鬼滅の刃

【鬼滅の刃】栗花落カナヲ(つゆりかなを)とは?心が花開いた胡蝶姉妹の妹

「鬼滅の刃」栗花落カナヲは、心の声を取り戻した炭治郎と同期の鬼殺隊隊士です。

幼少期の過酷な体験と胡蝶カナエ・しのぶとの出会い、炭治郎との「心のままに生きる約束」、どんどん可愛くなるカナヲの変化など、鬼滅の刃の栗花落カナヲを詳しくご紹介します。

▼▽▼鬼滅の刃のアニメを無料で見る▽▼▽

鬼滅の刃アニメ全話を無料視聴する方法竈門炭治郎立志編/無限列車編/遊郭編
【鬼滅の刃】アニメを全話フル動画で無料視聴する方法まとめ「鬼滅の刃」のアニメ・劇場版作品を全話フル動画で無料視聴する方法をご紹介します。 大人気作品「鬼滅の刃」は、2019年4月にアニメ...

『鬼滅の刃』栗花落カナヲのプロフィール

名前栗花落カナヲ
立場蟲柱・胡蝶しのぶの継子
炭治郎と同期の鬼殺隊隊士
呼吸花の呼吸
誕生日5月19日(カナヲも把握しておらず胡蝶姉妹に出会った日が誕生日となった)
年齢16歳(無限城突入時)
身長152cm→156cm(遊郭編辺りから)
体重44kg→46kg(遊郭編辺りから)
出身地東京府本所区(現在の墨田区向島)
趣味シャボン玉(朝から晩まで)
好きなもの・アオイの作ったもの全て
・ラムネ
特徴・元孤児
・優れた身体能力
・意思表示が苦手
・元の家では七人の兄姉、三人の弟妹がいた
・鎹鴉の名前は五十鈴(雌)、カナヲを密かに心配
・好きな食べ物や飲み物を目の前にすると口をモゴモゴする癖がある
・アオイは姉妹が欲しかったため苗字を決める時に「神崎」を激推しされた
・銅貨は生前のカナエが作ってくれた思い出箱にしまってある
CV(声優さん)上田麗奈

『鬼滅の刃』栗花落カナヲとは?

炭治郎と同期の心の声が小さい鬼殺隊隊士

栗花落カナヲは、幼少期の体験から心の声が小さくなってしまった少女です。

幼少の頃、兄妹が何人も命を落とすような劣悪な環境の中で暮らしていたカナヲは、お腹が空いて悲しく寂しく虚しい日々の中、ある日限界が訪れて感情がプツンと途切れてしまいます。辛うじて生存したカナヲでしたが両親から身売りに出され、売られてしまう直前に胡蝶カナエ・しのぶ姉妹と出会いました。

蝶屋敷に引き取られたカナヲは、胡蝶姉妹やアオイなど優しい人々に包まれホワホワした感情を味わいますが、鬼によりもたらされた悲劇を身近に感じるうちに徐々に鬼に対する怒りが溜まっていきます。アオイや三人娘のように家事や怪我人の世話が上手にできないカナヲは、胡蝶カナエの花の呼吸を見て学んで習得、自らも戦う意志を固めました。

胡蝶姉妹に反対されていたカナヲでしたが、カナエも失い、継子達も亡くなると我慢の限界が訪れ無断で最終選別に参加、炭治郎や善逸、伊之助、玄弥の同期として正式に鬼殺隊隊士となります。

▼▽▼鬼滅の刃の漫画を無料で読む▽▼▽

鬼滅の刃本編23巻/外伝/スピンオフ全巻無料で読む方法を調査10巻分無料・半額以上お得?
【鬼滅の刃】漫画を全巻無料で読む方法を調査!全23巻・外伝・スピンオフ小説をお得に読む方法を徹底解説『鬼滅の刃』の漫画を全巻無料で読む方法を調査しましたのでご紹介します。 結論からお伝えすると、人気漫画「鬼滅の刃」は電子書籍配信サ...

