鬼滅の刃

【鬼滅の刃】累とは?那田蜘蛛山を拠点としていた十二鬼月・下弦の伍

鬼滅の刃十二鬼月・下弦の伍 累 家族の絆を求めた理由

「鬼滅の刃」は、那田蜘蛛山を拠点としていた十二鬼月・下弦の伍の鬼です。

疑似家族を作った理由、血鬼術、鬼舞辻無惨のお気に入りだった理由、人間時代の過去など、鬼滅の刃の累を詳しくご紹介します。

▼▽▼鬼滅の刃のアニメを無料で見る▽▼▽

鬼滅の刃アニメ全話を無料視聴する方法竈門炭治郎立志編/無限列車編/遊郭編
【鬼滅の刃】アニメを全話フル動画で無料視聴する方法まとめ「鬼滅の刃」のアニメ・劇場版作品を全話フル動画で無料視聴する方法をご紹介します。 大人気作品「鬼滅の刃」は、2019年4月にアニメ...

『鬼滅の刃』累のプロフィール

名前
立場十二鬼月・下弦の伍
血鬼術・刻糸牢
・殺目篭
・刻糸輪転
・溶解の繭
・斑毒痰
身長135cm
体重30kg
趣味あやとり
特徴・家族の絆を求める
・恐怖による疑似家族を構築
・家族とした鬼にはまず最初に自分に似た顔に変えさせる
・父と母には子供を守る役割を求める
・姉と兄には弟妹を守る役割を求める
・鬼になって二十年弱だが能力が高い
・鬼舞辻無惨のお気に入り
CV(声優さん)内山昂輝

『鬼滅の刃』累とは?

那田蜘蛛山を拠点とした十二鬼月・下弦の伍

累は、那田蜘蛛山を拠点にしていた十二鬼月・下弦の伍の鬼です。

人間時代の出来事から「本物の家族の絆」に執着しており、那田蜘蛛山で恐怖の絆で繋がる擬似家族を構築しました。

鬼殺隊隊士が那田蜘蛛山に派遣されてくると、累は家族を那田蜘蛛山の各位置に配置、家族の鬼達に自分を守る役目を求めます。最初に到着した10名を超える隊士達は壊滅、ここに炭治郎達が増援で到着しました。

▼▽▼鬼滅の刃の漫画を無料で読む▽▼▽

鬼滅の刃本編23巻/外伝/スピンオフ全巻無料で読む方法を調査10巻分無料・半額以上お得?
【鬼滅の刃】漫画を全巻無料で読む方法を調査!全23巻・外伝・スピンオフ小説をお得に読む方法を徹底解説『鬼滅の刃』の漫画を全巻無料で読む方法を調査しましたのでご紹介します。 結論からお伝えすると、人気漫画「鬼滅の刃」は電子書籍配信サ...

『鬼滅の刃』累の人物像・性格

家族の絆を求めて疑似家族と恐怖の絆を結ぶ

累は、本物の家族の絆を探し求める少年です。

鬼として成長したことで人間時代の記憶を失っていった累は、自分が何をしたいのか、何をしているのかさえ分からなくなります。心の中には「本物の家族の絆に触れれば記憶が戻る」という考えがあり、それゆえ擬似家族に本物の絆を求めていきました。

人としての理性を失っているため、累は「家族の絆」を紡ぐのではなく強要するようになり、それが恐怖での縛りに繋がっていきます。両親と兄姉にはそれぞれ役割があり、累が求める意味不明な命令や要求に従わない場合には切り刻む、知能を奪う、日光に当てるなど残酷な仕打ちを与えていきました。

父蜘蛛は顔が蜘蛛となり理性も失っているため、過去に累の要求に従うことができなかった可能性が高く、母蜘蛛は元々幼い少女の鬼であったため当初は母役を十分にこなすことができず、累の命令で折檻されてしまいます。

鬼である禰󠄀豆子が人間の炭治郎を守った時には、本物の家族の絆を感じて自分のものにしようと炭治郎から強奪を試みました。

『鬼滅の刃』累の名言

お前いま何て言ったの?

