶼行冥はあえて厳しく実弥に戦いはまだ終わっていない、立てと声をかけ、鬼舞辻無惨を撃破するまでは足を止めてはならないと伝えます。

鬼滅の刃「鬼舞辻無惨・最終決戦編」の悲鳴嶼行冥

鬼舞辻無惨を相手に奮闘、撃破に多大なる貢献

市街地に排出された悲鳴嶼行冥は不死川実弥と共に鬼舞辻無惨の元へ向かい、既に無惨をこの場に留めるために奮闘していた冨岡義勇、甘露寺蜜璃、伊黒小芭内と合流を果たします。

しかし、鬼舞辻無惨の攻撃速度は異常で、悲鳴嶼行冥は「透き通る世界」に入ることもできずに圧倒され、無惨の細胞破壊の毒を受けて徐々に劣勢に立たされてしまいました。ここに珠世の使い猫である茶々丸が現れ、無惨の細胞破壊を止める血清を打ち込んで悲鳴嶼行冥達は回復、同時に善逸、伊之助、カナヲの参戦により少し余裕ができ、悲鳴嶼行冥も「赫刀」「透き通る世界」を発動して無惨と立ち回るための準備を整えます。

悲鳴嶼行冥は「透き通る世界」に入ったことで無惨が脳と心臓を合計十二個持っており、さらに常に移動していることを発見、これを同時に撃破しない限り頸を斬っても倒せないことを理解しました。悲鳴嶼行冥の呼びかけに応じて伊黒小芭内も「透き通る世界」に到達しますが、攻撃を仕掛ける前に無惨が本気の攻撃を展開、あまりに速すぎる攻撃は一瞬でカナヲ以外のその場にいた全員を撃破、悲鳴嶼行冥も左足を失って重傷、気絶してしまいます。

倒れた悲鳴嶼行冥の元には愈史郎が到着して治療してくれますが、片足を失った悲鳴嶼行冥は既に無惨と対峙できる状態ではありませんでした。しかし、炭治郎達が無惨を追い詰めて赤ん坊のような肉の塊を出されると、日陰に逃れようとする無惨を戦線復帰した悲鳴嶼行冥が隠に支えられながら鎖で引っ張って拘束しました。

その鎖も地中に潜って逃れようとする無惨に千切られてしまいましたが、体内に取り込まれた炭治郎が日輪刀を赫刀に変えて無惨にダメージ、ついに無惨は陽の光を浴び塵へと帰り、鬼殺隊は鬼の始祖・鬼舞辻無惨の撃破に成功します。

子供達に導かれて逝く

鬼殺隊は戦いから救援に動きが変わり、悲鳴嶼行冥にも隠は手当を施そうとしますが、悲鳴嶼行冥は貴重な薬は若者達に使ってくれとこれを拒否、最期の時間を迎えます。

朦朧とする悲鳴嶼行冥の前には寺の子供達が現れ、当時の出来事についての認識は悲鳴嶼行冥の勘違いであり、子供達は目が見えない悲鳴嶼を守るために武器を取りにいことしたり、助けを呼ぼうとしたのだと明らかになり、悲鳴嶼を置いて逃げた訳ではなかったのだと知りました。

子供達は全員悲鳴嶼行冥のことが大好きでありだからずっと待っていたのだと伝えると、悲鳴嶼行冥が心に負った深い傷は癒やされ、子供達と共に天へと昇っていきました。

鬼滅の刃「幾星霜煌めく命編」の悲鳴嶼行冥

現代では幼稚園の先生に転生

悲鳴嶼行冥の魂は現代にも生まれ変わっており、体の大きい幼稚園の先生として子供達と楽しそうに過ごしていた姿が見られました。

▼▽▼鬼滅の刃全巻・外伝あらすじネタバレ▽▼▽

鬼滅の刃完結!全23巻&外伝 あらすじネタバレ ストーリー解説
【鬼滅の刃】完結までの全巻あらすじネタバレ、ストーリーを解説『鬼滅の刃』の最終話までの全巻あらすじネタバレをご紹介します。 鬼滅の刃は2020年5月で全23巻で本編が完結、外伝コミックが1巻...
ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!