鬼滅の刃

【鬼滅の刃】富岡義勇とは?炭治郎・禰󠄀豆子を鬼殺隊の道に導いた水柱

「鬼滅の刃」富岡義勇は、炭治郎・禰󠄀豆子を鬼殺隊の道に導いた水柱です。

自罰的で後ろ向きな性格となった原因の富岡義勇の過去、錆兎との関係性、オリジナルの水の呼吸拾壱ノ型「凪」、大好物、最終決戦のその後など、鬼滅の刃の富岡義勇を詳しくご紹介します。

▼▽▼鬼滅の刃のアニメを無料で見る▽▼▽

鬼滅の刃アニメ全話を無料視聴する方法竈門炭治郎立志編/無限列車編/遊郭編
【鬼滅の刃】アニメを全話フル動画で無料視聴する方法まとめ「鬼滅の刃」のアニメ・劇場版作品を全話フル動画で無料視聴する方法をご紹介します。 大人気作品「鬼滅の刃」は、2019年4月にアニメ...

『鬼滅の刃』富岡義勇のプロフィール

名前富岡義勇
立場水柱
呼吸水の呼吸
誕生日2月8日
年齢21歳
身長176cm
体重69kg
出身地東京府豊多摩郡野方村(中野区野方)
趣味詰将棋
好きなもの鮭大根
特徴・好きな食べ物は鮭大根
・鎹鴉の名前は「寛三郎(雄)」、高齢のため伝達を聞き違えることが多い
CV(声優さん)櫻井孝宏

『鬼滅の刃』富岡義勇とは?

悲しみに突き動かされ鬼殺隊水柱となった男

富岡義勇は、悲しみを背負って鬼殺隊水柱にまで成長した男です。

富岡義勇には姉の蔦子がおり、富岡家が鬼に襲撃された際、祝言を挙げる前日であったにも関わらず義勇を庇って鬼に命を奪われてしまいました。義勇は打ちのめされ鬼狩りとなることを決意、元水柱の育手・鱗滝左近次の弟子となり、ここで同じ歳、同じ境遇の錆兎と出会います。

すぐに錆兎と仲良くなった義勇は、蔦子姉さんの代わりに自分が命を落としていればと、抱えてきた後悔・自責の念を打ち明けますが、錆兎には同じことをもう一度言ったらお前とはそれまでだと激怒され、蔦子姉さんが義勇に未来を託して繋いだように義勇も生きて繋ぐのだと諭されました。

しかし、共に臨んだ藤襲山の最終選別では、錆兎がほとんどの鬼を一人で撃破して命を落とした一方、義勇は最初に遭遇した鬼に与えられた負傷で朦朧としており、一体の鬼も撃破できぬまま気付けば選別は終了、自分は選別を通っていないという引け目と錆兎を失った悲しみだけが残ります。

義勇の着物は蔦子姉さんの形見であり、錆兎の着物は鬼に命を奪われた父の形見でしたが、義勇は自分と錆兎の羽織を半分に繋ぎ合わせて左右で柄が異なる着物を作り出し、大切な二人の命を背負って鬼殺隊隊士として歩みを始めました。

悲しみを背負った義勇は自らを鍛えに鍛えて成長、しかし二人の喪失を思い出すと悲し過ぎて何もできなくなってしまうため、錆兎との大切なやりとりの記憶は封印され、選別を通っていない負い目もあり、どこまでも自罰的で後ろ向きな性格となってしまいます。

義勇は水柱にまで上り詰め、柱となって間も無く指令で雲取山に向かいますが、ここで炭治郎と禰豆子に出会い、運命の歯車が回り始めました。

▼▽▼鬼滅の刃の漫画を無料で読む▽▼▽

鬼滅の刃本編23巻/外伝/スピンオフ全巻無料で読む方法を調査10巻分無料・半額以上お得?
【鬼滅の刃】漫画を全巻無料で読む方法を調査!全23巻・外伝・スピンオフ小説をお得に読む方法を徹底解説『鬼滅の刃』の漫画を全巻無料で読む方法を調査しましたのでご紹介します。 結論からお伝えすると、人気漫画「鬼滅の刃」は電子書籍配信サ...

