Re:ゼロから始める異世界生活

「リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)」小説3巻のあらすじ・ネタバレ、考察

リゼロ原作小説3巻ネタバレ

「リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)」原作小説3巻を、ネタバレありであらすじ解説・考察をしていきます。

第2巻では、ロズワール邸で目を覚ましたスバルが、レムやラム、ベアトリス、ロズワールと出会い、屋敷での新しい生活を始めます。

既に4回の死に戻りを経験する中、「呪術師」と「ロズワール邸の人々からの信頼」が超えるべき障害だと認識したスバル。

全員が笑顔で迎えられる5日目の朝を目指し、スバルは今度こそ謎を解き明かし、約束の日を迎えられるのでしょうか!?

2巻のあらすじ・ネタバレ解説はこちら

リゼロ原作小説2巻ネタバレ
「リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)」小説2巻のあらすじ・ネタバレ、考察「リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)」原作小説2巻を、ネタバレありであらすじ解説・考察をしていきます。 第1巻では、王都に異...

第1章「ナツキ・スバルのリスタート」ネタバレ

目覚めたスバルは、すぐにレムラムの手を握り、4周目に自分の手を握ってくれていた相手が、レムとラムであることを確かめました。

全員が笑顔で迎える五日目の朝にたどりつくと、スバルは改めて決心します。

解決すべき問題は、「呪術師」と「ロズワール邸の人々からの信頼」の二点と定め、まずは「屋敷全員から信頼を得る」ことが必要だと考え、完璧な動きを目指して動き出します。

初日の夜にロズワールとラムが密談

初日の夜に、ロズワールの執務室で、ロズワールラムが密談をしています。

密談内容
  • ロズワールは食事会でのスバルを見て、悪くないと評価し、同時に警戒するべき相手でもあると判断
  • ラムを教育係とし、スバルの動向を監視するように指示
  • ラムは、スバルは使用人のレベルは低いが、教えていないことを知っている節があり、可能性は低いが、潜入のために事前調査していた可能性もあると話す
  • ロズワールに腸狩りとの共謀の可能性を聞くが、ロズワールはそれはないと断定
  • ラムが「もしもの場合」の指示を聞くが、ロズワールはエミリアとの関係性も考慮し、慎重に扱う必要があると言う
  • また、レムは独断専行してしまいがちなので、注意するようにラムに言い含める

ラムも、レムはスバルに対して不信感を感じていると話し、ロズワールからの忠告に頷きます。

擦り切れたスバルを癒すエミリア

スバルは、完璧を目指すあまり、ハイテンションの豪快な空回りをしています。

引きつった無理な笑顔を顔に貼り付け、気持ち悪いほど高いテンションで明るく振る舞い、スバル自身も自分に気持ち悪さを感じています。

パックは、スバルの心の表面を読み取り、スバルはぐちゃぐちゃになっていて、今にも擦り切れそうであることをエミリアに伝えます。

エミリアは、仕事中のスバルを部屋に連れていき、スバルを膝枕で慰めます。

そして、「大変だったね」とスバルに声をかけました。

決壊して涙するスバル

スバルは、エミリアの優しさに感情が溢れ、具体的なことは何一つ言えずとも、内に渦巻いていた感情を吐露していきます。

そして、エミリアの膝枕の上で号泣し、泣き疲れて眠ってしまいました。

スバルは、王都で出会った時にエミリアの美しさに一目惚れしています。しかし、この時のエミリアの優しさにより、完全に恋に落ち、これからどんな苦難が待ち受けようとも、何度でも死に戻り、エミリアとの日々を生きるのだと決めました。

スバルに対して不信感を持っていたレムも現れ、あまりに無防備なスバルに、「その気も失せますね」と、エミリアを真似してスバルの髪を撫でます。

エミリアは、レムに、「スバルは良い子よ」と一言だけ伝え、レムは深々とエミリアに一礼をして部屋を去りました。

レムは、スバルの身体から臭う魔女の残り香を、どうしても受け入れることができません。そのため、エミリアの言葉を受けつつも、完全にスバルに対する警戒を解くことはできていません。

1 2 3 4 5 6
ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!