Re:ゼロから始める異世界生活

【リゼロ】ヘイデン・ガロは獅子人の半獣!フレデリカの稀血を狙った男はどうなった?

『リゼロ』ヘイデン・ガロのまとめページです。

ヘイデンはフレデリカの「稀血」に気付き、『血液標本家』のリオナルドと組んで工業都市コスツールの騒動を引き起こした獅子人の半獣です。

フレデリカ、ガーフとの戦い、「稀血」に気付いた理由など、リゼロのヘイデンについてご紹介します。

『リゼロ』ヘイデン・ガロの基本プロフィール

名前ヘイデン・ガロ
立場・獅子人の半獣
特徴・獰猛な雰囲気の男
・くすんだ金色の髪
・野性味のある髭
・獣化したフレデリカよりも速い
・フレデリカの稀血に気付く
・血を飲むとパワーアップ

『リゼロ』ヘイデン・ガロとは?フレデリカの「稀血」を狙った獅子人

血を飲むとパワーアップする「獅子人」の半獣

ヘイデンは、「獅子人」の半獣で、血を飲むとパワーアップするという性質を持っています。

パワーアップ後は、エミリア陣営最速の獣化したフレデリカと同等の速さで動くことができ、また戦闘においてはフレデリカを気絶させるほどの実力を発揮しました。

フレデリカの「稀血」を狙う

フレデリカが「稀血」であることにも気付いており、その血を目的として、『血液標本家』のリオナルド・バロネスと組んで、コスツールの騒動を引き起こしました。

『リゼロ』ヘイデン・ガロのセリフ・口癖

いいねえ、跳ねっ返り娘。お前みたいなのを躾けるのは、オレも好みだよ

ひとまず、寝ておけ。ひょっとすると、このまま起きない方が幸せかもだけどな

『リゼロ』ヘイデン・ガロはどうなる?残された伏線の考察と最期

ヘイデンがフレデリカの「稀血」に気付けた理由は?

ヘイデンがフレデリカの「稀血」に気付けた理由は、同じ半獣の亜人であることだと思われます。

ガーフィールも、10年ぶりに再会した容姿の変わったフレデリカを見て一瞬で「血の繋がった姉」だと感じており、これは半獣の血によるものだと解説がされていました。

ガーフはフレデリカの「稀血」には気付きませんでしたが、ヘイデンの方は普段から血を飲んでパワーアップしているので、ガーフよりも血に関する感覚が敏感である可能性が高く、それによってフレデリカが「稀血」であると把握できたのだと思われます。

捕縛されたヘイデンはロズワールにどうされる?

ヘイデンはフレデリカに気絶させられ、お屋敷に連行されることとなりましたが、その後のことは描かれていません。

戦力にはなりますが、性格的に陣営に加えることも難しく、リオナルドと共にロズワールによって何らかの処分がされた可能性が高いでしょう。

地下の座敷牢もメィリィが使っているので空いておらず、恐らく再登場はないものと思われます。

『リゼロ』ヘイデン・ガロの主な活躍

リゼロ外伝「Golden Siblings」のヘイデン・ガロ

獣化したフレデリカを圧倒して気絶させる

ヘイデンは、工業都市コスツールで大光虫による光の塔が発生し、ロズワールの元へ向かったフレデリカに襲いかかります。

この際、フレデリカは獣化していましたが、そのスピードに難なく追いつき、全力の攻撃をいとも簡単に止めて反撃しました。自分に依頼主がいることを明かし、必要以上に傷はつけずにと注文されていた為、フレデリカを気絶させ、拠点の洞窟へと運び込みます。

拠点の洞窟で『血液標本家』のリオナルドと合流した後、外に「邪魔者」が来ていることを報告し、血液標本の瓶を一つ渡され、撃退を命じられます。

しかし、ガーフィールとクリンドが迷わず拠点の洞窟に到着できたのは、ヘイデンが匂いの痕跡を全く消さなかったことが理由であり、ヘイデンによって二人は誘き出されていたのでした。

ガーフィールを誘き寄せるが敗北

ヘイデンは、ガーフィールとクリンドに対して、自分がわざと招待したことを告げ、自分の趣味を明かし、ガーフィールとの戦いを熱望します。

ヘイデンの趣味はクリンドと相反するものであった為、落胆されますが、クリンドに「獅子人の半獣」と一目で見抜かれ驚きました。

クリンドが拠点の洞窟へと入った後、ヘイデンはリオナルドに渡された血を飲んでパワーアップし、ガーフに向かっていきます。しかしガーフ相手には全く通じず、圧倒されてボロ負けしてしまいました。

フレデリカに気絶させられ連行される

クリンドがフレデリカを連れて洞窟から出てきた時には、既にヘイデンは意識を失っていました。

しかし、最後の最後で意識を取り戻し、油断して談笑していたクリンド、ガーフに襲いかかりますが、フレデリカに撃沈され再び意識を失います。

ヘイデンはそのまま捕縛され、お屋敷へと連行されます。

『リゼロ』ヘイデン・ガロまとめ

獅子人の半獣という、決して弱くないはずのヘイデンさんですが、ガーフの前にあっさり敗北してしまいました。

フレデリカの稀血に気付いたなど、いくつかの謎を残して退場していきましたが、状況的に再登場はなさそうで、ロズワールにどんな処罰をされたのかが気になります。

また、ヘイデンさんを圧倒したことで、ガーフィールが半獣の中では「最強」ということが証明されたのではないでしょうか。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!