『鬼滅の刃』富岡義勇の人物像・性格

自罰的で後ろ向き

錆兎とのやり取りの記憶が封印されている間の義勇は、自罰的で後ろ向きな人物でした。

託され繋いでもらった命を自分も未来へ繋ぐという約束を忘れているため、義勇の心の中にあるのは「蔦子姉さんや錆兎ではなく自分が命を落としていればよかった」「最終選別を突破していない自分に柱を名乗る資格はない」という自分を責め続ける後悔だけです。

鬼への、そして自分への激しい怒りが義勇を叩き上げ、選別時には一体の撃破もできなかった少年を水柱にまで成長させました。しかし一方で、自分も未来に繋ぐという明るさは一切なく、禰󠄀豆子と炭治郎と共にいさせるために何も問題がないかのように自分の命をかけ、炭治郎が水柱にならないと分かると怒ったりしています。

また、元水柱である鱗滝さんの指導により、常に心を平静に保つことを心掛けている義勇はいつもポーカーフェイスで、同時に説明力が不足していて言葉足らずであるため、柱に対しても「俺はお前たちとは違う」「俺には関係ない」などと言って誤解されてしまっていました。

錆兎との記憶を思い出し託された未来を生き始める

柱稽古の際の炭治郎との会話で錆兎とのやりとりを思い出した義勇は、自分もまた未来に繋ぐために生きることを決意、前向きさと明るさを少しずつ取り戻していきます。

炭治郎に不死川実弥の好物がおはぎだと教えてもらうと、仲良くなるためにおはぎをプレゼントすることを考えるなど天然兄弟弟子であることを発揮しますが、今まで見せなかった笑顔が見られるようになり、炭治郎とざる蕎麦早食い勝負をするなどお茶目な一面を見せていきました。

最終決戦を経た後はさらに表情が軽くなり、かつては嫌われていた不死川実弥とも仲良くなり、炭治郎との手紙でも明るい内容が増えていきます。髪も短くなって顔は上へ向き、義勇も子孫を残して現代に生きる子孫へと未来を繋ぎました。

『鬼滅の刃』富岡義勇の名言

生殺与奪の権を他人に握らせるな!!

まだやれる!!しっかりしろ!!最期まで水柱として恥じぬ戦いを!!

『鬼滅の刃』富岡義勇の呼吸・強さ

水の呼吸

富岡義勇は鬼殺隊の水柱であり、水の呼吸の使い手です。

先々代の水柱を五十年前に撃破していた上弦の参「猗窩座」からは、義勇の剣技は流麗であり洗練され練り上げられていると絶賛されています。

元水柱の鱗滝左近次の指導により、常に心を平静に保ち状況を冷静に見定めて対応することができるため、無限城に取り込まれた時も即座に炭治郎を救出、炭治郎の動きの予備動作を見て出す技を見抜き、それに合わせて衝突しないように技を繰り出すなど超絶技巧を発揮しました。

拾壱ノ型「凪」

水の呼吸・拾壱ノ型「凪」は冨岡義勇が生み出したオリジナルの型であり必殺奥義です。

義勇の間合いに入ってきたものは全て無に還すことができ、下弦の鬼は圧倒、上弦の鬼にも通用しました。

義勇は猗窩座戦において、圧倒的強者との対峙によって短時間でさらに成長、蹴り飛ばされて戻ってきたタイミングで左頬に「痣」を出現させています。

この時、冨岡義勇は21歳であったため、最終決戦から4年程度は生存でき、この間に子孫を残したものと思われます。

赫刀

地上での鬼舞辻無惨との最終決戦では、風柱・不死川実弥との共同作業で日輪刀を赫刀に変化させました。

実弥は黒死牟戦で悲鳴嶼行冥の鉄球を日輪刀で叩いた時に赫刀へ変化させており、鬼舞辻無惨戦では義勇と日輪刀を互いに叩き合うことによってお互いの刀を赫刀にしています。

これにより赫刀への変え方を理解した義勇は、鬼舞辻無惨を抑えていた炭治郎に合流した際、互いに一本ずつしかなくなった腕で日輪刀を握り、無惨の体内で赫刀に変化させてダメージを与えました。

