鬼滅の刃

【鬼滅の刃】時透無一郎とは?深く幸福に生きた鬼殺隊霞柱

鬼滅の刃鬼殺隊霞柱 時透無一郎 深く幸福に生きた天才剣士

「鬼滅の刃」時透無一郎は、鬼殺隊霞柱として主に刀鍛冶の里・無限城で活躍した少年です。

始まりの呼吸の使い手の血族である時透無一郎の正体、兄・有一郎との関係性、性格、日輪刀、霞の呼吸と強さなど、鬼滅の刃の時透無一郎を詳しくご紹介します。

▼▽▼鬼滅の刃のアニメを無料で見る▽▼▽

鬼滅の刃アニメ全話を無料視聴する方法竈門炭治郎立志編/無限列車編/遊郭編
【鬼滅の刃】アニメを全話フル動画で無料視聴する方法まとめ「鬼滅の刃」のアニメ・劇場版作品を全話フル動画で無料視聴する方法をご紹介します。 大人気作品「鬼滅の刃」は、2019年4月にアニメ...

『鬼滅の刃』時透無一郎のプロフィール

名前時透無一郎
立場霞柱
家族兄:有一郎
呼吸霞の呼吸
誕生日8月8日
年齢14歳
身長160cm
体重56kg
出身地景信山
(*ファンブックでは伊之助と同じ大岳山だったが後にTwitterで修正)
趣味紙切り、折り紙
*飛行機がやばい程飛ぶ
好きなものふろふき大根
特徴・継国厳勝の子孫
・二ヶ月で柱まで上りつけた天才
・入隊前までの記憶を失っていた
・鎹鴉の名前は銀子(雌)、無一郎を溺愛
・銀子は他の鎹鴉と仲が悪かったが時透亡き後体調を崩し松右衛門に慰められて結婚した
CV(声優さん)河西健吾

『鬼滅の刃』時透無一郎とは?

自分を取り戻し幸福に生きた天才剣士・鬼殺隊霞柱

時透無一郎は、失った記憶を取り戻し短くも深い幸福に生きた天才剣士・鬼殺隊霞柱です。

時透家は木を切る杣人(そまびと)の仕事をしていましたが、母は体調が悪いのに無理して働き風邪をこじらせ肺炎で、父は母のため嵐の日に崖の上に薬草を取りに行き落下、無一郎が十歳の時に両親を失ってしまいました。

無一郎には兄・有一郎がいましたが、兄は言葉がキツく、無一郎を無能・無意味と罵ります。産屋敷あまねが家を訪ねてきてくれた時も、無一郎は自分達が始まりの呼吸の剣士に連なる家系だと知り、多くの人を助けるために鬼殺隊入隊を望みましたが、有一郎は自分達にできるのは無駄死にだけだと突き放し、兄弟は次第に会話が少なくなっていきました。

ある暑い夜に鬼が家に侵入してくると、無一郎は無我夢中で朝日で鬼が消滅するまで戦い続けますが、重傷で小屋に戻った時には既に兄・有一郎は命を終える直前で下。有一郎は無一郎だけは助けて欲しいと神様にお願いしており、冷たく酷い態度も無一郎を危険に晒さないためのものだったと明らかになります。

無一郎の無は「無限」の無、「お前は自分ではない誰かのために無限の力を出せる選ばれた人間なんだ」という言葉を残して有一郎は息絶え、その後無一郎は屋敷を訪れた産屋敷あまねに救われ本家に運ばれましたが、産屋敷邸で目覚めるまでの記憶が霞がかったように失われ、鬼への強く純粋な怒りだけが体に残りました。

無一郎は、始まりの呼吸の剣士である継国縁壱の兄の子孫であり、剣士としての才能は格別、最初の担当刀鍛冶の鉄井戸さんが時透の日輪刀を見て涙を流すほどに激しい修行を自らに課し、2ヶ月で柱となるまで成長します。

記憶を失っている間の無一郎は無関心・無機質で悪気なく周囲を傷付ける人物でしたが、刀鍛冶の里の戦いで記憶を取り戻すと、以前の無一郎のように再び誰かと笑える幸福を感じることができるようになり、その後も続く困難から何一つ目を逸らさず、短くも深い幸福な人生を駆け抜けていきました。

▼▽▼鬼滅の刃の漫画を無料で読む▽▼▽

鬼滅の刃本編23巻/外伝/スピンオフ全巻無料で読む方法を調査10巻分無料・半額以上お得?
【鬼滅の刃】漫画を全巻無料で読む方法を調査!全23巻・外伝・スピンオフ小説をお得に読む方法を徹底解説『鬼滅の刃』の漫画を全巻無料で読む方法を調査しましたのでご紹介します。 結論からお伝えすると、人気漫画「鬼滅の刃」は電子書籍配信サ...

