鬼滅の刃

【鬼滅の刃】甘露寺蜜璃(かんろじみつり)とは?鬼殺隊恋柱として活躍したトキメキ少女

鬼滅の刃鬼殺隊恋柱 甘露寺蜜璃 トキメキに生きた少女

「鬼滅の刃」甘露寺蜜璃は、鬼殺隊恋柱として活躍した少女です。

伊黒小芭内との関係性、恋の呼吸と強さ・特異体質「捌倍娘」、甘露寺家の猫と悲鳴嶼さん、鬼殺隊入隊の経緯、名言など鬼滅の刃の甘露寺蜜璃を詳しくご紹介します。

▼▽▼鬼滅の刃のアニメを無料で見る▽▼▽

鬼滅の刃アニメ全話を無料視聴する方法竈門炭治郎立志編/無限列車編/遊郭編
【鬼滅の刃】アニメを全話フル動画で無料視聴する方法まとめ「鬼滅の刃」のアニメ・劇場版作品を全話フル動画で無料視聴する方法をご紹介します。 大人気作品「鬼滅の刃」は、2019年4月にアニメ...

『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃のプロフィール

名前甘露寺蜜璃
立場恋柱
呼吸恋の呼吸
誕生日6月1日
年齢19歳
身長167cm
体重56kg
出身地東京府麻布区飯倉(港区麻布台)
趣味料理、メンコ(負け知らず)
好きなもの桜餅
特徴・桜餅を八ヶ月間1日170個食べたら髪と目の色が桜餅になった
・捌倍娘(はちばいむすめ)
・柔軟性がすごい
・魅力的な人にキュンキュンする
・ハイカラな食べ物が好き(スイートポテト、ホットケーキ、ポークカツレツ、オムレツライス)
・自宅で養蜂して蜂蜜を得ている
・五人姉弟で仲良し
・可愛がり上手で禰󠄀豆子とも仲良し
・鎹鴉の名前は麗(雌)、蜜璃とのお茶会が多く甘党になった
CV(声優さん)花澤香菜

『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃とは?

素敵な殿方と添い遂げるため鬼殺隊に入隊した恋柱

甘露寺蜜璃は、素敵な殿方を探して鬼殺隊に入隊・恋柱へと成長した少女です。

二年前、十七歳の時にお見合い相手から食欲と変な髪色を「結婚できるのは熊か猪か牛くらい」とまで批判されて破談となると、甘露寺蜜璃はお見合いのために自分を必死に隠すようになりました。しかし、自分ではない自分のフリをして生きていくことに疑問を感じると、ありのままで生きられる場所、ありのままの自分を好きになってくれる人を探したいと考え、強い殿方がいる鬼殺隊に入隊します。

煉獄杏寿郎の継子として半年で最終選別を突破した甘露寺蜜璃は、当時の下弦の弐「佩狼」との戦いで恋の呼吸に目覚めると、特異体質「捌倍娘」と柔軟性を活かせるようになり瞬く間に恋柱へと成長、鬼殺隊の柱には甘露寺蜜璃が探し求めていた自分より強い殿方が多くいて、特に蛇柱・伊黒小芭内とは食事や文通など多くの時間を共有していくようになりました。

鬼殺隊は、人に感謝され仲間の隊士達からも褒められるため、甘露寺蜜璃にとって「ありのままで生きられる大切な場所」になっていきます。自分の入隊理由が周囲と比較して不純に感じられ落ち込むこともありましたが、伊黒や胡蝶しのぶの助けで自分らしさを自分でも受け入れ、迷いがなくなり、周囲にも明るく「素敵な殿方と添い遂げるために入隊した」と公言するようになりました。

▼▽▼鬼滅の刃の漫画を無料で読む▽▼▽

鬼滅の刃本編23巻/外伝/スピンオフ全巻無料で読む方法を調査10巻分無料・半額以上お得?
【鬼滅の刃】漫画を全巻無料で読む方法を調査!全23巻・外伝・スピンオフ小説をお得に読む方法を徹底解説『鬼滅の刃』の漫画を全巻無料で読む方法を調査しましたのでご紹介します。 結論からお伝えすると、人気漫画「鬼滅の刃」は電子書籍配信サ...