日輪刀

義勇の日輪刀は、青色に染まった刃を持っています。

鍔は義勇の羽織の柄と同じ亀甲形ですが、亀甲形は元々錆兎の羽織であるため、日輪刀の鍔も錆兎のものである可能性があります。

『鬼滅の刃』富岡義勇に関する考察

同期は村田さん

錆兎と共に最終選別を受けた隊士には、炭治郎達と縁がある先輩隊士村田さんもいました。

冨岡義勇は村田さんとは多く会話をしてきませんでしたが、村田さんが自分の為すべきことを実行できる気骨ある剣士だと理解しており、最終決戦で村田さんの姿を見かけると、大声で呼んで負傷して動けない炭治郎を運んで治療して欲しいと頼んでいます。

義勇の着物

義勇の着物は、右半分の深紅の布地が蔦子姉さんの形見、左半分の黄色と緑の亀甲形の布地が錆兎の形見でできています。義勇にとってこの羽織はとても大切な着物でしたが、最終決戦でボロボロになってしまいました。

義勇は最終決戦後、炭治郎や不死川実弥と同様に重体で意識不明に陥りますが、禰󠄀豆子が義勇の大切な着物を綺麗に繕ってくれており、元の二人の形見だった布地の部分はかなり減りましたが、見た目は元通りとなり、義勇が目覚めるようにと願って義勇の眠る上にかけていました。

目覚めた義勇は元通りになった着物に感動、感謝の気持ちを伝えるため、着物、洋服、髪飾り、宝石など、禰豆子に山程のプレゼントを送っています。この結果、禰豆子を撫で撫でしてドキドキさせた不死川実弥同様、善逸に敵認定されました。

宇髄ファミリーとの関係性

最終決戦の後の日々では、義勇は宇髄家とも親しくしてもらっていたことが明らかになっています。

温泉好きが揃う宇髄ファミリーに誘われて同行、恐らく善逸と伊之助が掘り当てた温泉に一緒に入り、宇髄家に生まれた赤ちゃんにも触らせてもらったようです。

『鬼滅の刃』富岡義勇の主な活躍

鬼滅の刃「兄弟の絆編」の富岡義勇

竈門炭治郎と出会い生殺与奪の権を説く

富岡義勇は鬼狩りの任務で竈門家を訪れ、炭治郎と鬼化した禰豆子と出会います。

頭を下げて妹を奪わないで欲しいと懇願する炭治郎に対して、富岡義勇は炭治郎が打ちのめされていることを知りながら、決して消えない怒りを持ち続けられるように叱咤、弱者は常に強者に奪われ続けるのだと、生殺与奪の権を他人に委ねるなと伝えます。

挑んできた炭治郎を気絶させた義勇は、飢餓状態にあるはずの禰豆子が人間の炭治郎を庇う様を見て二人が特別な存在かもしれないと考え、禰豆子の存在を見逃し、炭治郎の育手・鱗滝左近次を紹介しました。

鬼滅の刃「那田蜘蛛山編」の富岡義勇

十二鬼月・下弦の伍「累」を撃破

那田蜘蛛山へ向かった鬼殺隊隊士が壊滅すると、義勇は蟲柱・胡蝶しのぶと共にお館様・産屋木輝哉の命を受けて援軍へ向かいます。

那田蜘蛛山には十二鬼月・下弦の伍「累」とその疑似家族がおり炭治郎達も苦戦していましたが、義勇は伊之助が苦戦していた父蜘蛛を一撃で撃破、絶望的な状況に遭った炭治郎を助け、下弦の伍「累」に対してオリジナルである拾壱ノ型「凪」で一瞬で撃破、鬼殺隊の柱の強さをまざまざと見せつけました。

胡蝶しのぶが禰豆子を狙って攻撃を仕掛けると足止めを担い、炭治郎と禰豆子が逃げている間に鎹鴉から伝令、二人を鬼殺隊本部に連れてくるよう言い渡され、義勇も産屋敷邸の柱合会議へと向かいます。

鬼滅の刃「柱合会議編」の富岡義勇

禰豆子、炭治郎のために命をかけていたことが判明

産屋敷邸で半年に一度開催される柱合会議に参加した義勇は、今回隊律違反を咎められており、お館様・産屋敷耀哉が姿を表すまで他の柱とは少し距離の置いた場所で待機していました。

産屋敷耀哉が現れ、炭治郎・禰豆子の存在を認める上での説明をし始めると、鱗滝さんからの手紙を産屋敷耀哉が読み上げ、義勇が鱗滝と共に禰豆子が人を襲わないことに命をかけていてことが発覚、義勇は表情を一切変えませんでしたが、炭治郎は義勇を見て涙を流します。

