鬼滅の刃

【鬼滅の刃】伊黒小芭内(いぐろおばない)とは?蜜璃に一目惚れして救われた鬼殺隊の蛇柱

「鬼滅の刃」伊黒小芭内は、鬼殺隊の蛇柱を務めた男です。

恋柱・甘露寺蜜璃に一目惚れした出会い、自分の血筋を嫌悪するほどの過去、口を隠している理由、日輪刀と呼吸・強さなど、鬼滅の刃の伊黒小芭内を詳しくご紹介します。

▼▽▼鬼滅の刃のアニメを無料で見る▽▼▽

鬼滅の刃アニメ全話を無料視聴する方法竈門炭治郎立志編/無限列車編/遊郭編
【鬼滅の刃】アニメを全話フル動画で無料視聴する方法まとめ「鬼滅の刃」のアニメ・劇場版作品を全話フル動画で無料視聴する方法をご紹介します。 大人気作品「鬼滅の刃」は、2019年4月にアニメ...

『鬼滅の刃』伊黒小芭内のプロフィール

名前伊黒小芭内
立場蛇柱
呼吸蛇の呼吸
姉妹姉二人:伊黒逃走後に命を落とす
妹三人:生後間も無く蛇鬼に命を奪われる
誕生日9月15日
年齢21歳
身長162cm
体重53kg
出身地東京府八丈島八丈富士
趣味川柳、俳句、飴細工を作っているところを眺めること(ずっと)
好きなものとろろ昆布
特徴・相棒は蛇の鏑丸
・蜜璃に一目惚れしたとき鏑丸も動揺して伊黒に噛み付いた
・左右で瞳の色が違う
・右目は生まれつき弱視
・口は蛇鬼に引き裂かれた
・うねる正確な太刀筋
・人への猜疑心が強い
・恋柱甘露寺蜜璃に一目惚れ
・文通をしている
・食事をする機会も多い
・蜜璃と出会った初日に甘露寺家の家族構成、猫の名前と特徴、好物、力関係までを把握した(蜜璃が喋りまくった)
・伊黒は柱の中でも少食だが、蜜璃が美味しそうに食べているのを見ると幸せになる
・蜜璃と食事した後は伊黒も少し食欲が出ていつもより多く食べられる
・蜜璃が前田まさお仕様の隊服に恥ずかしがっていたので靴下をプレゼント
・鎹鴉の名前は夕庵(雄)、霞柱の最期を伊黒に伝えた
CV(声優さん)鈴村健一

『鬼滅の刃』伊黒小芭内とは?

特異な出自により背負った業と戦い続けた蛇柱

伊黒小芭内は、特異な出自から業を背負い、鬼殺隊蛇柱にまでなった男です。

伊黒の生家は蛇鬼が棲む蛇屋敷で、自分達の子供を蛇鬼に捧げる代わりに、蛇鬼が撃破した人間の金品をもらい分不相応な豪奢な生活をしていました。伊黒小芭内は三百七十年ぶりに生まれた男子で珍しい目の色をしていたことから、食べられる量が増えるまで成長を待たれ、十二歳頃まで何も知らずに地下牢獄の中で暮らします。

十二歳で初めて蛇鬼と対面した伊黒は、蛇鬼と同じ口の形になるよう引き裂かれ、目の前で伊黒の口から滴った血を飲み干されて味見をされました。今まで気持ちが悪いくらい優しかった一族の目的を知った伊黒は、人間への徹底的な不信が心に刻みつけられ、迷い込んできた蛇の鏑丸だけを唯一信用できる存在として心の支えにします。

簪(かんざし)で牢獄の柵を削って脱出に成功した伊黒は、追ってきた蛇鬼から当時の炎柱・煉獄槇寿郎に救われますが、屋敷で生き残った従姉妹に引き合わされると、自分が逃げたことで一族50名が全滅したと非難されてしまいました。

