Re:ゼロから始める異世界生活

【リゼロ】色欲の魔女カーミラの過去と権能は?「借りっ放しは絶対に嫌」の真意

リゼロ 無貌の花嫁『色欲の魔女』カーミラまとめ

「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」の『色欲の魔女』カーミラのまとめページです。

カーミラは、気弱な性格ながらも絶対的な自己愛を持ち、自らに敵対する者に対しては容赦をしない激しい一面も持っています。

カーミラの過去に何があったのか、そしてなぜ魔女となったのかを見ていきましょう。

カーミラの基本プロフィール

魔女『色欲の魔女』
容姿薄桃色の髪の可愛らしい容姿、地面に着きそうな程に長いマフラー、手首が隠れる程深い白服、肌の露出を控えている
雰囲気気弱そうな雰囲気でたどたどしく喋る
権能『無貌の花嫁』

カーミラの立場&役割、目的

『色欲の魔女』として400年前に君臨

カーミラは、400年前の魔女の時代に『色欲の魔女』として君臨しました。

元々は普通の村娘でしたが、領主に気に入られ、強引に村から引き剥がされたことを契機に『色欲の魔女』として覚醒します。

それまでカーミラを愛していた許嫁、家族、村人も、カーミラ自身ではなく幻想を見るようになり、領主からカーミラを奪い返すだけでなく、周辺国まで燃やし尽くしてしまいました。

自分が愛を失ったことに気付いたカーミラは、全てを捨てて旅に出ますが、その先でもカーミラに溺れて争いが絶え間無く起きました。

「夢の城」でスバルが背け続けていた愛に目を向かせる

「夢の城」では、色欲の権能の力を使ってスバルを想う人々との絆を見せ、スバルがずっと目を背け続けてきた「愛」の存在を見せつけます。

直前にレムの姿になったことで、スバルに怒鳴られ悪印象を持っていましたが、「存在する愛をないことにはさせない」と、自分の意義からスバルを救いました。

カーミラの性格・人物像

引っ込み思案で気弱な性格

カーミラの性格は引っ込み思案で、一言で言えば気弱な性格です。

人の目を見て会話をすることも難しく、言葉もたどたどしく、スムーズに話すことはできません。

自分に敵対するものに対しては容赦ない

一方で、自分に敵対する者に対しては、一切の容赦をしない好戦的な一面も持っています。

スバルは「自己愛の塊」と表現しており、カーミラに敵対されると、カーミラを愛する全ての人々が敵に回るため、エキドナも「君を敵に回すと厄介」と表現していました。

スバルを助けるため、エキドナに騙されて「無貌の花嫁」を使ったカーミラは、エキドナに対して敵意を向けます。

カーミラのセリフ・口癖

そ、れは……あ、あなたが、そう、見たがってたから。だよ?

