鬼滅の刃

【鬼滅の刃】不死川実弥(しなずがわさねみ)とは?誰よりも優しい玄弥の兄&鬼殺隊風柱

「鬼滅の刃」不死川実弥は、玄弥の兄であり鬼殺隊の風柱を務めた隊士です。

玄弥が世界一優しいと称する不死川実弥の人物像、最終決戦後の変化、禰豆子との関係、結婚、粂野匡近との関わりなど、鬼滅の刃の不死川実弥を詳しくご紹介します。

▼▽▼鬼滅の刃のアニメを無料で見る▽▼▽

鬼滅の刃アニメ全話を無料視聴する方法竈門炭治郎立志編/無限列車編/遊郭編
【鬼滅の刃】アニメを全話フル動画で無料視聴する方法まとめ「鬼滅の刃」のアニメ・劇場版作品を全話フル動画で無料視聴する方法をご紹介します。 大人気作品「鬼滅の刃」は、2019年4月にアニメ...

『鬼滅の刃』不死川実弥のプロフィール

名前不死川実弥
立場・風柱
・不死川玄弥の実兄
呼吸風の呼吸
誕生日11月29日
年齢21歳
身長179cm
体重75kg
出身地東京府京橋区(中央区京橋)
趣味カブトムシの育成
好きなものおはぎ
特徴・稀少な稀血持ち
・鎹鴉の名前は「爽籟(そうらい)」、雄
CV(声優さん)関智一

『鬼滅の刃』不死川実弥とは?

大切な弟を守るため鬼を滅することを望んだ鬼殺隊風柱

不死川実弥は、唯一残された最愛の弟・玄弥を守るために鬼の滅殺を望んだ鬼殺隊風柱です。

不死川家は七人兄弟で、父が人の恨みを買い命を落とすと、実弥は玄弥とこれからは二人で家族を守ろうと約束します。しかし、母が鬼にされたことで玄弥を除く五人の弟妹が命を落とし、玄弥も母を撃破した実弥を見て動揺、実弥は玄弥と離れ一人で大量の武器で武装し鬼狩りを始めました。

鬼を追う中で鬼殺隊隊士「粂野匡近(くめのまさちか)」と出会い、育手を紹介してもらって鬼殺隊に入隊、最初は馴れ馴れしい粂野に実弥はツンケンとした態度を取っていましたが、数年も経つ内に信頼関係が結ばれ兄弟のような関係となっていきます。しかし、当時の「下弦の壱」との戦いで撃破には成功したものの粂野は命を落とし、不死川実弥は再び兄弟の絆を失って、鬼への憎悪をさらに深めて鬼殺隊風柱となりました。

大切な人を次々に奪う理不尽を前に、実弥は例え自分が側にいることができなくとも、愛する弟の玄弥には笑顔で人生を歩み天寿を全うしてほしいという願いを強くしていき、鬼という理不尽な存在が玄弥に振りかからないよう、鬼の滅殺を求めて鬼殺隊の活動に没頭していきます。

しかし、不死川玄弥も兄を追って最終選別を突破し鬼殺隊に入隊、実弥は玄弥を危険から遠ざけるため、自分が嫌われようとも鬼殺隊を除隊させようと厳しい態度を取る選択をしました。

▼▽▼鬼滅の刃の漫画を無料で読む▽▼▽

鬼滅の刃本編23巻/外伝/スピンオフ全巻無料で読む方法を調査10巻分無料・半額以上お得?
【鬼滅の刃】漫画を全巻無料で読む方法を調査!全23巻・外伝・スピンオフ小説をお得に読む方法を徹底解説『鬼滅の刃』の漫画を全巻無料で読む方法を調査しましたのでご紹介します。 結論からお伝えすると、人気漫画「鬼滅の刃」は電子書籍配信サ...

『鬼滅の刃』不死川実弥の人物像・性格

自分を犠牲にして大切な人を守る

不死川実弥は、自分はどうなってもいいから大切な人を守りたいという考えの人物です。

玄弥が「世界で一番優しい人」と言及していたのは実弥のこの性質であり、幼い頃から共に過ごす兄弟だからこそ理解できていました。

実弥は本気で大切な人のためなら死んでも嫌われても悪者になっても構わないと考えており、玄弥が鬼殺隊に入隊したことにも怒っており、特に柱稽古の時に「鬼喰い」のことを教えられた時には本当に激怒して、多少削ってでも強制的に玄弥を鬼殺隊から除隊させようと迫っています。