不死川実弥が禰豆子が人を襲うことを証明しようとし、伊黒小芭内が炭治郎の肺を圧迫する形で動きを抑えると、炭治郎が無理に呼吸を使って血管を破裂させることを防ぐため義勇は伊黒小芭内を止め、結果炭治郎が禰豆子に声をかけることができ、禰豆子が不死川実弥の稀血の誘惑を抑えることができました。

鬼滅の刃「無限列車編」の富岡義勇

煉獄さんの訃報の連絡を受ける

無限列車での上弦の参「猗窩座」との戦いで煉獄杏寿郎が命を落とすと、鎹鴉が義勇に訃報を伝えます。

義勇は「そうか」と一言だけ呟き、表情を変えることはありませんでした。

鬼滅の刃「刀鍛冶の里編」の富岡義勇

緊急柱合会議に参加

刀鍛冶の里で炭治郎達の活躍により上弦の鬼を二体撃破、「痣」の出現が確認されると緊急柱合会議が開かれ、動けなくなった産屋敷耀哉の代理として出席した産屋敷あまねの求めに応じ、時透無一郎が「痣」の出し方を丁寧に説明して共有します。

柱合会議が終わると柱達が今後の動きを話し合おうとする中、自分は関係ないと義勇は退室しようとし、胡蝶しのぶなどから言葉が足りなすぎると説明を求められても、義勇は「俺はお前達とは違う」とだけ返すだけでした。

義勇の言葉の意味は「俺は柱と名乗る資格がない」というものでしたが、風柱・不死川実弥や蛇柱・伊黒小芭内などは義勇が自分達を見下していると捉えてしまい一触即発のムードが漂います。しかし、鬼殺隊最強の岩柱・悲鳴嶼行冥の一喝によって義勇も柱稽古に関する話だけは聞くこととなりました。

鬼滅の刃「柱稽古編」の富岡義勇

炭治郎の質問をきっかけに大切な過去を思い出す

義勇は柱稽古に参加せず道場に篭っていましたが、お館様・産屋敷耀哉からの手紙を受けて炭治郎が義勇の元を訪れます。義勇は居留守を使うも炭治郎は突入、距離感ゼロで迫る炭治郎に対して、義勇は自分は水柱ではなく、水柱不在の今、炭治郎は水の呼吸を極めて水柱になる必要があったと伝えました。

義勇が炭治郎を突き放しても、炭治郎はお館様の手紙の内容を間に受けて昼夜問わず義勇に話しかけ続け、義勇は四日目でついに根負け、自らの最終選別の過去と錆兎との関係、自分は選別に通っておらず本来水柱になどなっていい人間ではないと、内に秘めていた想いを打ち明けます。

炭治郎は自分が煉獄杏寿郎に対して思ったように、義勇も錆兎の代わりに自分が命を落とせば良かったと感じてしまっているのだろうと感じ、伊之助の言葉を思い出し、義勇に「錆兎から託されたものを繋いでいかないのか」と問います。

義勇は炭治郎のこの質問によって悲しすぎて塞がれていた記憶が蘇り、蔦子姉さんの代わりに自分が命を落とせば良かったと話して錆兎に怒られたこと、姉が命をかけて繋いでくれた命を託された未来をお前も繋ぐんだと教えられたことを思い出します。

義勇は蔦子姉さんに続き錆兎までも失ってから、自罰的な生き方を続けてきましたが、ここでようやく繋いでもらった命を次に繋ぐために生きると自分の命に前向きさを取り戻し、少し遅れましたが柱稽古にも参加、塞ぎがちだった性格も明るいものへと変わっていきました。

風柱・不死川実弥と稽古

柱稽古では風柱・不死川実弥と稽古をしていましたが、義勇の柱稽古に参加しにきた炭治郎がおはぎの取り合いをしていると勘違いして乱入、自分の好物を言い当てられた実弥が怒って帰ってしまいます。

気絶した炭治郎が目覚めると、不死川実弥の好物がおはぎだと知った義勇は今度会う時にあげようと考え、炭治郎はこれに賛同、義勇はムフフとしてきっと仲良くなれると笑顔になり、天然な兄弟弟子で暴走していきました。