『鬼滅の刃』時透無一郎の人物像・性格

物事や人に無関心・無機質

記憶を失っている間の時透無一郎は、人や物事に対して無関心・無機質な存在でした。

幼少期から産屋敷邸で目覚めるまでの記憶がなく、体に残っているのは鬼への激しい憎悪のみであるため、記憶喪失時の無一郎の行動原理は鬼の滅殺と産屋敷家への忠誠のみです。

鬼を滅殺するための最適行動をとるため、人の感情への配慮などは一切なく、悪意はないものの周囲を傷付ける人物でもありました。刀鍛冶の里でも小鉄・炭治郎と揉めています。

また、記憶のない時の無一郎は、かつての有一郎と似た性格をしていましたが、記憶を取り戻した時にまるで兄が自分のことを守ってくれていたようだと無一郎は喜んでいました。

誰かのために無限の力を発揮

刀鍛冶の里で記憶を取り戻した後の無一郎は、以前のように「誰かのために無限の力を発揮する」少年となっていきます。

元来、有一郎よりも普段はぼんやりしている無一郎の方が神経が図太くしたたかな性格であり、決して純粋無垢な少年ではありませんでしたが、父の教えと兄の優しさを受け継いだ無一郎は人を愛することができ、炭治郎を中心とした輪の中に入って鬼殺隊の仲間達と深い幸福な時間を共有していくことができました。

柱稽古では、できる炭治郎とできない一般隊士の間で態度の差が凄まじいことになっていますが、この辺りが元々の性格だと思われます。記憶を失わずに鬼殺隊に入っていてもこんな感じになっていたことでしょう。

『鬼滅の刃』時透無一郎の名言

俺のために刀を作ってくれてありがとう鉄穴森さん

ねぇ君は、君はさ、何で自分だけが本気じゃないと思ったの?

『鬼滅の刃』時透無一郎の呼吸・強さ

霞の呼吸

時透無一郎は、風の呼吸の派生である「霞の呼吸」を使う霞柱です。

霞の呼吸は緩急自在な高速移動により相手を翻弄する動きが特徴的で、柱稽古で無一郎が指導していたように筋肉の正確な緊張と弛緩が重要な要素になります。

無一郎の隊服は少し大きめでブカブカしていますが、これは体のラインを分かりづらくすることで、敵に間合いや動作を認識しづらくしているという工夫です。

漆ノ型「朧(おぼろ)」

霞の呼吸・漆ノ型「朧」は、時透無一郎独自の型になります。

動きに大幅な緩急をつけて撹乱して一撃で仕留める霞の呼吸の真髄とも言える技であり、上弦の伍「玉壺」もこの技で粉砕しました。

時透無一郎は、刀鍛冶の里で玉壺の「水獄鉢」に囚われ、小鉄に助けられた時に記憶を取り戻すと左頬に「痣」を出現させています。

これにより無一郎は「水獄鉢」を脱出、重傷でありながら単独で上弦の鬼を撃破する活躍を見せました。

透き通る世界

無限城での上弦の壱「黒死牟」との戦いでは、不死川実弥・悲鳴嶼行冥の援護をするため黒死牟の間合いに入って体に日輪刀を突き立てています。

この時、負傷しながらも致命傷を負わずに黒死牟の元へ辿り着けたことで、黒死牟からは無一郎も「透き通る世界」が見えるようになっていることが指摘されました。

赫刀

無一郎は最後の最後の瞬間まで仲間のために命を燃やし、日輪刀を強く握りしめることで黒死牟の体内に赫刀を発生させています。

無一郎の最後の踏ん張りと玄弥の血鬼術によって、黒死牟を拘束した上で技を出せない状態にすることができ、実弥と悲鳴嶼行冥の攻撃により上弦の壱の撃破に繋がりました。

また、この様子は鎹鴉を通じて蛇柱・伊黒小芭内に伝えられており、時透無一郎の行動を参考に地上での鬼舞辻無惨との最終決戦で伊黒も万力の握力で日輪刀を赫刀に変えています。