『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃の人物像・性格

自分の気持ちに素直に生きる

甘露寺蜜璃は、トキメキや恋の衝動に素直に生きる女性です。

ありのままに生きられる場所と添い遂げる殿方を見つけるために鬼殺隊に入隊、自分よりも強い人が良いという理由で柱に出会いたいと考え、自分も恋柱に成長しました。何事においてもキュンキュンしており、最初の柱合会議ではほぼ全員にトキめいています。

また、恋柱になってから自分の入隊理由を不純に思ってトキメキを止めたことがありましたが、恋の呼吸は甘露寺蜜璃のトキメキが強さの原動力であるため、力を発揮できずに怪我を負ってしまうことがありました。伊黒小芭内・胡蝶しのぶに心配され、皆が蜜璃の元気で天真爛漫な姿に励まされていることを教えられると、そこからは迷いも振り切れ、自分の気持ちに素直になって堂々と入隊理由を公言するようになります。

鬼殺隊に入ってからは、自分の特異体質による異常な力が人の役に立ち、認められ誉められ先輩や友達、後輩ができて嬉しい日々を送っていましたが、仲間達も鬼に奪われていくため、天真爛漫な明るい表情の内側には鬼への怒りと悲しみがあり、体が震えて止まらなくなる時もありました。

このため鬼への憎悪は他の柱と同様に深いものがあり、刀鍛冶の里で憎珀天と対峙した際には、仲間を傷付ける憎珀天に真面目な顔で怒っています。

可愛がり上手

甘露寺家は五人姉弟の仲良し家族であり、鬼殺隊入隊後も頻繁に交流を取っています。

弟妹を愛している甘露寺蜜璃は、禰豆子を可愛がるのも上手であり、刀鍛冶の里では禰豆子をくすぐったりするなどして上手に可愛がり、禰󠄀豆子から大いに懐かれることとなりました。

伊黒小芭内と仲良し

伊黒小芭内とは、甘露寺蜜璃が初めて産屋敷邸に呼ばれた際、屋敷の中で道に迷っていたところで出会います。

この時、伊黒小芭内は甘露寺蜜璃に一目惚れしており、出会ってからは食事や文通など交流の機会を多く持つようになりました。甘露寺蜜璃も伊黒小芭内と食事や文通する時が一番楽しいと感じており、告白を考えたこともありましたが、お見合いの時のトラウマがあったこと、伊黒小芭内が自分以外にも親切だと勘違いしていたことから、口にすることはできませんでした。

また、仲良しの胡蝶しのぶに恋愛相談をしたこともありましたが、しのぶも恋愛下手でアドバイスが脳反応や心拍数、血圧などであったため、訳が分からない感じになってしまいます。

互いに想い合っていた二人は鬼舞辻無惨との最終決戦で、命を終える寸前に想いを交わし合うことができ、魂が巡った現世ではメガ盛りの定食屋を開店、鏑丸の置物にも見守られながら、多くの子供にも恵まれ幸福な人生を分かち合うことができました。

破滅的な説明力

理知的な性格ではなく直感とトキメキで生きているため、物事を説明する力には長けていません。

率直に言えば説明力は破滅的であり、緊急柱合会議で痣の出現方法を説明した際には、産屋敷あまねの表情を作中唯一崩し、伊黒小芭内にさえフォローを諦めさせるほどでした。

『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃の名言

生まれ変われたらお嫁さんにしてくれる?

甘露寺蜜璃は竈門兄妹を応援してるよ〜

ぐあああ〜ってきました!グッてしてぐあーって心臓とかがばくんばくんして耳もキーンてしてメキメキメキイッて!!

『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃の呼吸・強さ

恋の呼吸

甘露寺蜜璃は、恋の呼吸を使う恋柱です。

元々は煉獄杏寿郎の継子として炎の呼吸を教えてもらい半年で最終選別も突破しましたが、蜜璃はあまりに特殊で合ったため炎の呼吸が合わず、下弦の弐「佩狼」との戦いの中で炎の呼吸から派生した蜜璃独自の「恋の呼吸」に覚醒しました。

恋の呼吸の技名に猫の名前が多いのは、蜜璃が昔から猫を飼っていて猫が大好きなことが影響しており、隠れ猫好きの悲鳴嶼行冥とは猫仲間で、猫の話題で盛り上がることもあるようです。

蜜璃の筋力と柔軟性、鉄珍様が打った特殊な日輪刀の組み合わせは、攻撃の瞬間的速度を爆発的に向上させており、柱の中でも最も早い斬撃を繰り出すことが可能、憎珀天との戦いでは雷自体を斬る神技を見せていました。