『鬼滅の刃』栗花落カナヲの人物像・性格

幼少期の体験から意思表示が難しくなる

栗花落カナヲは幼少期の過酷な経験により心の糸がプツンと途切れてしまいました。

自己主張や考えることが苦手となったカナヲは、胡蝶姉妹に引き取られ蝶屋敷に来てからも自分の考えを聞かれるとパニック状態になって汗だくで固まってしまい胡蝶しのぶからは大変心配されますが、胡蝶カナエは人の心はいつか必ず花開くから心配ないと大らかに構え、それまでは一人の時は銅貨を回して表か裏かで行動を決めればいいと提案、以来カナヲはニコニコ笑顔で対応できない指示されていないことは銅貨を回して決めるようになります。

鬼殺隊隊士となってからは、胡蝶しのぶがカナヲを大変心配して特に戦闘中は何も考えずに鬼の頸を切るように指示、この結果カナヲは鬼と対峙した際には無感情・無表情で迷わず頸を斬ることを心がけるようになり、那田蜘蛛山では炭治郎を容赦なく気絶させてまで禰豆子を撃破しようとするなどしました。

炭治郎との出会いを経て「心のままに生きる」ことができるようになる

炭治郎と出会い「心のままに生きる」約束をしたことで、カナヲの心は徐々に花開き始めていきます。

音柱・宇髄天元が蝶屋敷を訪ねアオイ・なほを連れ去ろうとした際には、アオイ達の求めに応じて銅貨を投げることなく二人の手を取り、遊郭から炭治郎が戻り二ヶ月間の眠りの後で目覚めた際には、割った花瓶はそのままでしたが炭治郎が目覚めたことに涙して喜び、騒々しい伊之助達にもきっちり意思表示ができるようになっていました。

この頃からカナヲの表情にも笑顔が増え始め、柱稽古の際には胡蝶しのぶともっと稽古がしたいといじらしく意思表示を示して誉められ、無限城で胡蝶しのぶを失うと胡蝶カナエを亡くした時に泣けなかった分まで号泣、二人の最愛の姉を失った悲しさを表現します。

最終決戦を終えて蝶屋敷に戻ってきた後、炭治郎とは「必勝」と名付けた桜の木の下で言葉を交わしており、ここにはもうかつての心の糸が切れたカナヲの姿はなく、心のままに生きる少女となっていました。

『鬼滅の刃』栗花落カナヲの名言

目が覚めて良かった…

あの…あの、私もっと師範と稽古したいです

『鬼滅の刃』栗花落カナヲの呼吸・強さ

花の呼吸

栗花落カナヲは、「花の呼吸」の使い手です。

蝶屋敷に身を寄せた後、きよちゃん達三人娘のように怪我人の世話が上手にできないカナヲは戦う道を選択、胡蝶カナエの呼吸と型を見て勝手に覚えるという溢れる才覚を示しました。

花の呼吸は高い身体能力と肺活量が必要であり、カナヲの特徴にピッタリと合っています。

優れた視覚

カナヲは目が特殊で優れた視覚能力を有しており、僅かな動きで次の動作を予測することができます。

幼少期の家庭環境は兄妹が何人も命を落とすもので、よく観察して悪い当たりどころを避けなければ命が危なかったため、カナヲは必死に攻撃を観察、この結果優れた視覚を得ることとなりました。

カナヲの特殊な目は上弦の弐「童磨」にも通用し、童磨の攻撃を全てギリギリで受け流して凌いでいます。

終ノ型「彼岸朱眼(ひがんしゅがん)」

カナヲの優れた視覚能力は、動体視力を極限まで上げる花の呼・吸終ノ型「彼岸朱眼」とも極めて相性が抜群で、童磨の動きでさえ鈍く遅く見えるほどでした。

眼球への圧力で出血し目が赤く染まる彼岸朱眼には失明のリスクがあり、カナヲは童磨戦で右目、炭治郎戦で左目に影響を及ぼし、最終決戦後は完全に見えない程ではない程度の状態となっています。(その後、風柱・不死川実弥が伊黒小芭内の相棒の鏑丸をカナヲの助けになるようにと届けてくれました。優しい。)

類まれな運動能力

カナヲは運動能力にも非凡な才能を有しており、同期の中では抜群の能力を持っています。

上弦の弐「童磨」は、胡蝶しのぶをこれまで遭遇した柱の中で一番速いと評価していましたが、栗花落カナヲを胡蝶しのぶ以上かもしれないとその潜在能力の高さを褒めていました。