また、玄弥には鬼とは関係のない世界で所帯を持って家族を増やし、弟妹や母にできなかった分まで家族を大切にして、幸せな家族のもとで爺さんになるまで穏やかに生きてほしいと願っており、そのために自分が鬼殺隊風柱として鬼を殲滅し、絶対に玄弥の元に鬼を近づけさせないという理想を持っていたのでした。

柱の中では意外にも弟ポジション

柱の中では、不死川実弥は意外にも弟ポジションです。

とにかく無茶をする性格な上にぶっきらぼうで人に相談することもないため、かつては花柱・胡蝶カナエにもとても心配されています。

現役の柱達においても、悲鳴嶼行冥には心配され、宇髄天元には弟扱いをされて頭をくしゃくしゃ撫でられることが多くあります。また、カナエの妹ということで実弥は胡蝶しのぶのことを気にかけて見守っていました。

ゲスメガネ・前田まさおからは胡蝶しのぶが自衛しましたが、不死川実弥も後にゲスメガネを失禁に追い込むほどの恐怖を与えています。

戦いを終えた実弥は穏やかになる

最終決戦で鬼舞辻無惨との戦いを終えた実弥は、最期に玄弥に伝えられた「幸せになってほしい」という想いを胸に顔を上げて生きていきます。

元々はとても優しい人物でもあるので、性格もかなり穏やかになり、蝶屋敷では玄弥の姿を重ねた禰豆子を優しく撫でてドキドキさせていました。

痣が出現したため25歳までの命でしたが、実弥は誰かと結婚して子孫が残り、現代では子孫が玄弥の生まれ代わりと兄弟のような関係で警察として働いていました。

『鬼滅の刃』不死川実弥の名言

頼む神様、どうかどうか、弟を連れて行かないでくれお願いだ

猫に木天蓼、鬼には稀血

『鬼滅の刃』不死川実弥の呼吸・強さ

風の呼吸

不死川実弥は「風の呼吸」を使う風柱です。

風の呼吸は、苛烈な連続攻撃と素軽い身のこなしが特徴的な呼吸であり、優れた運動能力と激しい気性を持つ実弥にピッタリの呼吸でした。

また、上弦の壱「黒死牟」からは悲鳴嶼行冥と共に柱の中でも実力上位と認められており、呼吸で血を凝固させて出血を止めたり、筋肉を引き絞って臓物が飛び出るのを防ぐなど、人間にできて良い芸当ではないと褒められています。

稀血(稀血の中でも希少)

稀血の中でもさらに希少な稀血の持ち主でもあり、不死川実弥の血には「鬼を酩酊させる効果」があります。

特に相手となる鬼が強い程に効果が強く出現する性質があり、粂野と共に対峙した「下弦の壱」や「黒死牟」にも効果がありました。

鬼となった母に勝利することができたのも、実弥が負傷した時に出た出血によって母が酩酊状態となったためで、そうでなければ人間の力を凌駕する鬼に対して、いくら不死川実弥でもあの時点で勝利することは難しいと思われます。

無限城での黒死牟戦では、悲鳴嶼行冥の登場によって傷の負傷を手当てすることができ、復活する際に右頬に風車に似た「痣」を出現させました。

それまでは黒死牟にかすり傷も与えることができませんでしたが、反射速度、攻撃の速度・精度が向上し、更に同じく痣を出現させた悲鳴嶼行冥と連携した結果、黒死牟に斬撃が通るようになります。

赫刀

実弥は黒死牟戦で悲鳴嶼行冥の鉄球に日輪刀をぶつけて赫刀に変化させることに成功、最終決戦での鬼舞辻無惨との戦いでも水柱・冨岡義勇と日輪刀をぶつけ合って赫刀に変化させました。

日輪刀

不死川実弥の日輪刀は刀身全体・鍔に鋭く刺々しい紋様があります。

『鬼滅の刃』不死川実弥の主な活躍

鬼滅の刃「柱合会議編」の不死川実弥

柱合会議に参加

不死川実弥は柱合会議に参加、胡蝶しのぶの命で禰豆子の箱を保全していた隠から禰豆子を取り上げ、鬼が鬼殺隊として人を守ることなどあり得ないと、炭治郎の前で日輪刀で箱を串刺しにし、禰豆子の肩を負傷させます。

怒った炭治郎が突撃してきますが直前で冨岡義勇が声をかけて注意が逸れ、不死川実弥の一撃は避けられ炭治郎に飛び頭突きをもらって仰向け、余りの激痛に膝をついて蹲ってしまいました。