日輪刀

甘露寺蜜璃の日輪刀は、刀鍛冶の長である鉄珍様が製作したものです。

鞭のような形状で刃は極めて薄く柔いため「しなり」があり、筋肉の柔らかさ、関節の可動域の広さ、膂力が合わさることで、技の速度は宇髄天元を上回り柱最速となっています。

特異体質「捌倍娘(はちばいむすめ)」

特異体質「捌倍娘」の持ち主でもあり、筋肉の密度が常人の8倍と凄まじい膂力を有しています。

大食でもあり、鬼殺隊入隊前には相撲取り三人よりも食べた逸話が残されており、蜜璃の食べる量は常識の範囲外で食費が信じられないこととなっているようです。

刀鍛冶の里での上弦の肆「半天狗」との戦いにおいて、憎珀天に気絶させられた際に甘露寺蜜璃は「痣」を出現させています。

痣を出現させた甘露寺蜜璃は、圧倒されていた憎珀天を一人で対応できるようになり、炭治郎達が本体を撃破するまでの時間を稼ぐことに成功しました。

『鬼滅の刃』甘露寺蜜璃の主な活躍

鬼滅の刃「柱合会議編」の甘露寺蜜璃

柱合会議に参加

柱合会議の直前、他の柱の多くが炭治郎、禰豆子の処分を唱える中、甘露寺蜜璃は炭治郎や柱にそれぞれキュンキュンしていました。しかし、炭治郎処分で話が進みそうになるとお館様が炭治郎と禰豆子のことをご存じでないはずがないと鋭く指摘、お館様が現れるまで待った方が良いと発言します。

甘露寺蜜璃自身は炭治郎と禰豆子の処分意向はなく、お館様・産屋敷耀哉が二人の存在を認めてほしいとお願いした時には、他の柱が反対する中で素直に受け入れました。

鬼滅の刃「無限列車編」の甘露寺蜜璃

煉獄訃報を知らされショックを受ける

甘露寺蜜璃はお気に入りの三色団子を食べている時に鎹鴉から煉獄杏寿郎の訃報を知らされます。かつては継子として杏寿郎に指導を受けていた蜜璃は、大きなショックを受け両手で口を塞ぎました。

鬼滅の刃「刀鍛冶の里編」の甘露寺蜜璃

刀鍛冶の里で不死川玄弥、炭治郎、禰豆子と出会う

日輪刀の修復で刀鍛冶の里を訪れていた甘露寺蜜璃は、修復の間は里の温泉や食事を堪能して過ごしていました。

温泉の帰り道に不死川玄弥と遭遇しますが、可愛すぎる甘露寺蜜璃に思春期に突入した玄弥は固まって何も話すことができず、甘露寺蜜璃は無視されたと感じて凹んでしまいます。炭治郎・禰󠄀豆子と出会うとそのことに愚痴を溢しますが、炭治郎から今晩は松茸ご飯らしいと教わると機嫌を直して屋敷へと帰っていきました。

炭治郎、禰豆子と一緒に食事や歌を楽しむなど自由な時間を過ごし、可愛がり上手の甘露寺蜜璃が禰豆子のことを大変可愛がると禰󠄀豆子は蜜璃のことが大好きになります。隠から日輪刀が研ぎ終わるため工房へ出向くように伝えられると、甘露寺蜜璃は自分は竈門兄妹を応援していると笑顔で伝え、炭治郎に接近して里には強くなるための秘密の武器があるらしいと噂を教えました。

十二鬼月・上弦の肆「半天狗」の憎珀天と対峙、自分らしくいられる大切な場所を守るために奮闘

一度は刀鍛冶の里から自分の担当地区へ戻った甘露寺蜜璃でしたが、上弦の鬼による里襲撃が始まると鎹鴉より指令を受けて即座に戻り、里を襲っていた玉壺の魚怪人を次々撃破、里長の鉄珍を襲っていた巨大金魚も恋の呼吸・壱ノ型「初恋のわななき」で勝利します。

半天狗と対峙していた炭治郎達が憎珀天を相手に窮地に立たされると、ここに甘露寺蜜璃が到着、憎珀天の「狂鳴雷殺」で生み出された雷を恋の呼吸・参ノ型「恋猫時雨」で雷自体を斬って対応するなど、特殊な日輪刀から生み出される甘露寺蜜璃にしかできない強さを見せつけました。

