Re:ゼロから始める異世界生活

「リゼロ」原作小説3巻のあらすじネタバレ、考察【全員が幸せな5日目の朝はくるのか!?】

リゼロ原作小説3巻ネタバレ

「リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)」原作小説3巻のあらすじネタバレ・考察をしていきます。

第2巻では、ロズワール邸で目を覚ましたスバルが、レムやラム、ベアトリス、ロズワールと出会い、屋敷での新しい生活をスタートしました。

既に4回のループを経験する中、「呪術師」と「ロズワール邸の人々からの信頼」が超えるべき障害だと認識したスバル。

全員が笑顔で迎えられる5日目の朝を目指し、スバルは今度こそ謎を解き明かし、約束の日を迎えられるのでしょうか!?

2巻のあらすじ・ネタバレ解説はこちら

リゼロ原作小説2巻ネタバレ
「リゼロ」原作小説2巻のあらすじ・ネタバレ、考察【ロズワール邸での1週間が始まる】「リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)」原作小説2巻を、ネタバレありであらすじ解説・考察をしていきます。 第1巻では、王都に異...

リゼロ原作小説3巻1章「ナツキ・スバルのリスタート」あらすじネタバレ

目覚めたスバルは、すぐにレムラムの手を握り、4周目に自分の手を握ってくれていた相手が、レムとラムであることを確かめました。

全員が笑顔で迎えられる五日目の朝にたどりつくと、スバルは改めて決心します。

解決すべき問題は、「呪術師」と「ロズワール邸の人々からの信頼」の二点と定め、まずは「屋敷にいる全員から信頼を得る」ことが必要だと考え動き出しました。

初日の夜にロズワールとラムが密談

初日の夜に、ロズワールの執務室で、ロズワールラムが密談をしています。

密談内容
  • ロズワールは食事会でのスバルを見て、悪くないと評価し、同時に警戒するべき相手でもあると判断
  • ラムを教育係とし、スバルの動向を監視するように指示
  • ラムは、スバルは使用人のレベルは低いが、教えていないことを知っている節があり、可能性は低いが、潜入のために事前調査していた可能性もあると話す
  • ロズワールに「エルザ」との共謀の可能性を聞くが、ロズワールはそれはないと断定
  • ラムが「もしもの場合」の指示を聞くが、ロズワールはエミリアとの関係性も考慮し、慎重に扱う必要があると言う
  • また、レムは独断専行してしまいがちなので、注意するようにラムに言い含める

ラムも、レムはスバルに対して不信感を感じていると話し、ロズワールからの忠告に頷きます。

擦り切れたスバルを癒すエミリア

スバルは、完璧を目指すあまり、ハイテンションで豪快な空回りをしていきます。

引きつった無理な笑顔を顔に貼り付け、気持ち悪いほど高いテンションで明るく振る舞い、周囲に違和感を与え、スバル自身も自分に気持ち悪さを感じていました。

パックは、スバルの心の表面を読み取り、内心はぐちゃぐちゃになっていて、今にも擦り切れそうであることをエミリアに伝えます。

エミリアは、仕事中のスバルを部屋に連れていき、スバルを膝枕で慰めます。

そして、「大変だったね」とスバルに声をかけました。

決壊して涙するスバル

スバルは、エミリアの優しさに感情が溢れ、具体的なことは何一つ言えないまま、心の内に渦巻いていた感情を吐露していきます。

そして、エミリアの膝枕の上で号泣し、泣き疲れて眠ってしまいました。

スバルは、王都で出会った時にエミリアの美しさに一目惚れしています。しかし、この時のエミリアの優しさにより、完全に恋に落ち、これからどんな苦難が待ち受けようとも、何度でも権能を発動させ、エミリアとの日々を生きるのだと決めました。