優れた目と運動能力による回避力は極めて高く、鬼舞辻無惨の本気攻撃を前に柱・善逸・伊之助は戦線離脱となりましたがカナヲは生存、誰も近づけない鬼化した炭治郎にも負傷しながら接近し、鬼から人間に戻る薬を打ち込むことに成功しています。

日輪刀

カナヲの日輪刀は刀身が淡い桃色に染まっており、鍔と鞘には梅の花の紋様があしらわれています。

『鬼滅の刃』栗花落カナヲの主な活躍

鬼滅の刃「兄弟の絆編」の栗花落カナヲ

最終選別を涼しい顔で生き残る

栗花落カナヲは藤襲山での最終選別を涼しい顔で突破、与えられた鎹鴉を指で可愛がられながら、炭治郎と玄弥が争っても張り付けたような笑顔を崩さずに無関心でいました。

鬼滅の刃「那田蜘蛛山編」の栗花落カナヲ

那田蜘蛛山で隠の護衛を務める

胡蝶しのぶがお館様・産屋敷耀哉の命で那田蜘蛛山へ向かうことになると、継子のカナヲも同行、隠を守るために周囲の鬼の撃退任務を担います。

胡蝶しのぶから逃走してきた炭治郎と禰豆子が接近してくると、カナヲは木の上から飛び降りて禰豆子を襲撃、炭治郎を気絶させ無抵抗を貫く禰豆子を追いかけました。

禰豆子を追い詰めたタイミングで鎹鴉から伝令が伝わり、炭治郎と禰豆子を産屋敷邸に連れてくるよう命じられると攻撃の手を止めて禰豆子が箱の中に戻るのを見届けます。

鬼滅の刃「柱合会議編」の栗花落カナヲ

蝶屋敷に訪れた炭治郎と再会

カナヲは庭で蝶々と戯れており、柱合会議を経て蝶屋敷に連れてこられた炭治郎と再会します。

炭治郎を背負う隠の後藤さんがカナヲに蝶屋敷に上がる許可を求めますが、カナヲは隠の対応について指示されておらず、ニコニコと笑みだけを向けました。

後藤さんが困惑していると神崎アオイが庭に登場、炭治郎達を屋敷へ案内していき、炭治郎がカナヲの方に振り向いても、カナヲはニコニコとしているだけでした。

鬼滅の刃「機能回復訓練編」の栗花落カナヲ

炭治郎と「心のままに生きる」約束をする

炭治郎、善逸、伊之助の療養が終わると機能回復訓練が始まり、カナヲは三人が「全集中の呼吸・常中」を会得するのを手伝います。

無限列車へ出発する直前、炭治郎が訓練をつけてくれたお礼を伝えにきますが、カナヲは炭治郎の対応を指示されておらず、ニコニコと笑顔だけを返します。しかし、炭治郎は粘りその場を去らないためカナヲは銅貨を投げ、裏が出たため炭治郎と話すことにしました。

カナヲが全てがどうでもいいから自分では何も決められず、指示以外のことはコインの表裏で行動を決めているのだと打ち明けると、炭治郎からは「この世にどうでもいいことなんて一つもない、きっとカナヲは心の声が小さいのだろう」と返されます。

炭治郎に求められ戸惑いながら銅貨を渡すと、炭治郎は「表が出たらカナヲは自分の心の声をよく聞いて、心のままに生きるんだ」と宣言して銅貨を上空へ高々と投げ、カナヲがドキドキしながら見守ると、銅貨は一度目で表が出て炭治郎はカナヲが驚くほどに大喜びしました。

カナヲは炭治郎に両手をぎゅっと握られ、人は心が原動力だから頑張れと励まされ、炭治郎が去った後、表が出たコインをじっと見つめ、両手で胸に抱えるようにして自らのトキメキを感じます。動き出した気持ちに夢中になっていたカナヲは後ろにきよが来ていることに気付いておらず、声をかけられると驚いて前につんのめりで倒れてしまうほどでした。