日輪刀

時透無一郎の日輪刀は、刃が霞のように白色を帯びています。

元々の担当は鉄井戸さんで、無一郎の理解者で下が心臓の病気で命を落とすと、刀鍛冶の里編からは鉄穴森さんが引き継ぎ、見事に鉄井戸さんが無一郎のために製作した日輪刀を再現してみせました。

『鬼滅の刃』時透無一郎の主な活躍

鬼滅の刃「柱合会議編」の時透無一郎

柱合会議に参加

他の柱達が炭治郎と禰豆子の処遇に意識を向ける中、時透無一郎は関心を示さず雲の形や鳥の名前について考えていました。お館様・産屋敷耀哉が姿を現し、炭治郎と禰豆子の存在を認めてほしいとお願いした際も、時透無一郎は自分はすぐに忘れてしまうのでどちらでもいいと返します。

しかし、お館様への忠誠心は他の柱と同様に深く、蝶屋敷へ連行される炭治郎が産屋敷耀哉の話を遮った際には怒り、庭の小石を弾いて炭治郎を攻撃、フラフラの状態にさせて隠に連行させました。

鬼滅の刃「無限列車編」の時透無一郎

煉獄死亡の連絡を受ける

時透無一郎は竹林の道を一人で歩いており、後ろから鴉に煉獄杏寿郎の訃報を知らされます。

鬼滅の刃「刀鍛冶の里編」の時透無一郎

縁壱零式を巡り小鉄・炭治郎と揉める

時透無一郎は日輪刀の修復に刀鍛冶の里を訪れており、縁壱零式の所有者である小鉄に鍵を渡すよう求めて揉めているところで炭治郎と出会いました。記憶を失い物事を覚えられない時透無一郎が有しているのは産屋敷耀哉への感謝と鬼への怒りのみであり、より強くなるため、縁壱零式が壊れる直前の状態であることも無視して小鉄に鍵を渡すよう求めます。

意地を張る小鉄に時透無一郎は刀鍛冶の小鉄と柱である自分では時間の価値が異なると主張、ここで炭治郎が乱入し、刀鍛冶と剣士は互いを必要としておりどちらも戦っていると憤慨しますが、時透無一郎は炭治郎を気絶させ、小鉄から鍵を奪って縁壱零式での訓練を始めました。

縁壱零式は絡繰を操る小鉄と一体になってこそ本来の力を発揮するものでしたが、八本ある腕は単一の型だけでも十分な強さを発揮、時透無一郎は腕を一本もぎ取り、小鉄に良い訓練になったと告げます。自分の使用していた日輪刀がダメになったため、炭治郎に捨てておくように預け、もぎ取った腕に装着されていた日輪刀を自分のものとしました。

炭治郎の言葉から記憶の蓋が開き始める

時透無一郎の刀鍛冶の担当は鉄穴森さんへと変更、時透無一郎は食後に禰豆子と一緒にぐっすり眠っていた炭治郎を起こし、鉄穴森さんの居場所を聞きます。

炭治郎が多分鋼鐵塚さんと一緒にいるから一緒に探そうかと提案すると、時透無一郎はどうして炭治郎がそこまで人の世話をするのかと疑問に思いました。

炭治郎は、時透無一郎の質問に対して「人のためにすることは結局巡り巡って自分のためにもなっている」と返しますが、これは昔時透無一郎が父からかけられた言葉であり、この言葉を契機に徐々に記憶の蓋が開き始めます。

上弦の肆「半天狗」登場、炭治郎の言葉を受け行動が代わり始める

ここに気配を消していた十二鬼月・上弦の肆「半天狗」がヌルリと登場、時透無一郎は炭治郎・禰󠄀豆子と連携して攻撃を仕掛けますが、時透無一郎の攻撃により半天狗は分裂を始め、喜怒哀楽の楽を担う可楽の団扇によって吹き飛ばされてしまいました。

遠くに着地した時透無一郎は、刀鍛冶の里で最も腕の良い長老・鉄地河原鉄珍が最優先の守護対象だと判断、急いで里の中心部へと戻ろうとします。魚型の怪物に襲われていた小鉄を見ても時透無一郎は優先順位が低いと切り捨てようとしましたが、炭治郎の「人のためにすることは巡り巡って自分のために」という言葉が思い出されて方針変更、小鉄を守ることに決めて魚型の怪物を撃破します。