君の妹を僕に頂戴、大人しく渡せば命だけは助けてあげる

『鬼滅の刃』累の血鬼術・強さ

鬼となって二十年弱と非常に若い鬼ですが、鬼舞辻無惨のお気に入りとなるほど能力が高く、入れ替わりの血戦に興味がなかっただけで実力的には下弦の壱、弐程度の力を有していました。

鬼舞辻無惨からは、累であれば鬼殺隊の柱を倒せるとも思われています。

血鬼術「糸」

累の血鬼術は「蜘蛛」と「糸」に関連したものです。

擬似家族の能力は全て累のものであり、血鬼術を蜘蛛の形にして飲み込ませることで能力を分け与えていました。(本来ダメですが、鬼舞辻のお気に入りだったために許されていました)

家族に分散させていた能力を回収すれば完全体となり、父蜘蛛のように進化できた可能性もありましたが、累は末弟として家族に守られることを望んでいたため最後まで能力を回収することはしませんでした。

刻糸牢(こくしろう)

「刻糸牢」は、逃げ場のないクモの巣状の糸を前方向に射出するものです。

突撃してきた相手への逃げ場のないカウンター攻撃であり、炭治郎に走馬灯を見させています。

殺目籠(あやめかご)

「殺目籠」は、逃れることのできない糸の籠で対象を包囲する技です。

ヒノカミ神楽の反動で地面に動けなくなった炭治郎に対して放ち、後一歩のところまで追い詰めました。冨岡義勇の登場により糸が切断された助けられましたが、網目状の糸は逃げる隙が一切なく、炭治郎単独では回避できなかったと思われます。

刻糸輪転(こくしりんてん)

刻糸輪転は、編み込まれた最高硬度の鋼糸を前方に回転させながら射出する血鬼術です。

範囲に入った対象を細切れにする技でしたが、冨岡義勇の凪によって全て斬られて敗北へと繋がりました。

溶解の繭

溶解の繭は姉蜘蛛に渡していた血鬼術です。

繭糸に触れた相手を絡み込んで繭に閉じ込め、中に溶解液を満たして溶かす技となっています。姉蜘蛛の見事な体捌きに村田さんは一瞬で繭となり、服を溶かされ胡蝶しのぶに裸を見られる結果となりました。

斑毒痰

斑毒痰は、兄蜘蛛に渡していた血鬼術です。

前方に物質を溶かす毒の痰を射出する攻撃であり、直線的に突撃してきた相手へのカウンターに有効です。

『鬼滅の刃』累の過去・人間時代

病弱な少年から鬼化、大切な家族の絆を自分で断つ

累は、歩くのも辛いほどに生まれつき病弱な少年であり、累を憐れんだ鬼舞辻無惨によって鬼へと変えられます。

人を捕食した累を見て、母は泣き崩れ、父は累に襲いかかり二人の態度を見た累は本物の家族の絆ではなかったのだろうと二人を撃破してしまいます。しかし、母が命を散らす最期に「丈夫な体に産んであげられなくてごめんね」と口にすると、両親は自分が犯した罪を共に背負って逝こうとしてくれたことを理解し、自分から本物の家族の絆を断ち切ってしまったことに気付きました。

落ち込む累に鬼舞辻無惨は、累を受け入れなかった両親が悪いと助言を送り、悲しさに耐えられない累もそう思い込むようになります。それでも両親が恋しくて累は擬似家族を作りますが、そこには虚しさしかなく、次第に人間時代の記憶も薄れていき、自分が何をしたいのか、何をしているのかが分からなくなっていきました。