逃げ場のない攻撃と音波攻撃によって甘露寺蜜璃は気絶してしまいますが、走馬灯の中で鬼殺隊に入る前の自分の人生を思い起こし、鬼殺隊という場所が自分にとって自分らしくいられる大切な場所であることを改めて認識します。目覚めた甘露寺蜜璃は炭治郎、禰󠄀豆子、玄弥に必死に守られており、三人に感謝、今度こそ自分が全部守ると宣言し、三人を半天狗本体に向かわせて「痣」を出現、単独で憎珀天を相手に時間稼ぎを担いました。

圧倒的な力を有する憎珀天に対して甘露寺蜜璃は見事にその場に留めることに成功、炭治郎達が本体を撃破し、甘露寺蜜璃もギリギリではありましたが無事、刀鍛冶の里の戦いで柱を失わず、二体の上弦の鬼の撃破に成功します。蜜璃は炭治郎達と合流して抱きついた後、蝶屋敷で療養、二日眠り、三日でほぼ全快の異常な回復を見せ、目覚めた後は緊急柱合会議が開かれて産屋敷邸に招集されます。

緊急柱合会議に参加

緊急柱合会議では、産屋敷耀哉が病状悪化で既に表に出られない状態となっており、代理に妻の産屋敷あまねが出席、甘露寺蜜璃、時透無一郎が刀鍛冶の里で「痣」を出現させたことで痣の伝承を共有し、二人に出現方法を教えて欲しいと求められました。

甘露寺蜜璃はあまねの求めに応じて積極的に回答しますが、炭治郎のような破滅的説明をしてしまい、伊黒小芭内でさえフォローできない空気を作り出します。

時透無一郎が冷静に説明するとびっくり、その後は汗が止まらなくなり、仲良しの胡蝶しのぶにハンカチを貸してもらい何とか凌ぎました。

鬼滅の刃「柱稽古編」の甘露寺蜜璃

柱稽古で「地獄の柔軟」を担当

甘露寺蜜璃は柱稽古で「地獄の柔軟」を担当、レオタード姿で新体操をさせるなど他の柱稽古とは異なり優しそうな雰囲気でしたが、柔軟は力技で行われており、ニコニコの甘露寺蜜璃の表情とは異なり受けた隊士は地獄そのものを味わっていました。

炭治郎が屋敷を訪れた際には、家で養蜂をしていて蜂蜜を作っていることも判明、三時には紅茶も淹れてパンケーキに蜂蜜・バターを塗ったおやつも出てきています。

鬼舞辻無惨による産屋敷邸襲撃の連絡が鎹鴉を通じて入ると、甘露寺蜜璃も他の柱と同様に産屋敷邸へと大急ぎで向かいますが、屋敷を目前に迫ったところで爆発、お館様・産屋敷耀哉は失われる結果となりました。耀哉の目論見通り、柱全員が屋敷に集結して鬼舞辻無惨と対峙、しかし鳴女の血鬼術によって無限城に囚われ、戦いの場が移動します。

鬼滅の刃「無限城編」の甘露寺蜜璃

上弦の肆「鳴女」を相手に苦戦、伊黒小芭内と共に行動する

無限城に囚われた甘露寺蜜璃は、蛇柱・伊黒小芭内と合流、無限城の鬼から伊黒に格好良く庇ってもらいキュンキュンします。

上弦の肆に新たに任命された鳴女を発見して対峙しますが、鳴女は攻撃能力は高くないものの無限城を自由に動かす能力で甘露寺蜜璃、伊黒小芭内どちらも接近することができず、壁に激突されて落下させたりするなど、この場に足止めされてしまいました。

鬼舞辻無惨が繭から復活して珠世が命を落とすと、ブチギレた愈史郎が甘露寺蜜璃達の元に合流、鳴女の注意を引きつけている間に愈史郎が鳴女に接近して脳内に侵入、鬼舞辻無惨の支配を外して視覚と能力も乗っ取りました。愈史郎は鬼舞辻無惨に実際とは異なる情報を与え、柱全員での奇襲を考えていましたが、無惨と対峙していた炭治郎、義勇がピンチになると甘露寺蜜璃が突撃、伊黒小芭内も追随して二人を救出しました。

愈史郎の存在に気付いた鬼舞辻無惨との間で無限城の操作を巡る争いになりますが、甘露寺蜜璃達が無惨を集中させず、愈史郎が引っ張り合いに勝利して無限城内の人間と無惨を地上へ排出、戦いは残り一時間半となった日の出まで無惨をこの場に留めさせ続ける最終決戦へと移ります。

