Re:ゼロから始める異世界生活

リゼロ原作小説25巻あらすじ・ネタバレ、考察【ついにレムが目覚める!?】

リゼロ原作小説25巻10章「英雄」あらすじネタバレ

小紅蠍はメイリィの加護の庇護下に入る

スバルは、シャウラとの最後の言葉を思い出し、手の中にいる小紅蠍がシャウラそのものではないと確信していました。

メイリィも同様の確信を持っており、「魔操の加護」で庇護下に置き、自分の頭の上に小紅蠍を乗せます。

そこに、プレアデス監視塔の大扉を開いて、エミリア達が駆け寄ってきます。

『暴食』の権能からの解放

スバル達の元に到着したエミリアは、シャウラの顛末を聞いて哀悼の意を示します。

ユリウスやベアトリス、メイリィもエミリアのことを思い出しており、それが「ライ・バテンカイトス」がラムによって撃退されたからだと共有されました。

しかし、レムやユリウスのことはまだ思い出せていません。

ユリウスは、自分のことについては「ロイ・アルファルド」を生け捕りにしていることが原因だろうと言いました。

ロイ・アルファルドの処遇

スバル達がプレアデス監視塔の五階層に戻ると、そこにはアナスタシアと襟ドナ、ヨーゼフが待っていてくれました。

スバル達は、アナスタシアが戻ってきたことに驚きますが、記憶は戻っていないままです。

竜車には、シャマクを固めた結晶の中に白目を剥いた「ロイ・アルファルド」がいて、それは「嫉妬の魔女」を封印している方法だとユリウスが説明します。

スバルはアルファルドを倒せば、ユリウス達の記憶も戻るのではと主張しますが、そうならない可能性があること、無闇に命を奪うべきではないとの意見から、アルファルドは王都に輸送することになりました。

そこまで話が進んだところで、スバルに限界が訪れ、意識を失ってしまいます。

スバルは緑部屋に運ばれることとなり、エミリアは一階層へと皆に来てもらいたいと話しました。

緑部屋で回復するスバル達に変事が起きる

緑部屋で目覚めたスバルの前には、ラムメイリィパトラッシュレムがいました。傷の深い順に緑部屋に入っており、他の仲間達はエミリアと共に一階層へボルカニカに会いに行っています。

スバルとラム、メイリィが緑部屋の精霊について話をしていると、突然部屋に白い極光が現れます。ラムとスバルはレムの元に駆け寄り、メイリィはスバルの後ろに移動します。

激しい光の後、そこに実態を顕現できないはずの『暴食』ルイ・アルネブの姿が出現しました。アルネブは意識を失っているようで、スバルはメイリィにエミリアを呼んでくるように頼みます。

ラムはスバルの判断を支持しますが、メイリィが部屋を出てすぐ、嫉妬の魔女の黒い影がプレアデス監視塔を襲いました。スバルはラムをパトラッシュに投げ、部屋を脱出させます。

スバル自身もレムとルイを抱えて緑部屋を出ようとしますが、入り口を影に塞がれ、そのまま黒い影に呑み込まれてしまいました。

闇の中で自分が分解されていく気分を味わいながら、スバルは「愛してる」の言葉を浴びせ続けられます。

望みを捨て、リスタートの先で最悪の状況が待ち受けていたとしても、打開する決心を固めたスバルでしたが、次の瞬間ボルカニカによる青い光が上空から降り注ぎ、闇を白い光でかき消しました。

草原の上でレムが目覚める

スバルが草原の上で目覚めると、なぜかルイ・アルネブがスバルを馬乗りにしていました。ルイは幼児化しており、言葉を話すことができず、「うー」や「あー」としか喋りません。

スバルは、ルイがいるということは、レムも近くにいるはずだと考え、周囲を捜索するとすぐに草の下にレムの姿を見つけました。

ホッとしたスバルは、エミリアやベアトリスの名前を叫びますが、ルイ以外の声が聞こえることはありません。

しかし、立ち上がろうとしたスバルの裾を引っ張る感触があり、スバルは膝が震えます。

そして、振り返ると、レムの手が自分の裾を握っており、その目がゆっくりと開き、瞳に光が宿りました。

衝撃が全身に走るスバルに対して、レムは「あなたは誰ですか?」と聞きます。

スバルは再び走る衝撃を抑え、スバルらしい笑顔を作り「俺はお前の英雄だ」と応えました。

リゼロ原作小説26巻あらすじネタバレ
リゼロ原作小説26巻あらすじネタバレ、考察【物語の舞台は神聖ヴォラキア帝国へ】「リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)」原作小説26巻を、ネタバレありであらすじ解説・考察していきます。 第25巻では、プレア...