『鬼滅の刃』累の主な活躍

鬼滅の刃「那田蜘蛛山編」の累

那田蜘蛛山に侵入してきた炭治郎、伊之助に忠告

炭治郎、伊之助達が那田蜘蛛山に入り村田さんと合流したタイミングで、累が蜘蛛の糸の上に立って登場、三人に自分たち家族の平穏な暮らしを邪魔するなと忠告します。

母蜘蛛に時間がかかりすぎと忠告

帰り際、累は母蜘蛛の元に立ち寄り、時間がかかりすぎじゃないのかと伝えた累は、怯える母蜘蛛に対して、きちんとしないと父蜘蛛に言いつけると脅しました。

姉蜘蛛を指導

家族が自分を守るために戦う様子を見ていた累でしたが、炭治郎達と遭遇してきた姉蜘蛛が戻ってくると、累に似せていた顔を元のものに戻し、逃走した方が良いのではないかと進言してきます。

家族の絆を求める累は、姉蜘蛛が自分の姉を演じることを辞めたことに怒り、顔を元に戻すよう傷つけて指導しました。

炭治郎と対峙、日輪刀を折る

ここに父蜘蛛に飛ばされてきた炭治郎が到着、姉蜘蛛との関わりを問われ、自分達は恐怖という確固たる絆で結ばれた本物の家族だと説明します。

しかし、炭治郎にそれは偽物の絆だと侮蔑を送られると累は激怒、炭治郎との戦闘を開始し、突撃してくる炭治郎に糸を繰り出して日輪刀を折りました。

炭治郎を庇った禰豆子を求める

累が繰り出した糸が炭治郎に迫ると、禰豆子が身を呈して炭治郎を庇います。

累は、鬼の妹が傷付くことを厭わずに人間の兄・炭治郎を守ったことに本物の絆を感じ、炭治郎に禰豆子をくれればお前を見逃すと提案、しかし当然炭治郎はこれを拒絶されました。

強硬手段に出た累は糸の力を用いて炭治郎の手元から禰豆子を奪取、禰豆子には抵抗されますが、木の上に張った糸に吊るして、時間をかけて恐怖の絆を紡いでいくと宣言します。

炭治郎のヒノカミ神楽、禰豆子の爆血に追い込まれる

炭治郎は拾ノ型「生々流転」で累の糸を切断することに成功しますが、累はさらに糸の強度を高めて血鬼術「刻糸牢(こくしろう)」を展開、炭治郎を窮地に追い込みます。

炭治郎は死の間際に走馬灯からヒノカミ神楽を思い出して「円舞」を発動、強度を高めた糸も切断された累は慌て、禰豆子の拘束に使っていた糸で防御を張り直しますが、禰豆子が血鬼術に目覚めて「爆血」を発動、糸は焼き切られ、炭治郎の日輪刀が頸に届いてしまいました。

危険を察知した累は炭治郎に首を切断される前に自ら切断、ヒノカミ神楽を用いて動けなくなった炭治郎に血鬼術「殺目籠(あやめかご)」を用います。

富岡義勇の「凪」に敗北

腕を上げることすらできない炭治郎に累の糸が迫る中、水柱・富岡義勇が到着、糸を一刀で切断されてしまいました。

強者と判断した累は血鬼術「刻糸輪転(こくしりんてん)」を発動しますが、義勇は拾壱ノ型「凪」を発動、累は義勇に反応することすらできず敗北してしまいます。

人間時代の記憶が蘇る

命の散り際、累は炭治郎と禰豆子を見て人間時代の記憶が蘇り、両親との本物の家族の絆、自分がなぜ鬼となり擬似家族を作っていたのかを思い出します。

累は自分は地獄に行くから両親に謝罪を伝えることもできないと悔悟しますが、両親の魂は累と共にあり、累が地獄に行くなら自分達も一緒に行くと伝えて抱きしめました。

累は鬼から人間の少年へと戻り、自分が全て悪かったと両親に謝罪を伝えます。三人は炎に包まれ、そして消えていきました。

▼▽▼鬼滅の刃全巻・外伝あらすじネタバレ▽▼▽

鬼滅の刃完結!全23巻&外伝 あらすじネタバレ ストーリー解説
【鬼滅の刃】完結までの全巻あらすじネタバレ、ストーリーを解説『鬼滅の刃』の最終話までの全巻あらすじネタバレをご紹介します。 鬼滅の刃は2020年5月で全23巻で本編が完結、外伝コミックが1巻...
ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
関連記事
error: Content is protected !!