助けた小鉄から鉄穴森、鋼鐵塚の救援を依頼されると、時透無一郎は里長の元へ向かおうと考えていましたが、昔お館様・産屋敷耀哉にかけられた言葉を思い出し、小鉄を連れて二人の救援に向かいました。

上弦の伍「玉壺」と遭遇、小鉄に助けられ記憶を完全に取り戻す

鉄穴森さんを救出した後、鋼鐵塚さんと時透無一郎の日輪刀がある小屋へと向かいますが、ここに十二鬼月・上弦の伍「玉壺」が登場、五人の刀鍛冶を使った作品「鍛人(かぬち)の断末魔」を見せられ時透無一郎も激怒、上弦の鬼との戦いが始まります。

壺と壺の間を素早く移動し、壺から出現させた魚による攻撃に時透無一郎も玉壺を捉えられずにいましたが、玉壺の攻撃は逃げ遅れた小鉄・鉄穴森さんにも向かい、二人を庇った時透無一郎は串刺しとなって毒が回り麻痺が始まってしまいました。喋り続ける玉壺に時透無一郎は踏み込んで日輪刀を頸にかけますが、反対に血鬼術「水獄鉢(すいごくばち)」を発動させられ、水の牢獄の中に囚われてしまいます。

時透無一郎は残っている空気で最後の一撃、壱ノ型「垂天遠霞」を出すも水牢を破ることはできずに諦めかけますが、時透無一郎を助けようとした小鉄が、急所の鳩尾を負傷しながらも水牢に空気を送り込んでくれると、時透無一郎は炭治郎の言葉がかつて父がかけてくれた言葉だと思い出し、完全に記憶を取り戻しました。

小鉄に送ってもらった空気を取り込み弐ノ型「八重霞」で脱出に成功した無一郎は、両親、有一郎のことを完全に思い出し、本来の心優しい無一郎に帰還、小鉄に願いを託され、玉壺への怒りを胸に「痣」を出現、再び上弦の鬼と対峙するため鋼鐵塚さんのいる小屋の方角へと向かいます。

「玉壺」を負傷状態で単独撃破

時透無一郎は玉壺の血鬼術「蛸壺地獄」により日輪刀を折られ、鉄穴森さんと共に拘束されてしまいますが、直前で鉄穴森さんが時透無一郎のために製作した日輪刀を手渡され、巨大な蛸の足を切り落として脱出に成功、刀鍛冶の鉄穴森さんに心からの感謝を伝えます。

記憶を取り戻した時透無一郎の中にも、記憶がなかった時の無一郎も健在で、兄・有一郎に負けず劣らずの悪口で玉壺と舌戦、玉壺に血鬼術の大技「一万滑空粘魚(いちまんかっくうねんぎょ)」を出させますが、霞の呼吸・陸ノ型「月の霞消(つきのかしょう)」で全てを斬り、参ノ型「霞散の飛沫(かさんのしぶき)」で経皮毒の体液を全て吹き飛ばして圧倒しました。

玉壺が壺から出て完全体の姿を見せますが、時透無一郎は漆ノ型「朧」で玉壺を圧倒して撃破、負傷状態でありながら単独で上弦の鬼を撃破するという快挙を成し遂げました。

鋼鐵塚さんから刀を奪い炭治郎に届ける

時透無一郎も毒によって戦線離脱となりますが、上弦の肆「半天狗」と対峙している炭治郎を助けるため、尋常ではない集中力で日輪刀を研いでいた鋼鐵塚さんから刀を奪うと、無事だった小鉄、鉄穴森さんと協力して鋼鐵塚さんを抑えながら炭治郎の元へと向かいます。

時透無一郎が炭治郎達の元へ到着すると、崖下で炭治郎・禰󠄀豆子が半天狗を追い詰めている場面であり、時透無一郎によって日輪刀が炭治郎に渡され、「円舞一閃」で半天狗を撃破することに繋がりました。

禰豆子が太陽を克服して無事と分かると、時透無一郎も崖下に合流して互いの無事を喜び合い、炭治郎のお陰で大切な記憶を取り戻すことができたと感謝を伝えます。

三日でほぼ全快、緊急柱合会議に参加

刀鍛冶の里で負傷した時透無一郎は、恋柱・甘露寺蜜璃と共に蝶屋敷で療養しますが、二日で目覚め、三日でほぼ全快、その後すぐに緊急柱合会議に招集されて参加することとなりました。