伊黒小芭内は、蛇鬼に寄生して私腹を肥やしてきた自らの血筋を嫌悪すると同時に、自らもまた親族を犠牲にしてまで生きたいと願う屑なのだと感じて打ちのめされ、自らの血を浄化するため、鬼舞辻無惨を撃破して自分も命を終えることを目指し鬼殺隊に入隊します。

鬼を倒して人に感謝されると、穢らわしいと感じる自分自身が少しでもましな存在に思えて、伊黒はひたすらに鬼を撃破し続け、蛇柱へと成長しました。

恋柱・甘露寺蜜璃に一目惚れした出会い

蛇屋敷の生い立ちから女性を苦手としていた伊黒小芭内は、鬼殺隊入隊後も女性への恐怖や嫌悪感を克服できずにおり、鬼殺隊の女性隊士に対しても入隊の経緯や覚悟の痛々しさから、可哀想だと感じて苦手にしていました。

甘露寺蜜璃がお館様のお屋敷に初めて来て道に迷っていた所に出会うと、伊黒は蜜璃の町娘のようなあまりの普通さに驚き、蜜璃の明るさ、素直さ、優しさに一目惚れ、生まれてから見た何よりも美しいと感じて恋に落ちます。

初対面以降、伊黒小芭内は甘露寺蜜璃と文通や食事など多くの時間を共有していき、甘露寺蜜璃の裏表のない純粋な心に、抱え続けてきた心の枷を解かれ、背負った業から救われていきました。

蜜璃が元気がない時は任務そっちのけで心配し、蜜璃に誰かが近づこうものなら剥き出しの敵意を向け、二人はお互いに想い合いながらも告白できずに時間が過ぎていきます。そして竈門炭治郎が登場、運命の最終決戦へと歯車が回っていくことになりました。

▼▽▼鬼滅の刃の漫画を無料で読む▽▼▽

鬼滅の刃本編23巻/外伝/スピンオフ全巻無料で読む方法を調査10巻分無料・半額以上お得?
【鬼滅の刃】漫画を全巻無料で読む方法を調査!全23巻・外伝・スピンオフ小説をお得に読む方法を徹底解説『鬼滅の刃』の漫画を全巻無料で読む方法を調査しましたのでご紹介します。 結論からお伝えすると、人気漫画「鬼滅の刃」は電子書籍配信サ...

『鬼滅の刃』伊黒小芭内の人物像・性格

繊細で強い猜疑心を持つ

伊黒小芭内は、繊細な心を持った人物であり、同時に人に対して強い猜疑心を有しています。

自らを非難した従姉妹のことを伊黒小芭内はずっと気にかけており、後に従姉妹のその後を調べてもらったことがありました。従姉妹は何食わぬ顔で残された財産で悠々自適な生活を満喫、結婚もして子供を作って幸せに生きており、蛇鬼に子供を生贄として捧げていたことも自らの血筋の汚さも忘れていることに伊黒小芭内は驚愕します。

幼少期の生い立ちと一族との関係から伊黒小芭内は極めて猜疑心が強くなり、簡単には人のことを信じないようになりました。また、繊細であることが猜疑心を強めることに拍車をかけ、人に対しても粘着質っぽくなり、人に何かを質問する時にも責めるような口調でねっとりと執拗に質問するようになります。

『鬼滅の刃』伊黒小芭内の名言

甘露寺に近づくな塵共

勿論だ、君が俺でいいと言ってくれるなら

『鬼滅の刃』伊黒小芭内の呼吸・強さ

蛇の呼吸

伊黒小芭内は水の呼吸から派生した「蛇の呼吸」の使い手です。

独特の正確でうねる太刀筋で狭い隙間でも正確に刃を潜り込ませることができます。最終決戦でも鬼舞辻無惨の攻撃を掻い潜って何度も斬撃を与えており、剣筋の卓越さが光りました。