鬼滅の刃「無限列車編」の栗花落カナヲ

カナヲと一緒に煉獄杏寿郎訃報の連絡を受ける

師匠である胡蝶しのぶと街に出ていた際、鎹鴉より煉獄杏寿郎の訃報を知らされます。この時のカナヲはまだあまり表情変化がありませんでした。

戻ってきた炭治郎達と四ヶ月間過ごす

無限列車での上弦の参「猗窩座」との戦いで傷付き炭治郎達が蝶屋敷に戻ってくると、四ヶ月間同じ時間を過ごしていきます。

鬼滅の刃「遊郭編」の栗花落カナヲ

宇髄天元に自分の意志で反抗する

音柱・宇髄天元が鬼の棲む遊郭の任務に女手を必要とし、蝶屋敷を訪れて神崎アオイ、高田なほを連れていこうとします。

アオイとなほに助けを求められたカナヲは、冷や汗をかいて様々な考えを巡らせ銅貨を投げることを考えますが、炭治郎との「心のままに生きる」という約束を思い出し、必死の決心でアオイとなほが伸ばした手を掴み、宇髄天元が叫んでも何も言わずに掴んだ手を離さず抵抗しました。

炭治郎、伊之助、善逸が到着すると、前には出られないものの炭治郎達の背後でなほ、アオイを返してほしいという主張に右手を上げてそうだそうだと賛同、上官である柱に抵抗する自分の意志を示しました。

鬼滅の刃「刀鍛冶の里編」の栗花落カナヲ

炭治郎が二ヶ月ぶりに目覚め大喜びする

遊郭から戻ってきた炭治郎が二ヶ月間の眠りから目覚めると、カナヲはびっくりして花瓶を落としますが炭治郎が目覚めたことに心からの喜びを示します。

炭治郎の目覚めを知らせなかったことで隠の後藤さんにブチギレられますが、きよ、すみ、なほ、アオイも泣いて喜び、喜びを分かち合いました。

伊之助達が騒いでいる時に炭治郎が眠ると、カナヲが必死に声を振り絞って「炭治郎寝たから静かにして!」と叫び、きよに重湯を作りに行くことを誘われると嬉しそうに頷いて同行します。

鬼滅の刃「柱稽古編」の栗花落カナヲ

胡蝶しのぶから姉・カナエの仇の鬼の倒し方を教わる

柱稽古が始まり、カナヲは師匠・胡蝶しのぶの稽古は風柱の後になるのかと質問しますが、胡蝶しのぶは今回の柱稽古には参加しないと伝えます。カナヲがモジモジしながらも師匠ともっと稽古したいと気持ちを伝えると、しのぶからは自分の気持ちを素直に表現できるようになったと喜ばれ、この機会だからと姉・胡蝶カナエの仇である十二鬼月・上弦の弐「童磨」の倒し方について教えられました。

カナヲは童磨を倒すためにはまず体中に毒を巡らせた自分が童磨に喰べられることが必要と説明、カナヲはそんなことをせず自分も一緒に戦うと伝えますが、上弦の鬼は少なくとも柱三人分はあり、甘い考えは今すぐ捨てなさないと教えられます。

胡蝶しのぶはカナヲに、自分が毒で童磨を弱らせるからカナヲが童磨の頸を撃破して止めを刺してねとお願い、その時の最後の手段として花の呼吸「終ノ型・彼岸朱眼(ひがんしゅがん)」を教えます。しのぶはこの技には失明の危険があると伝えますが、しのぶは自分の命を懸けるのに私の視力のことを心配していると、カナヲはそのことをなんて優しく尊いのだろうと感じました。

甘い考えを捨てろと伝えられたカナヲでしたが、自分も命を懸けて胡蝶しのぶを守り、共に蝶屋敷へ帰ることを強く決意、最終決戦の時を待ちます。

鬼滅の刃「無限城編」の栗花落カナヲ

上弦の弐「童磨」を撃破、しのぶ・カナエを失ったことに号泣

カナヲは無限城に取り込まれてすぐに胡蝶しのぶとの合流を目指しますが、部屋を開けた瞬間、童磨によって胡蝶しのぶが命を落とし、そのまま吸収されてしまいます。

カナヲは激怒しながらもしのぶの命を無駄にしないと奮戦、童磨にしのぶ以上に強いかもしれないと驚かれますが、血鬼術を用いて徐々に実力を出していく童磨にカナヲは近付くこともできなくなり、日輪刀も奪われてしまいました。カナヲの窮地に伊之助が到着、伊之助の母・琴葉の仇も童磨であると判明すると、二人は互いに仇を討つために全力を出して戦います。