お館様・産屋敷耀哉は体調悪化により表に出ることは不可能となっており、代理の産屋敷あまねより「痣」についての伝承が説明され、時透無一郎、甘露寺蜜璃に痣の出現方法を教えてほしいと請われます。

甘露寺蜜璃の爆発的な説明の後、時透無一郎が理路整然と痣の出現条件を説明、またあまねからも痣による寿命の制限を教えられました。

鬼滅の刃「柱稽古編」の時透無一郎

高速移動の稽古

禰豆子の太陽克服により鬼の出現が減り、鬼殺隊では柱による柱稽古が始まります。時透無一郎は、元音柱・宇髄天元の次の稽古を担当、筋肉の弛緩と緊張の切り替え、足腰の連動などを指導する高速移動の稽古を担いました。

柱稽古に遅れて参加した炭治郎がやってくると、時透無一郎はニコニコ笑顔で炭治郎をベタ褒め、たった5日で合格を出して次の柱稽古へ向かう許可を出します。一方、高速移動を習得できない隊士には極めて厳しく、元の無感情な無一郎の表情でスパルタ訓練を課していきました。

鎹鴉より産屋敷邸への鬼舞辻無惨襲撃の報せが届くと、時透無一郎は他の柱と同様に大急ぎで産屋敷邸へと向かいますが、屋敷の直前で輝哉による大爆発が発生、鬼舞辻無惨を目前に迫るも無限城へと囚われてしまいます。

鬼滅の刃「無限城編」の時透無一郎

十二鬼月・上弦の壱「黒死牟」撃破に貢献

無限城では岩柱・悲鳴嶼行冥と共に鬼舞辻無惨の元へ向かっていましたが、鳴女の無限城の操作に分断され、十二鬼月・上弦の壱「黒死牟」と相対することになりました。時透無一郎は黒死牟の子孫だと教えられ、若年ながら磨き上げられた剣技を認められますが、左腕を失うと同時に柱に串刺しにされ鬼になることを求められてしまいます。

ここに玄弥、実弥、悲鳴嶼が到着、時透無一郎は左腕喪失と出血により自分の命が長くないことを悟ると、命を終える前に何か役に立てと自分を奮い立たせ、重傷だった玄弥と共に黒死牟の動きを制限し、実弥と悲鳴嶼の攻撃に繋げるために死力を尽くします。

月の呼吸による遠距離攻撃で間合いに入れなくなる中、時透無一郎は「痣」と同時に「透き通る世界」を発動、左足も失い、首にも負傷を受ける中、日輪刀を黒死牟の腹部に当て動きを制限することに成功します。玄弥が目覚めた血鬼術も発動し黒死牟に致命的な隙を生ませますが、黒死牟はまだ底を見せておらず、刀の振り動作なしで攻撃を発動する血鬼術により時透無一郎も完全な致命傷を受けてしまいました。

それでも時透無一郎を信じて突撃してきた実弥、悲鳴嶼を守るため、時透無一郎は最後の力で日輪刀を強く握りしめて赫刀に変えると、玄弥の最後の血鬼術とも合わさり、黒死牟を拘束と共に技を出せない状態に追い込みます。時透無一郎はこれで命を終えましたが、不死川実弥と悲鳴嶼行冥の攻撃が黒死牟に入り、上弦の壱の撃破に大きな貢献を果たしました。

鬼滅の刃「幾星霜煌めく命編」の時透無一郎

有一郎と共に輪廻が巡る

時透無一郎は子孫を残せませんでしたが、現代では有一郎と共に輪廻が巡り、霞柄のブランケットに包まれた双子の子供としてベビーカーの中でスヤスヤと眠っていました。

▼▽▼鬼滅の刃全巻・外伝あらすじネタバレ▽▼▽

鬼滅の刃完結!全23巻&外伝 あらすじネタバレ ストーリー解説
【鬼滅の刃】完結までの全巻あらすじネタバレ、ストーリーを解説『鬼滅の刃』の最終話までの全巻あらすじネタバレをご紹介します。 鬼滅の刃は2020年5月で全23巻で本編が完結、外伝コミックが1巻...
ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
関連記事
error: Content is protected !!