日輪刀

日輪刀は、刀鍛冶の里の里長、鉄珍様の息子である願鉄の作品です。

波打つような刃は蛇の呼吸との相性が抜群で、うねる太刀筋を実現するのに大きく貢献しています。

痣・赫刀

鬼舞辻無惨との最終決戦では「痣」を腕に出現させています。

また、鎹鴉の夕庵を通じて無限城に散った時透無一郎の最期を教えてもらっており、この時の状況から日輪刀を赫刀に変える方法を推測、万力の握力を込めて赫刀へと変化させました。

透き通る世界

善逸達が参戦して少しだけ余裕が出てきた際には、悲鳴嶼行冥が「透き通る世界」に言及して伊黒が応じます。

伊黒小芭内はすぐに「透き通る世界」に入ることができましたが、直後の鬼舞辻無惨の攻撃によって両目を負傷して失明、以降は鏑丸と連携しながら戦っていきました。

『鬼滅の刃』伊黒小芭内の主な活躍

鬼滅の刃「柱合会議編」の伊黒小芭内

柱合会議に参加

伊黒小芭内は木の上で柱合会議の開始まで待機、鬼への敵愾心が強く、炭治郎と禰豆子の処分はもちろん、隊律違反を犯した冨岡義勇も処罰するべきだとネチネチと問い詰めます。

お館様・産屋敷耀哉が柱合会議に姿を現すと即座に膝をついて整列、しかし産屋敷耀哉が炭治郎と禰豆子の存在を認めてほしいとお願いした時も、鬼は信用しない嫌いだと反対、不死川実弥が禰豆子が人を襲うことを証明しようと動いた際も、止めようとする炭治郎を肺を圧迫する形で拘束しました。

炭治郎が血管を破裂させる前に冨岡義勇が止めに入り、その後産屋敷耀哉にあまり後輩に意地悪をしないようにと注意されています。

鬼滅の刃「無限列車編」の伊黒小芭内

煉獄訃報に驚く

伊黒小芭内は建物の上に立っており、鏑丸と一緒に煉獄杏寿郎の訃報を聞きます。後ろ姿で表情は見せませんでしたが「俺は信じない」と一言だけ溢しました。

鬼滅の刃「遊郭編」の伊黒小芭内

終戦後に遊郭に到着

遊郭での上弦の陸「堕姫・妓夫太郎」との戦いでは勝利し終えた後に援軍として到着、負傷していた音柱・宇髄天元と合流します。

伊黒小芭内は、上弦の陸を撃破したことを超上から目線でネチネチとですが褒め、左手を失った宇髄天元に復帰時期を問い、引退を認めずに柱として活動を続けることを求めました。

鬼殺隊は人手不足と主張する伊黒小芭内に対して、宇髄天元は後進は確実に育っていると説明、伊黒小芭内はこの戦いで炭治郎たちが生還したことに驚きを示します。

鬼滅の刃「刀鍛冶の里編」の伊黒小芭内

緊急柱合会議に参加

刀鍛冶の里で上弦の鬼二体を炭治郎達が撃破すると、甘露寺蜜璃と時透無一郎の回復を待って緊急柱合会議が開かれます。

病状悪化により動けなくなった産屋敷耀哉の代理として産屋敷あまねが登場、痣についての説明と共に甘露寺、時透に痣の出現方法を教えて欲しいと請いますが、甘露寺は炭治郎と同様に破滅的な説明力しか持ちあわせておらず、甘露寺蜜璃が大好きな伊黒小芭内でさえもフォローできず、頭を抱えるしかできませんでした。

鬼滅の刃「柱稽古編」の伊黒小芭内

柱稽古で「太刀筋矯正」を担当

柱稽古では甘露寺蜜璃の次の順番で「太刀筋矯正」を担当します。

甘露寺蜜璃と文通している伊黒小芭内は、炭治郎が甘露寺蜜璃と楽しく稽古をしていたことを知って嫉妬、炭治郎が自分の稽古場に現れると厳しい態度で稽古に臨みます。

伊黒小芭内の稽古は、隊士がくくりつけられた障害物を塗って正確な太刀筋で戦うもので、伊黒小芭内は狭い障害物の中を異様な曲がり方をする太刀筋で攻撃を仕掛けましたが、炭治郎は四日目で伊黒の羽織の裾を切って訓練終了、伊黒小芭内は蜜璃にあまり近付くなと炭治郎に忠告して次の稽古へ送り出しました。