私、は、私に、嫌なことする人、を、……『絶対に許さない』

それ、に、私は……借りっ放しは絶対に嫌

カーミラの強さ、能力

『無貌の花嫁』

カーミラの色欲の魔女としての権能は、「相手が見たいものを見せ、聞きたいものを聞かせる」能力です。

幸せな権能に見える一方で、相手に呼吸することを忘れさせ、最後には心臓も止めるという恐ろしい能力を持っています。

カーミラの権能でレムを見ていたスバルも、危うく「無貌の花嫁」の犠牲になるところでしたが、エキドナが茶会に招待したことで回避できました。

カーミラの過去、魔女となった理由

寒村の平凡な村娘として家族、村の人々、許嫁から愛される

カーミラは元々は普通の少女で、寒村の平凡な村娘として生活をしていました。

他の村娘と同じように、定められて許嫁がおり、その村で一生を過ごすという人生が、本来のカーミラの人生でした。

一つ違う点があるとすれば、家族にも、許嫁にも、村の人々にもカーミラは愛されていたということです。

権力者がカーミラを欲し、村が挙兵して打倒する

寒村の領地を治めていた領主がカーミラを見初め、強引に自分のものにした所から、歯車が狂い始めます。

奪われたカーミラを奪い返そうと、許嫁を首魁として村の人々が軍団を編成します。

そして、領主を撃退してカーミラを奪い返しました。

許嫁が率いる一団の戦火は周辺国へと広がっていく

カーミラを奪い返した後も、軍団の炎は収まらず、寒村のあった小国、その周辺国、さらには大国までも炎に包み込みます。

そして、ついには大国を滅ぼし、その城で許嫁はカーミラに愛を誓います。

しかし、許嫁の目にも、家族、村人、軍団、国の人々、誰の目にもカーミラ自身は映っておらず、全員が幻想・理想をカーミラに見ていました。

全てを捨てて失った愛を求めて彷徨う

自分が愛を失っていたことに気付いたカーミラは、全てを捨てて領地を出ていきます。

しかし、カーミラが行く先々でもまた、全ての人がカーミラを愛し、その愛ゆえに滅んでいきました。

カーミラに関する考察、ネタバレ

カーミラが口にした「借りっ放し」の意味は?

カーミラがスバルを「無貌の花嫁」で救い出した理由の一つとして、「借りっ放しは絶対に嫌」と挙げています。

カーミラがスバルに借りているものはないため、カーミラが借りていた相手とは、スバルを庇護している者、つまりサテラであると考えることができます。

これは400年前の魔女全員に共通しており、全員がサテラに救われた旨の発言をしています。

「愛」の存在を否定させない理由

また、スバルが「愛」から目を背けていたことにも腹を立てており、存在する愛を否定させないと怒っています。

これは、かつてカーミラが経験した愛の喪失体験から出てきている言葉だと思われます。

確かに存在したはずの愛を求めてカーミラは放浪したため、存在している愛を否定することは、自分ではないとしても許すことができないのでしょう。

カーミラのストーリー・主な活躍

第四章「永遠の契約」編のカーミラ

二度目の試練に発狂したスバルを救うために権能を使う

聖域の二つ目の試練「ありうべからざるいまをみろ」で、発狂寸前になってしまったスバルを救うため、エキドナに頼まれ、カーミラは「無貌の花嫁」をスバルに対して使います。

スバルはカーミラをレムだと思い込みますが、レムの最も根幹の部分が違えたことで、偽物だと見破られてしまい、スバルに怒鳴られることとなってしまいます。

その後、スバルと共に「夢の城」に戻りますが、エキドナが嘘をついたとプンプンしました。

自分を騙したエキドナに対して敵愾心を向ける

エキドナとスバルが契約を交わそうとした場面で、ミネルヴァの次に登場し、エキドナの話したことは「本当だけど全てではない」とスバルの味方につきます。

エキドナは、カーミラにスバルの味方をする理由を聞きますが、カーミラは、エキドナが「自分を騙した」と言い、そのことを「絶対に許さない」と攻撃的になりました。

しかし、直後にサテラが現れたため、自分が傷付けられることがないように距離を取ります。

権能を用いてスバルをもう一度助ける

サテラの登場で混乱の極地に陥ったスバルに対して、「無貌の花嫁」を使い、もう一度救い出します。

この行為の説明として、「存在する愛を否定させない」、「借りっ放しは絶対に嫌」の二点を挙げています。

スバルが元の世界に戻る際には、他の魔女達の輪の中に戻ってきました。

カーミラまとめ

誰もがカーミラを愛し、滅んでいくという壮絶な過去が明らかになったカーミラ。

聖域でスバルを救った際に、エキドナに理由を問われて「借りっ放しは絶対に嫌」と発言しています。

これは、他の魔女同様、サテラに対して助けられた過去があると示唆されており、400年前の出来事が明らかになれば、カーミラがサテラに感じていた「借り」の内容も明確になるでしょう。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!