スバルに対して不信感を持っていたレムも現れ、あまりに無防備なスバルに、「その気も失せますね」と、エミリアを真似してスバルの髪を撫でます。

エミリアは、レムに、「スバルは良い子よ」と一言だけ伝え、レムは深々とエミリアに一礼をして部屋を去りました。

レムは、スバルの身体から臭う魔女の残り香を、どうしても受け入れることができません。そのため、エミリアの言葉を受けつつも、完全にスバルに対する警戒を解くことはできていません。

リゼロ原作小説3巻1章の考察、ネタバレ解説

エルザとスバルの関係をロズワールが断固否定した理由

ラムが王都の盗品蔵で戦闘になったエルザとスバルが繋がっている可能性を聞きますが、ロズワールはここで「絶対にない」と確信を持って否定しています。

しかし、この関与を「絶対に」否定できる証拠は、描写も説明もされていません。

考えられるとしたら、「エルザに指示をしていたのがロズワール」だからという説ですが、これはありえるのでしょうか。

エルザの依頼主に関しては、下記の二点が該当すると1巻で考察しました。

  • レベルの高い魔法使い:外套を作れる技術がある
  • お金持ち:徽章買取にかかる費用、又は外套の制作を依頼できる費用

上記二点から考察をしていくと、ロズワールは「筆頭宮廷魔術師」「辺境伯」であり、ドンピシャで依頼主の条件を満たしています。

ただ、ロズワールはエミリアを王にするため擁立している立場なので、条件を満たしているといっても、流石に依頼主にはならないのではと思われます。

王都でエミリアの徽章を盗むよう依頼した人物が「聖域編」で明らかになりました。ドン引きですよ!

リゼロ原作小説13巻ネタバレ
「リゼロ」原作小説13巻あらすじネタバレ、考察【7人の魔女達によるお茶会】「リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)」原作小説13巻を、ネタバレありであらすじ解説・考察をしていきます。 第12巻では、嫉妬...

ロズワールが言及した「エミリアとの関係性」とは

ロズワールは、「もしもの場合」の対応をラムに問われ、「エミリアとの関係性」から慎重に対応しないといけない案件だと答えています。

ロズワールはエミリアを擁立している立場であり、エミリアにとってスバルは「命の恩人」です。

そのため、もしロズワールがスバルに危害を加えることがあれば、エミリアとロズワールの関係も悪化することは間違いありません。

エミリアがロズワールの行動に納得できなければ、擁立が不可能となるため、ロズワールの目的も達成することが難しくなります。

そのため、ロズワールは「慎重に対応」する必要があると話し、独断専行しがちな「レムに注意するように」言っていたのでした。

レムは「独断専行してしまいがち」と認識されている

ロズワール、ラムから見ても、レムは「独断専行」の傾向があることが明らかになりました。

これにより、三周目の世界では、ラムの監視が間に合わなかったことが明らかになります。

レムにとっては「ラムだけが大切な存在」であり、弱ったラムが安全に暮らすためにロズワールの庇護が必要であるため、ロズワールに仕えているというのが現状です。

そのため、ロズワール邸の日々を脅かすものがあれば、ロズワールやラムの意向の確認もせず、積極排除しようと動いてしまいます。

リゼロアニメ2期が完結!全話見直しならABEMAがおすすめ!

著者の長月先生がTwitterでご発言されていた通り、Re:ゼロから始まる異世界生活のアニメ二期も、スバルの誕生日に始まり、当初予定していたエミリアの誕生日をオーバーランして、オットーの誕生日に無事に完走を迎えました!

聖域編はリゼロの各章の中でも手元情報が少ない中で謎に次ぐ謎がどんどん出てくるため、見直す度に新たな発見を得ることができます。

リゼロアニメ二期の見直しには、14日間無料で視聴できる「ABEMAプレミアム」がおすすめです。一期やMemory Snow、氷結の絆も試聴できますので、これを機に是非登録してみましょう!

\14日間無料でリゼロ映像作品を楽しめる/
「ABEMAプレミアム」をみてみる
1 2 3 4 5 6
ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!