童磨が血鬼術「結晶ノ御子」を出して部屋を出て行こうとするタイミングで胡蝶しのぶが珠世と共同で製作した毒が回りきって発動、童磨の体が溶け始めます。カナヲはここで奥の手「終ノ型・彼岸朱眼」を発動、童磨の頸に日輪刀が届き、伊之助の後押しもあり、ついに二人の姉の仇である童磨を撃破しました。

カナヲは右目がほとんど見えなくなる中、カナエとカナヲの髪飾りを発見します。かつてカナエが亡くなった時、カナヲは悲しくても幼少の頃の経験から涙を流すことができませんでしたが、改めて二人を失ったことを痛感、髪飾りを強く抱きしめて涙を流しました。

善逸、村田さんと合流

母の愛を知った伊之助も号泣、カナヲは伊之助に肩を貸しながら童磨を倒した部屋を出て次の戦いへと歩いていきます。

善逸と村田さんは鳴女の血鬼術で階下に落ちてしまい、ここでカナヲ、伊之助と奇跡の合流、伊之助は曲がり角に何かの気配を感じて善逸に蹴りを与えてしまいましたが、全く反省しない伊之助をみてカナヲは決意、アオイ直伝の尻叩きを伊之助に与えて反省を促しました。

ここで愈史郎が鳴女を操作、鬼舞辻無惨との引っ張り合いに勝利して無限城から地上へと全員を排出します。

鬼滅の刃「鬼舞辻無惨・最終決戦編」の栗花落カナヲ

鬼舞辻無惨に追い詰められた窮地を炭治郎に助けられる

カナヲ、善逸、伊之助は愈史郎の「目くらましの術」を用いて姿を見えなくし、鬼舞辻無惨と対峙していた柱達の援軍に向かいます。

カナヲ達の到着によって余裕ができた柱は、痣・赫刀・透き通る世界と自らを強化していきますが、鬼舞辻無惨の少し本気を出した攻撃によって一撃で沈黙、目の良いカナヲ以外は全員戦線離脱となってしまいました。

動けないカナヲに鬼舞辻無惨が歩み寄ってくると、この窮地に復活した炭治郎が登場、カナヲは隠の後藤さんに連れられて戦線を一時離れ治療を受けることになります。

鬼化した炭治郎を人間に戻す

鬼殺隊の総力で鬼舞辻無惨を陽の光に当て滅ぼすことに成功したものの、炭治郎が鬼化して「鬼の王」として暴れ始めてしまいます。

カナヲは胡蝶しのぶから「鬼を人間に戻る薬」を渡されており、自分の左目の視力が残った理由をこの時のためだと決意、花の呼吸・終ノ型「彼岸朱眼」を発動して炭治郎に接近、負傷しながらも炭治郎に薬を打ち込んで人間に戻すことに成功しました。

蝶屋敷で炭治郎と優しい時間を過ごす

最終決戦から三ヶ月後、蝶屋敷では炭治郎達が療養の日々を送っていました。

カナヲが桜の木を見上げていると炭治郎が寄ってきて、カナヲはこの桜の木が初代花の呼吸の剣士が植えた桜であり「必勝」という名前がついていることを教えます。とても優しい笑顔でカナヲが「叶ったよって、教えてあげたい」と話すと、二人は互いに頬を赤らめながら穏やかで優しい時間を共有していきます。

自分の傷を心配する炭治郎に、カナヲは微笑みながら傷の痛みはなく、視力も完全にないわけではないし風柱から蛇柱の相棒だった鏑丸をもらったことも伝えました。

炭治郎達が療養を終えて雲取山の竈門家に戻った後も交流はずっと続いていき、カナヲと炭治郎の子孫は現代まで残り、竈門カナタ、竈門炭彦として善逸や伊之助の子孫達と同じ時代を生きていきます。

▼▽▼鬼滅の刃全巻・外伝あらすじネタバレ▽▼▽

鬼滅の刃完結!全23巻&外伝 あらすじネタバレ ストーリー解説
【鬼滅の刃】完結までの全巻あらすじネタバレ、ストーリーを解説『鬼滅の刃』の最終話までの全巻あらすじネタバレをご紹介します。 鬼滅の刃は2020年5月で全23巻で本編が完結、外伝コミックが1巻...
ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!