禰豆子が人を襲わないことを証明

お館様・産屋敷耀哉が柱合会議に姿を表すと、知性もない様子から態度を一変させ厳粛に挨拶を口上します。

炭治郎、禰豆子の存在についての説明を求めると、産屋敷耀哉は二人が鬼舞辻無惨にとって例外的な存在であると説明、さらに鱗滝さんの手紙が読まれ、義勇、鱗滝、炭治郎の三人が禰豆子が人を襲わないことに命を懸けていることを知らされました。

しかし、鬼の存在を許せない不死川実弥は禰豆子が人を襲うことを証明すると主張、禰豆子を負傷させた上で稀血の自分の血液を滴らせます。禰豆子は葛藤しますが、炭治郎に名前を呼ばれたことで「人は守るもの、絶対に傷付けない」と決意を固め、必死に不死川実弥からプイッと顔を逸らしてみせました。

これにより禰豆子が人を襲わないことが証明され、不死川実弥も産屋敷耀哉の決定に従うこととなります。

鬼滅の刃「無限列車編」の不死川実弥

煉獄さん訃報の連絡を受ける

煉獄杏寿郎の訃報の連絡を受けたとき、不死川実弥は鍛錬中で、より一層険しい顔をして「醜い鬼どもは俺が一掃する」と鬼への怒りを深めました。

鬼滅の刃「刀鍛冶の里編」の不死川実弥

緊急柱合会議に参加

刀鍛冶の里で上弦の鬼を二体撃破、時透無一郎・甘露寺蜜璃が「痣」を出現させると産屋敷あまねにより緊急柱合会議が開催、不死川実弥はあまね登場前の柱だけの時間の中で、自分も上弦と遭遇したい時透や甘露寺が羨ましいと話します。

産屋敷あまねが「痣」について情報共有し、時透無一郎から痣の出現方法が共有された後、柱だけで話し合いの場が持たれることとなりますが、「俺には関係がない、俺はお前達とは違う」と話す冨岡義勇に自分達のことを見下しているのかと怒りました。

争いムードになるも悲鳴嶼行冥が一喝、柱稽古について提案されることになります。

鬼滅の刃「柱稽古編」の不死川実弥

柱稽古で無限打ち込み稽古を実施

柱稽古では、不死川実弥は「無限打ち込み稽古」を実施、これまでの柱稽古で会得した技術を実践で自分の物にする場を提供します。

しかし、不死川実弥の稽古は尋常ではない激しさであり、休憩なしで失神するまでが一区切り、善逸は塀を這ってヤモリのように気配を消して逃走を試み、遅れて参加した炭治郎も一日目でボコボコにされてしまいました。

弟・玄弥が鬼喰いをしていることを知り激怒

休憩時間中、不死川実弥の屋敷に弟の玄弥が訪ねてきて話をしようとしてきます。不死川実弥は一刻でも早く玄弥を危険から遠ざけるため鬼殺隊から辞めてほしく、自分に弟はいない、呼吸も使えない程に才覚もないのだから鬼殺隊をすぐにやめろとあえて冷たく接します。

玄弥がずっと謝りたかったと伝えても心底どうでもいいと返しますが、玄弥が鬼喰いをしてきたことを打ち明けると実弥は激怒、玄弥に攻撃を仕掛け、これから玄弥を再起不能にする、ただし今すぐ鬼殺隊を辞めるのなら許すと力ずくで玄弥を鬼殺隊から除隊させようとしました。

玄弥の意志を無視する実弥の判断に炭治郎が反発、不死川実弥と炭治郎の戦いは柱稽古に参加していた隊士も巻き込む大乱闘となり、正式に本部からお叱りを受けて不死川実弥と炭治郎には接触禁止令が発令されます。

冨岡義勇と鍛錬、帰り道に鳴女の監視目を撃破

柱稽古では、手の空いた柱同士が互いの技・型を知って連携をスムーズにするため手合わせをしており、不死川実弥は水柱・冨岡義勇との稽古に向かいます。

拮抗した戦いは互いの木刀が折れる結果となり、それでも戦いを辞めず素手で続行しようとした所で岩柱・悲鳴嶼行冥の修行をクリアし唯一水柱の柱稽古にまで到達した炭治郎が登場、不死川実弥の大好物であるおはぎを巡って取り合いをしているという謎の勘違いをされ、恥ずかしさから実弥は炭治郎を気絶させてその場を去ることにしました。