リゼロ原作小説25巻10章の考察、ネタバレ解説

ルイが緑部屋に現れた理由

ルイが緑部屋に現れた理由は、「魂の回廊から追い出された」可能性が最も高いです。

魂の回廊の支配者は賢者フリューゲルであるため、フリューゲルによって緑部屋の精霊にルイのオドを転写し、リゼロ世界に実在できるようにしたものと思われます。

ルイは草原で幼児退行していますが、この原因は次にあると考えられます。

  • 「魂の回廊」で自分同士で戦い合い、自我が消滅
  • 自我の元となる食事を提供してくれていたライが消滅、ロイが封印される

よって、現在のルイは、魂に刻み付けられたスバルへの恐怖だけを持った存在で、スバルの味方であることを必死にアピールしようとして、距離感を近づけようと努力しているのだと思われます。

フリューゲルがルイを戻した目的は、スバルが「賢人」になる手助けとなるよう、レムの名前と記憶を戻すことだと考えられます。

嫉妬の魔女の影が出現した理由

プレアデス監視塔に「嫉妬の魔女」が出現してしまった理由は、スバルの権能を知っているルイが、リゼロ世界に出てきてしまったからだと思われます。

ボルカニカの青い光は「陽属性」であるためか、サテラの「陰属性」である陰と対消滅しました。

レムが目を覚ました理由

「暴食」に名前と記憶どちらも食べられると「眠り姫」になるのは既知の通りです。

ルイは既にレムの記憶を放棄しており、元々レムの「名前と記憶」を食べたライは敗北しています。

そのため、レムが「眠り姫」からついに目覚めたのは、レムとオド・ラグナの「繋がりが戻り始めている証拠」と思われます。

繋がりが確立されるまでどの程度の時間が必要なのかは不明ですが、いずれレムにも「記憶」が蘇ることでしょう。

リゼロ25巻第十章「英雄」ストーリーまとめ

リゼロ25巻第十章ストーリーまとめ
  • 小紅蠍がメイリィの加護の影響下に入り、メイリィの頭の上をマイポジションにする
  • スバル達の元にエミリアが駆け寄ってくる
  • ユリウスやベアトリスもエミリアを思い出す
  • プレアデス監視塔の五階層でアナスタシア、襟ドナ、ヨーゼフと合流
  • 竜車にはシャマクの結晶で封印された『暴食』ロイ・アルファルドがいる
  • アルファルドは王都に輸送して権能の正体を聞き出すことで合意
  • スバルが気を失う
  • スバル、ラム、メイリィ、パトラッシュ、レムが緑部屋で回復
  • 他の仲間達はエミリアと共に一階層のボルカニカの元へ向かう
  • 緑部屋に突然光が現れ、そこからルイ・アルネブが出現
  • メイリィがエミリアを呼びに緑部屋を出る
  • 嫉妬の魔女の影がプレアデス監視塔を襲撃する
  • パトラッシュ・ラムが緑部屋を脱出
  • スバル・レム・ルイが影の中に呑まれる
  • ボルカニカの青い光が降り注ぎ、影の闇が消える
  • スバルが草原の上で目覚め、幼児化したルイを発見する
  • 付近を捜索してレムを発見する
  • 記憶を失ったレムが目覚める
  • スバルがレムの英雄を名乗る

リゼロ原作小説25巻まとめ

第六章「記憶の回廊」編がついに25巻にて完結しました。

最後のシャウラとスバルのやり取りをみて、思わず涙が目に浮かんでしまったのは私だけではないでしょう。

そして、ついにレムが目覚め、スバルが英雄を名乗ります。

記憶を失ったレムは、時間経過と共に記憶を取り戻すことができるのでしょうか?

また、ルイ・アルネブが突然現れ、幼児化している原因は?

草原に転移させられたスバルを、次はどんな物語が待つのでしょうか。

26巻が今から楽しみですね!

リゼロ原作小説26巻あらすじネタバレ
リゼロ原作小説26巻あらすじネタバレ、考察【物語の舞台は神聖ヴォラキア帝国へ】「リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)」原作小説26巻を、ネタバレありであらすじ解説・考察していきます。 第25巻では、プレア...
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!