鬼滅の刃「鬼舞辻無惨・最終決戦編」の甘露寺蜜璃

鬼舞辻無惨の「吸息」で負傷、一時戦線離脱

鬼舞辻無惨の攻撃には細胞破壊の毒があり、多量の毒を受けていた炭治郎が戦線離脱、甘露寺蜜璃、伊黒小芭内、義勇の三人で無惨を相手取ることになります。

鬼舞辻無惨の攻撃力・回復能力は異常であり、伊黒小芭内の攻撃が頸に入っても斬れた瞬間から即座に回復、反撃から甘露寺蜜璃達を守るために一般隊士が肉の壁となって多数が犠牲となりました。柱三人がかりでも息が続かないほどの速度の攻撃を繰り出されて負傷、窮地に立たされた所で悲鳴嶼行冥、不死川実弥が到着して柱五人での戦いとなります。

しかし、鬼舞辻無惨の攻撃速度はさらに上昇、甘露寺蜜璃は全く無惨の攻撃が見えておらず自分が一番に潰れると感じており、避けたはずの攻撃から鬼舞辻無惨の「吸息」によって引き寄せられ、ついに深手となる一撃をもらってしまいました。

甘露寺蜜璃の負傷に際して伊黒小芭内が即座に救出、隊士に預けて愈史郎の元へ連れていき治療を受けさせるように頼みます。甘露寺蜜璃はもう誰も失わせたくない、自分も戦うと主張しますが、その体は最早戦いに動かすことができず、伸ばした手の先には戦場へ戻る伊黒小芭内の背中があるだけでした。

鬼舞辻無惨の撃破に貢献

鬼舞辻無惨により柱、善逸、伊之助、カナヲもそれぞれ戦線離脱を余儀なくされる中、復活した炭治郎、伊之助、善逸の連携によって鬼舞辻無惨を壁に拘束することに成功します。

日の出が間も無くと迫る中、炭治郎達も誰も次の技を出せないほどに限界を迎えていましたが、反撃を仕掛けようとする無惨の左腕を戦線復帰した甘露寺蜜璃が抱きとめ、引っ張って千切ることに成功します。反対側は不死川実弥が撃破、正面の攻撃からは伊黒小芭内が炭治郎を守り、最後は炭治郎と冨岡義勇による赫刀でのダメージを与え、無惨を陽の光に当てることに成功しました。

夜明けを迎えてなお逃走しようとする鬼舞辻無惨に対して、鬼殺隊は総力を以ってその場に留めさせ、ついに鬼の始祖・鬼舞辻無惨の撃破を成し遂げます。

伊黒と想いを確かめ合って逝く

気絶から目覚めた甘露寺蜜璃は、互いに落命寸前の中で伊黒小芭内に抱きしめられていました。

あまり役に立てなかったと話す甘露寺蜜璃に対して、伊黒小芭内は甘露寺蜜璃の存在にずっと心を救われていたことを告白、それは鬼殺隊の他の隊士も同じで、甘露寺蜜璃は多くの隊士の心を救ってきたんだと伝えます。

甘露寺蜜璃は嬉しさの余りに泣き出し、伊黒小芭内に抱え続けてきた好意を告白、生まれ変わったらお嫁さんにして欲しいとお願いし、伊黒小芭内に固く抱きしめられながら絶対に君を幸せにすると約束され、求め続けてきた愛の中で逝きました。

鬼滅の刃「幾星霜煌めく命編」の甘露寺蜜璃

定食屋のご夫婦として登場

甘露寺蜜璃と伊黒小芭内の魂は流転して現代に再登場、メガ盛りが特徴的な定食屋を営む夫婦となっていました。

お店には鏑丸に似た蛇の置物があり、竈門カナタや我妻善照、燈子など鬼殺隊の子孫・生まれ変わりの子ども達が通う場所となっています。

▼▽▼鬼滅の刃全巻・外伝あらすじネタバレ▽▼▽

鬼滅の刃完結!全23巻&外伝 あらすじネタバレ ストーリー解説
【鬼滅の刃】完結までの全巻あらすじネタバレ、ストーリーを解説『鬼滅の刃』の最終話までの全巻あらすじネタバレをご紹介します。 鬼滅の刃は2020年5月で全23巻で本編が完結、外伝コミックが1巻...
ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
関連記事
error: Content is protected !!