冨岡義勇との稽古からの帰り道、不死川実弥は上弦の肆となっていた鳴女の血鬼術による目を発見します。時を多く待たず鬼舞辻無惨がお館様・産屋敷耀哉のいる産屋敷邸を襲撃、不死川実弥はもちろん柱は全員伝令を受けて屋敷へ向かいますが、到着を目前に迫った所で屋敷は爆発炎上、産屋敷耀哉は失われ、鬼舞辻無惨まであと一歩に迫った所で無限城に取り込まれてしまいます。

鬼滅の刃「無限城編」の不死川実弥

無限城で上弦の壱「黒死牟」を玄弥、時透、悲鳴嶼と共に撃破

無限城に取り込まれた不死川実弥は、お館様を失ったことに涙を流し、怒りを鬼にぶつけて最後の戦いへと臨みます。十二鬼月・上弦の壱「黒死牟」の元に辿り着いた不死川実弥は、玄弥の窮地を助け、これまでの自分の態度の裏にあった本当の想いを玄弥に打ち明けました。

時透、玄弥が戦線離脱する中、不死川実弥は単独で黒死牟と対峙、圧倒的な戦闘能力を有する黒死牟に長年遠ざかっていた高揚を感じさせるまでに不死川実弥は奮闘していきますが、黒死牟の攻撃は実弥に届き重傷を負ってしまいます。しかし、ここから不死川実弥が本領を発揮、実弥は稀血の中でもさらに希少な血の持ち主であり、実弥の血の匂いにより強い鬼ほど強く酩酊、黒死牟でさえもフラつかせました。

勝機を見た不死川実弥でしたが、これでも黒死牟に刃は届かず窮地に追い込まれ、ここで悲鳴嶼行冥が到着します。鬼殺隊最強・悲鳴嶼行冥が黒死牟を相手取る間に実弥は自分の傷を応急処置、すぐに戦線復帰して悲鳴嶼と柱稽古で培った連携攻撃で戦いますが、黒死牟の攻撃に右手の指を負傷、さらに攻撃範囲が広がる黒死牟を相手に防戦一方となり、今度は窮地を戦線復帰した時透に救われることとなりました。

時透無一郎は出血により命を終えることが確定的であり、せめて何か役に立つと必死の突撃で黒死牟の動きを止めようとします。不死川実弥は悲鳴嶼行冥に合図をされ時透の意図に合わせて突撃、時透が黒死牟に一撃を入れ、ここに玄弥が目覚めた血鬼術によって拘束、実弥と悲鳴嶼が黒死牟の頸を狙いますが、黒死牟の振り動作なしの斬撃によって時透、玄弥は致命傷を受けてしまいました。

それでも悲鳴嶼と実弥は突撃を止めず、この覚悟を受けて落命寸前の時透無一郎が日輪刀を赫刀に変化、さらに黒死牟の体内に残っていた肉弾で玄弥が血鬼術を発動して再拘束、ここに悲鳴嶼の鉄球が頸を捉え、実弥が鉄球を叩いて後押ししたことで互いの日輪刀が赫刀化、黒死牟の撃破に成功します。

黒死牟は鬼の弱点である頸を克服して別次元の存在に生まれ変わりましたが、自らの姿を見て驚愕、そのまま塵へと帰っていきます。

最愛の弟・玄弥の想いを知って最期を見届ける

実弥は意識を失ってなお攻撃を続けていましたが、悲鳴嶼にまだ玄弥が生きていると教えられ即座に玄弥の元に駆け寄ります。

鬼のように塵へ帰っていく玄弥を前に実弥は泣き叫び、玄弥が昔伝えた言葉を謝罪しても実弥は迷惑なんか一つもなく、玄弥のことをずっと大切に思ってきたことを世界に吠えるように伝えました。

玄弥からは兄弟だから自分も実弥を守りたかった、実弥は世界一優しい男で多くの苦労を背負ってきた人だから幸せになって欲しいと伝えられ、最愛の弟が塵となるのを途方もない悲しみの中で見守りました。