暫くが経過し、鬼舞辻無惨の産屋敷邸襲撃の一報が鎹鴉によってもたらされると、伊黒小芭内も最大速度で産屋敷邸へ向かいますが、屋敷を目前に控えて爆発、鬼舞辻無惨との最終決戦が始まりました。

鬼滅の刃「無限城編」の伊黒小芭内

無限城では甘露寺蜜璃を死守、上弦の肆「鳴女」に足止めされる

無限城に囚われた伊黒小芭内は甘露寺蜜璃と合流、下弦の鬼程度の力を持たされた鬼達から甘露寺蜜璃を守り、蜜璃に近付くなゴミどもとキレて伊黒小芭内をキュンキュンさせます。

二人は上弦の肆に昇格した鳴女と遭遇しましたが、鳴女は殺傷能力がない代わりに無限城を自在に操って二人を近づかせず、伊黒小芭内も鳴女の煩わしさと厄介さに足止めされてしまいました。ここに珠世を失ってブチギレた愈史郎が到着、伊黒小芭内と甘露寺蜜璃が注意を引きつけている間に鳴女に接近、脳に侵入して無限城の操作権限を奪い取ります。

愈史郎は鬼舞辻無惨に誤った認識をさせて柱全員で奇襲を仕掛けることを考えていましたが、無惨と対峙していた炭治郎と義勇が窮地に陥ると甘露寺蜜璃が突撃、伊黒小芭内も蜜璃を守るために同行します。愈史郎と鬼舞辻無惨の鳴女の支配権を巡る争いが始まりますが、伊黒小芭内も蜜璃、義勇、炭治郎と共に無惨を阻害、愈史郎を援護して無限城から隊士と無惨を地上へ排出させることに貢献しました。

鬼滅の刃「鬼舞辻無惨・最終決戦編」の伊黒小芭内

痣、赫刀、透き通る世界と成長するも無惨の一撃で戦線離脱

日の出までの一時間半、鬼舞辻無惨をこの場に押し留める戦いが始まり、伊黒小芭内は蜜璃、義勇と共に柱三人で無惨と対峙、連携攻撃で伊黒小芭内の日輪刀が鬼舞辻無惨の頸にかかりますが、切断した場所から即座に回復、無惨にはダメージが入らず、反撃から伊黒小芭内達を守るために多くの一般隊士が犠牲になります。

さらに攻撃速度が上がる鬼舞辻無惨に伊黒小芭内達は三人とも負傷、この窮地に悲鳴嶼行冥、不死川実弥が合流して柱五人での戦いとなりました。しかし、ここからもう一段無惨の攻撃速度が上がり、伊黒小芭内が助けることもできず甘露寺蜜璃が「吸息」の影響を受けて負傷、伊黒小芭内は即座に蜜璃を抱えて戦線を一度離れ、一般隊士に預けて愈史郎の元へ連れていき治療を受けさせてくれと頼みます。

甘露寺蜜璃はまだ戦えると主張しますが、伊黒小芭内は蜜璃を置いて戦場へ復帰、心の中には幼少の時の記憶と背負ってきた業、そしてもし鬼のいない世界に生まれ変わることができたなら、必ず君に好きだと伝えようと甘露寺蜜璃に抱き続けた好意がありました。

戦場復帰した伊黒小芭内は斬撃と共に切断面を蹴り上げて離し、無惨の即再生を阻んで腕を切るなど活躍していきますが、鬼舞辻無惨の細胞破壊の毒の影響を受け、柱は四人とも限界寸前となります。ここに珠世の血清を持ってきた茶々丸が登場、復活した伊黒小芭内は「痣」の出現と共に時透無一郎の最期をヒントに赫刀を出現させます。