鬼滅の刃「無限城編」の富岡義勇

上弦の参「猗窩座」を炭治郎と撃破、痣が出現

鎹鴉による鬼舞辻無惨の産屋敷邸襲撃の一報を受け炭治郎と共に向かった義勇は、無惨を目前にして無限城に囚われ、炭治郎と共に行動を開始、上弦の参「猗窩座」と対峙します。

義勇は炭治郎の柱に届くほどまで練り上げられた強さに感動しながら、流麗な剣技で猗窩座に対応、猗窩座からの絶賛を受けますが、「脚式・流閃群光」で幾つもの壁を突き抜け遠くまで弾き飛ばされてしまいました。背中に激痛を感じながらも戻ってきた義勇は炭治郎の窮地を救出、圧倒的強者との戦いの中で、短時間で感覚が鋭く練磨される状態を感じ、義勇にも「痣」が出現します。

炭治郎が動けなくなる中で義勇は単独で猗窩座と打ち合いますが、全ての型を出し尽くした上に技が読まれるようになり、ついに日輪刀を折られてしまいました。ここで「透き通る世界」に入った炭治郎が戦線復帰、瞬間的に猗窩座の速度を上回った炭治郎が猗窩座を撃破しました。

しかし、猗窩座は鬼の弱点である頸を克服して別の何かに生まれ変わろうとしており、義勇は既に失神した炭治郎を守るため、炭治郎の前にまず自分を倒せと不屈の精神を見せます。義勇の言葉を契機に猗窩座は師匠を思い出し、完全に人間時代の記憶を取り戻した猗窩座は自らに破壊殺を発動、猗窩座は恋雪に抱かれて狛治に戻って灰となり、義勇は炭治郎と共に失神しました。

鬼舞辻無惨と遭遇、地上へ排出される

気絶から目覚めた義勇は止血のために傷口を焼いて対応、炭治郎が目覚めると鬼舞辻無惨の元へ向けて行動を開始しますが、二人が到着する前に無惨が繭から目覚めて鬼殺隊の一般隊士第一陣、第二陣を壊滅させます。

珠世喪失により激怒した愈史郎が鳴女をジャック、無限城を操り炭治郎、義勇は鬼舞辻無惨の目の前へ移動、ついに因縁の相手と向き合うこととなりました。激情の表出を何とか抑える義勇と炭治郎に対し、無惨は鬼殺隊は異常者の集まりだと侮蔑、これを合図に戦いが始まりますが鬼舞辻無惨の攻撃は圧倒的で二人は追い込まれてしまいます。

二人の窮地に甘露寺蜜璃、伊黒小芭内が到着、これにより愈史郎が鳴女を操っていることが鬼舞辻無惨にバレてしまい、愈史郎と鬼舞辻無惨による鳴女の操作を巡る力比べが開始、義勇は炭治郎、甘露寺蜜璃、伊黒小芭内と共に無惨の邪魔をし、愈史郎が勝利して地上への排出に成功しました。

鬼滅の刃「鬼舞辻無惨・最終決戦編」の富岡義勇

柱が集結して鬼舞辻無惨を足止め

夜明けまで残り一時間半、鬼殺隊は鬼舞辻無惨をこの場に足止めする必要があり、義勇ら柱は集結して鬼舞辻無惨に挑みます。

最初に鬼舞辻無惨の側にいた義勇、伊黒、甘露寺の三人が攻めるも無惨の回復力、攻撃力は異常であり、鬼舞辻無惨の反撃から義勇達を守るために一般隊士が肉の壁となって多数犠牲となり、息が続かないほどの速度での攻撃に即死はせずとも負傷を重ねていってしまいます。

甘露寺蜜璃が窮地に陥ったタイミングで岩柱・悲鳴嶼行冥、風柱・不死川実弥が到着、義勇は同期の村田さんに炭治郎の治療を依頼し、柱五人で無惨の相手をすることとなりました。しかし、無惨の攻撃速度はさらに上がって甘露寺蜜璃が戦線離脱、義勇達も無惨の血に混ざっている細胞破壊の毒によって限界が近くなってしまいます。

義勇も握力を失い日輪刀がすっぽ抜けてしまい仲間達に庇われる状態でしたが、ここで茶々丸が登場、背中に背負ったロケットランチャーから珠世製作の細胞破壊を止める血清を打ち込まれ、再び戦えるようになりました。