玄弥が悲しみに沈む中、悲鳴嶼行冥はまだ戦いは終わりではないと不死川実弥を撃破、悲劇の根源である鬼の始祖・鬼舞辻無惨を撃破しに向かいます。

鬼滅の刃「鬼舞辻無惨・最終決戦編」の不死川実弥

鬼の始祖・鬼舞辻無惨の撃破に貢献

愈史郎によって戦いの舞台が無限城から地上へ移されると、義勇、伊黒、甘露寺が窮地に立たされていた場面に不死川実弥と悲鳴嶼行冥が到着、最後の戦いに参戦します。

柱五人がかりでも圧倒的戦闘能力と細胞破壊の猛毒を駆使する鬼舞辻無惨には劣勢に立たされますが、茶々丸によって無惨の細胞破壊を止める血清を打たれると多少復活、ここに善逸、伊之助、カナヲが愈史郎の「目眩しの術」で姿を消して参戦したことで余裕ができ、冨岡義勇と日輪刀を打ち付け合い赫刀へと変化させました。

実弥も「目眩しの術」を使って善逸達と連携して攻撃、他の柱達も次々自分を強化して趨勢を押し込み始めますが、無惨の速すぎる攻撃によって一瞬でカナヲ以外のその場にいた全員が撃破され、不死川実弥も深手を負って気絶してしまいます。

戦線復帰した炭治郎が時間を稼ぐ中、実弥は愈史郎の治療を受けて重傷ながらも再び戦列に戻り、炭治郎が鬼舞辻無惨を壁に拘束すると左手を甘露寺蜜璃が撃破、右手を不死川実弥が撃破して反撃を防ぎます。最後の衝撃波によって実弥は吹き飛ばされますが、陽の光から鬼舞辻無惨を逃さないためすぐに戻り、肉の塊を表出させた鬼舞辻無惨の右腕を撃破、隊士達を守りました。

最後は地中に潜って逃げようとした無惨でしたが、実弥が義勇、伊黒と共に連携攻撃、炭治郎が無惨の体内から日輪刀を赫刀に変えてダメージ、ようやく動きを制限し、陽の光を浴びせて塵へと戻し、鬼の始祖・鬼舞辻無惨を撃破しました。

悲鳴嶼行冥、伊黒小芭内、甘露寺蜜璃はここで命を終えましたが、実弥は暗闇の中で鬼から人へ戻った母親と再会、幸福そうな玄弥達の元へ自分はいけないと涙する母親に、それなら自分が背負って一緒に地獄を歩くよと笑顔を向けます。しかし、ここで大嫌いだった父親が登場、自分の頑丈な体を受け継いだことに感謝しろと言われると、次の瞬間には最終決戦の場に意識が戻り、不死川実弥は生還を果たします。

最後の柱合会議に参加

不死川実弥は再度意識不明の重体となりますが復活、冨岡義勇と共に最後の柱合会議に参加します。

産屋敷輝利哉によって鬼殺隊の解散とこれまでの感謝を伝えられると、実弥は義勇と共に産屋敷家あっての鬼殺隊だと感謝を返し、鬼殺隊の父から少年に戻った輝利哉の涙を見届けました。

蝶屋敷に立ち寄る

最終決戦から三ヶ月が経過した頃、不死川実弥は炭治郎達が療養している蝶屋敷へと顔を出し、視力をほぼ失ったカナヲに蛇柱・伊黒小芭内の相棒鏑丸を渡します。

帰り道に廊下で禰豆子と偶然出会いますが、かつて柱合会議で禰󠄀豆子に酷いことをした実弥は居づらそうでしたが、禰豆子は全く気にしておらずに挨拶、禰豆子が寝ることが好きと話す姿が玄弥に重なり、禰󠄀豆子を撫でて蝶屋敷を後にしました。

禰豆子をドキドキさせて善逸に敵対視されますが、実弥はそんなことは全く知らず、玄弥に伝えられた幸せになってほしいという言葉を胸に鬼のいなくなった世界を歩み始めます。

鬼滅の刃「幾星霜煌めく命編」の不死川実弥

玄弥の生まれ変わりと子孫が一緒に仕事

不死川実弥は子孫を残し、現代にも不死川実弘として受け継がれていました。

実弘の仕事は警察官であり、玄弥そっくりの後輩と互いに守りながら顔に傷を負って以来兄弟のように仲良くなります。

七件の通報がきていた危険登校を追った所で炭治郎、カナヲの子孫である竈門炭彦を発見、炭彦の母親と一緒に激しく叱りました。

▼▽▼鬼滅の刃全巻・外伝あらすじネタバレ▽▼▽

鬼滅の刃完結!全23巻&外伝 あらすじネタバレ ストーリー解説
【鬼滅の刃】完結までの全巻あらすじネタバレ、ストーリーを解説『鬼滅の刃』の最終話までの全巻あらすじネタバレをご紹介します。 鬼滅の刃は2020年5月で全23巻で本編が完結、外伝コミックが1巻...
ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!