善逸、伊之助、カナヲの参戦によって少し余裕ができた伊黒小芭内は、悲鳴嶼行冥の唱える「透き通る世界」に自身も入ることができさらに成長、しかし鬼舞辻無惨が少し本気を出して攻撃を繰り出すと、栗花落カナヲ以外の全員が重傷を負って気絶、伊黒小芭内も深手を負い戦線離脱となりました。

鬼舞辻無惨撃破に大きく貢献

戦いは戦線復帰した炭治郎が維持していましたが酸欠で限界を迎えており、ここに愈史郎の治癒を受けた伊黒小芭内が復帰します。元々、伊黒小芭内の右目は弱視でしたが、先程の攻撃で両目を失い、相棒の鏑丸に周辺の状況を教えてもらいながらの戦闘となりました。

愈史郎の視覚共有の紙を炭治郎に渡されると、鏑丸と視覚を共有して伊黒小芭内は攻撃にも精細さを取り戻します。炭治郎と鬼舞辻無惨を挟んで逃走を阻止、無惨も体力の限界が近づいてきましたが、ここで衝撃波の一撃を受けてダウン、血鬼術により痙攣と呼吸ができない状態に追い込まれます。

善逸、伊之助が戦線復帰して炭治郎と共に死力を尽くして鬼舞辻無惨を壁に拘束すると、伊黒小芭内も力を振り絞って戦線復帰、顔の正面から縦に口を開けて炭治郎を喰べようとした無惨から、必死で炭治郎を庇いました。ここでついに夜明け、伊黒小芭内は衝撃波で吹き飛ばされますが、肉の塊を表出させた無惨が地面に潜ろうとすると、義勇・実弥と協力して一撃を与えます。

しかし、最後は体内に取り込まれた炭治郎が日輪刀を赫刀に変えて鬼舞辻無惨の動きを封じ、陽の光に当てて鬼の始祖・鬼舞辻無惨の撃破に成功しました。

甘露寺蜜璃と来世を約束して共に逝く

戦いを終えた伊黒小芭内は、互いに絶命寸前の状態で愛しの甘露寺蜜璃を抱き寄せます。

気絶から目覚めた蜜璃に鬼舞辻無惨を倒せたことを報告、安堵した蜜璃は喜びと共に自分があまり役に立てなかったと悔やみますが、伊黒小芭内はそんな風に言わないでくれと抱きしめ、甘露寺蜜璃に抱き続けた想いの丈を告白、蜜璃に心を救われてきたこと、他の隊士の多くも蜜璃に救われてきたと伝えます。

甘露寺蜜璃は伊黒小芭内の言葉を聞いて号泣、蜜璃からも伊黒小芭内への好意を告白され、伊黒小芭内と一緒にご飯を食べる時が一番美味しい、生まれ変わったらお嫁さんにしてくれる?とお願いをされました。伊黒小芭内は「勿論だ、君が俺でいいと言ってくれるなら」と返し、来世では絶対に幸せにすることを約束して共に逝きます。

鬼滅の刃「幾星霜煌めく命編」の伊黒小芭内

メガ盛りの定食屋夫婦に魂が巡る

伊黒小芭内、甘露寺蜜璃は決戦の場で共に命を落としましたが、現世に魂が巡っており、メガ盛りと蛇の置物で有名な定食屋を営むご夫婦となっていました。

この定食屋には炭治郎とカナヲ、󠄀禰󠄀豆子と善逸の子孫が頻繁に通っているらしく、同じ時代に穏やかで幸せな時間を過ごしていきました。

▼▽▼鬼滅の刃全巻・外伝あらすじネタバレ▽▼▽

鬼滅の刃完結!全23巻&外伝 あらすじネタバレ ストーリー解説
【鬼滅の刃】完結までの全巻あらすじネタバレ、ストーリーを解説『鬼滅の刃』の最終話までの全巻あらすじネタバレをご紹介します。 鬼滅の刃は2020年5月で全23巻で本編が完結、外伝コミックが1巻...
ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!