伊之助、善逸、カナヲが参戦、義勇は実弥と共に日輪刀を赫刀へ変える

愈史郎の目くらましの術で姿を隠した状態で伊之助、善逸、カナヲが援軍に到着、三人の参戦により余裕ができたことで、義勇は不死川実弥と日輪刀を打ち付け合い、どちらも赫刀へと変化させます。

悲鳴嶼と伊黒が「透き通る世界」に入り、実弥が目くらましの術を使って若干戦況を押し返しますが、鬼舞辻無惨が本気の攻撃を出すと栗花落カナヲ以外の全員が負傷して戦線離脱、義勇も右腕を損失して気絶しました。

カナヲの窮地に炭治郎が現れ戦場が少し移動すると、愈史郎が柱、善逸、伊之助、カナヲを治療して周り、義勇も愈史郎の治療によって気絶から目覚めます。

炭治郎と共に日輪刀を赫刀へ変える、無惨を撃破

炭治郎が善逸、伊之助との連携で鬼舞辻無惨を壁に拘束、甘露寺、実弥、伊黒が身を挺して鬼舞辻を抑える中、鬼舞辻無惨は最後の力で衝撃波を放ちますが、義勇はここで炭治郎の日輪刀を共に握りしめ、二人がかりで強く握ったことで日輪刀を赫刀へ変えます。

赫刀は無惨の最後の力を奪い、鬼舞辻無惨は撃退から避難に方針を切り替えて肉の塊を表に表出、炭治郎は取り込まれてしまいました。鬼殺隊は総動員で鬼舞辻無惨を日陰に入れさせないよう尽力、義勇も実弥、伊黒と共に地面に潜ろうとする鬼舞辻無惨を攻撃して止めました。

最後は体内にいた炭治郎が日輪刀を赫刀に変えて動けなくし、ついに動けなくなった鬼舞辻無惨は陽の光を浴びて塵へと帰ります。

鬼化した炭治郎から隠を守る

鬼殺隊は即座に救護活動に体制が変わり、義勇は隠が必死に止めるのを押し切って炭治郎が無事かどうかを確かめに動きます。鬼舞辻無惨の中に取り込まれた炭治郎は左手を欠損した上に既に息を引き取っており、義勇はまた守ることができなかったと号泣しました。

しかし、炭治郎は鬼舞辻無惨の血と力の全てを与えられており、短時間で鬼に適合して鬼化、炭治郎が隠を攻撃するのを義勇が間一髪で防ぎ、義勇はせめて炭治郎のまま命を終えてくれと向き合います。義勇は炭治郎を日光の下に晒すも炭治郎は即座に太陽を克服、義勇も攻撃を受けて引き剥がされてしまいました。

伊之助、善逸、禰󠄀豆子、カナヲの奮闘によって炭治郎が鬼から人間に戻ることができると大団円、義勇もようやく胸を撫で下ろします。

最後の柱合会議に参加

義勇は、風柱・不死川実弥と共に最後の柱合会議に参加、お館様・産屋敷輝利哉から鬼殺隊解散と共に感謝を伝えられます。

義勇も実弥と共に産屋敷への心からの敬意と感謝、産屋敷輝利哉が立派に務めを果たしたことを、先代の耀哉、ご先祖の皆様も誇りに思っておられることでしょうと伝えました。

炭治郎のお見舞い

義勇は鱗滝左近次と合流、蝶屋敷に炭治郎のお見舞いへと向かいます。

この時、義勇は長かった髪を切っており、表情も優しく明るいものとなっていました。

鬼滅の刃「幾星霜煌めく命編」の富岡義勇

義勇の子孫「冨岡義一」も現代を生きる

現代の世界では、冨岡義勇の子孫、冨岡義一が生きており、同じスイミングスクールに通う親友、錆兎と真菰の生まれ変わった存在と幸福で穏やかな時間を過ごしていました。

▼▽▼鬼滅の刃全巻・外伝あらすじネタバレ▽▼▽

鬼滅の刃完結!全23巻&外伝 あらすじネタバレ ストーリー解説
【鬼滅の刃】完結までの全巻あらすじネタバレ、ストーリーを解説『鬼滅の刃』の最終話までの全巻あらすじネタバレをご紹介します。 鬼滅の刃は2020年5月で全23巻で本編が完結、外伝コミックが1巻...
ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!