Re:ゼロから始める異世界生活

「リゼロ」原作小説16巻あらすじネタバレ、考察【水門都市プリステラ編、開幕】

リゼロ原作小説16巻ネタバレ

「リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)」原作小説16巻を、ネタバレありであらすじ解説・考察をしていきます。

16巻では、聖域解放から1年後、スバル達の元に来訪者が訪れるところから物語が始まります。

15巻のあらすじ・ネタバレ解説はこちら

リゼロ原作小説15巻ネタバレ
「リゼロ」原作小説15巻あらすじネタバレ、考察【聖域編完結!!】「リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)」原作小説15巻を、ネタバレありであらすじ解説・考察をしていきます。 第14巻では、エミ...

リゼロ原作小説16巻1章「始まりはいつも来訪者から」あらすじネタバレ

スバルとベアトリスが契約を結び、聖域を解放してから一年の時間が過ぎました。

スバルは、裏山の中に作った「秘密特訓施設」での特訓に励んでいます。

  • 秘密特訓」という言葉に反応したガーフィールが本気で手伝う
  • 秘密特訓施設として活用しているのはスバルとガーフィールのみ
  • 近くの街の子供達はアスレチック施設として楽しんでいる
  • ミロード家に長く仕える執事「クリンド」が設計
  • クリンドはスバルから「お師匠さん」と呼ばれるほど様々なものに精通しているが「幼い純粋無垢な魂」に惹かれる変人

特訓を終えたスバルに、ベアトリスが労いの言葉をかけて、ペトラから預かった冷たいタオルをスバルに渡します。

一年の間に、スバルとベアトリスの仲もさらに深まり、日頃から互いに親愛の情が溢れていました。

二人の元に、ペトラが現れます。

  • ロズワール邸に突然お客様がくる
  • エミリアのスバルも同席して欲しいというお願いを伝えにくる
  • 来客の一人は、ピリッとした男の人
  • もう一人は、可愛い猫ちゃん

三人は、急いでロズワール邸に向かいます。

アナスタシアのお誘い

ロズワール邸に戻ったスバル達は、王選候補者であるアナスタシア・ホーシンの使者と会います。

アナスタシアの使者
  • ミミ:白鯨・魔女教討伐戦の戦友。再会を喜んでスバルの顔にダイブして抱きつく
  • ヨシュア:ユリウスの弟。兄への尊敬が激しく、兄のこととなると空気が読めなくなる

ヨシュアが、アナスタシアからの用件、「水門都市『プリステラ』のパーティーへの招待」をエミリアに伝えました。

そして、パックの依り代となる高純度の魔晶石を見つけたと説明し、その話にエミリアが即断で招待を受けることにします。

プリステラ行きの相談

色好い返事をもらえたヨシュアは、すぐに主に報告をしようとすぐにロズワール邸を後にします。

ミミが、特別にガーフィールにだけ親しみのある言葉を告げ、ヨシュアと一緒に去っていきました。

夜になった後、エミリアとスバルは二人でプリステラ行きの相談をします。

プリステラは、ルグニカ王国の五大都市の一角で、カララギ国境に近い湖の上に作られた街です。ルグニカ王国は、王都を中心とした五芒星の頂点の場所に五大都市を設けています。

西方貴族との会合ロズワール
ペトラ(勉強)
フレデリカ(ペトラの指導係)
ロズワール邸ラム
レム(眠り姫継続中)
水門都市プリステラエミリア
スバル(一の騎士)
ベアトリス(スバルのパートナー)
ガーフィール(武官)
オットー(文官)

エミリア陣営の動きが決まり、二人はパックとの再会を楽しみにします。

オットー泥酔

エミリアとの会議を終えたスバルは、オットーを慰めに私室を訪れます。

オットー泥酔
  • 自分を介さずにエミリアが独断で交渉事を決めてしまった
  • エミリアは純真無垢
  • スバルは世間なれしていない
  • 交渉事は自分が入らないといずれ痛い目にあう

プリステラへも、自分が行かないと酷い外交になると言い、同行することに同意します。

オットー兄」と呼ぶまでに親しくなったガーフィールは、リューズへの手紙を書いていました。

リューズの今
  • リューズは複製体に「人生の意義」を教えることを使命とした
  • 前の屋敷の近くにあるアーラム村に滞在
  • 空っぽの複製体達に生きることを教えている

ガーフィールは、プリステラでは一番危ないオットーを守るよと、泥酔するオットーを慰めます。

スバルは、武官と文官、二人の心強い友人との時間を楽しんだ後、夜の日課に向かいました。

レムとお話

スバルの哀切が溢れるその行動を、ロズワール邸の面々は全員が理解し、優しく見守っています。

  • スバルは毎晩一日の終わりにレムの部屋に訪れる
  • その日に会った出来事をレムに話ている

今日の話は長くなるぞと、レムの寝台に腰掛けて、スバルはゆっくりと優しい声で話し始めました。

リゼロ原作小説16巻1章の考察、ネタバレ解説

アナスタシアが各陣営をプリステラに招待した理由

アナスタシアは、プリシラを除く各陣営を「情報」や「」を代価にプリステラに呼び出していましたが、商人であるアナスタシアが善意だけで行うはずがありません。

オットーが言及したように「貸しを作った」可能性が最も高いですが、リカードが諜報活動に出ていることからも、プリステラに迫る危機を理解しており、迎撃戦力として王戦陣営を招いた可能性もあります。

後者であれば、この時点ではアナスタシアはプリシラを信頼しておらず、魔女教側であることを疑っていた可能性もあります。

ミミがガーフィールに親愛を示している理由

ミミは、部屋に入る前にスバルと玄関で会い、スバルに「この一年間で大人の女になった」と自慢していました。

この発言は伏線であり、部屋に入って見つけたガーフィールに一目惚れしたというのが、ミミのガーフに対する態度の真相です。

1 2 3 4 5
ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!