Re:ゼロから始める異世界生活

【リゼロ】コレットとは?魔女と疑われた過去とオメガとの出会い

「Re:ゼロから始める異世界生活(リゼロ)」のコレットのまとめページです。

聖域から出たオメガの命を偶然にも救うことになったコレット。コレット自身も故郷の村人から「魔女」と忌み嫌われており、友人のパルミラと共に、オメガの道中に同行することとなります。

オメガがロズワールやベアトリスと再会する際、コレットも本編に登場するかもしれません。

『リゼロ』コレットの基本プロフィール

名前コレット
生活環境故郷の村の近くの川のほとりにある小屋の中で一人で生活
友人パルミラ
年齢十二、三歳
ミーティア「獣護輪」
信条「一歩一歩、着実に前進」

『リゼロ』コレットの立場&役割、目的

水に流されてきた瀕死のオメガを救う

コレットは故郷の村から「魔女」と恐れられ、村の近くの川のほとりに建てた小屋の中で、たった一人で生活をしていた少女です。

足を滑らせて氷季の川に流されていたオメガの命を救い、本物の『魔女』と出会います。

『リゼロ』コレットの性格・人物像

前向きで親切

コレットの幼少期は悲劇に溢れており、幼い頃に両親を亡くしてしまいます。

預けられた先の親類の家でも惨劇が起き、それを繰り返すうちに、村から「魔女」と忌み嫌われ、追い出されてしまいました。

それでもコレットは前向きに、学んでいた生活方法を活かして一人で生きていました。

オメガが氷季の川から流れてきた時には、素早く救い出し、オメガが回復するように丁寧に身の回りの世話をします。

孤独を内に秘めるタイプ

能天気に見えるコレットですが、激情を胸の内に秘めるタイプでもあります。

村から「魔女」と罵られて追い出され、たった十二歳の少女が何も思わないはずがありません。

コレットも例外ではなく、それなら本物の「魔女」になってやろうと、400年前に起きた出来事と同様に「生け贄」を捧げ始めていました。

『リゼロ』コレットのセリフ・口癖

それでね、ここからが相談なんだけど……オメガちゃん、一人で大丈夫?

わたし、新しいことばっかりで、毎日とってもとっても楽しいのよ!

『リゼロ』コレットの強さ、能力

ミーティア「獣守輪」で知らない内に周囲を傷付ける

コレットは両親の形見としてミーティア「獣護輪」をつけています。

「獣護輪」を正しく扱えなかったことで、これまで周囲に悲劇をもたらしてしまいました。

「獣護輪」は、エキドナが過去に作ったもので、「非力な者が危機を脱するために使う」ことが本来の目的です。

「獣護輪」を使うことで、一時的にマナが多く取り込まれて身体が強化され、危機を脱する力を得ることができます。

ただし、発動中は意識が獣レベルまで落ちてしまうので、使う場面を選ぶことが必要なものでした。

『リゼロ』コレットのストーリー・主な活躍

短編集6「魔女のアフターパーティー 魔女の条件」

コレットが足を滑らせて流れてきたオメガを救う

十二歳の少女「コレット」は、一人で川沿いにある小屋の中で生活していました。ある日、足を滑らせて氷季の川に落ち、寒さで身動き一つ取れなくなったオメガが流れてきて、驚きながらも丁寧に助けます。

暫く二人で生活をしていく内に、オメガは回復して出歩けようになりました。オメガは時折、コレットに魔法を見せたり、豊富な知識を披露し、コレットはオメガが本物の『魔女』であることを知りました。

コレットは、オメガを泊める代わりに400年前の話を聞かせて欲しいとお願いし、オメガも快く受け入れ、暫く滞在することを決めます。

オメガがコレットの腕輪に注目する

オメガは、コレットの持つ銀色の腕輪に注目します。腕輪は「とと様とかか様の形見」であり、村の外に出て行く仕事をしていた両親が、コレットのために持ち帰ったものだと話しました。

生活力のある理由を聞かれると、両親が外に出ている間はとと様の妹、おば様の家に預けられており、そこで家事全般の作法、生活の基礎を学んだのだと話します。

また、両親を亡くした後は、早くから大人の仕事の手伝いをしており、それらの経験から、野兎の捕獲や調理も得意なのだと誇ります。

魔女と判明したオメガが森の東側へ向かいパルミラと出会う

森の東側に向かったオメガは、パルミラと出会い、『獣』に襲われる前に早く出ていった方が良いと助言されます。

オメガは助言内容をコレットに相談しますが、コレットは慌てて、オメガに対して「出ていかないよね?」と聞きます。

しかし、すぐにオメガを引き止めることはできないと考え直し、自分を諌めるようにして眠りにつきました。

オメガが寝ている隙に魔晶石を奪って「魔女」になろうとする

その晩、コレットはオメガの持つ魔晶石を取り、一人外套を纏って森の東側へと向かいました。

そこには夥しい数の生け贄が捧げられており、オメガが現れると、正気を失い『獣』となったコレットは襲いかかってしまいます。

コレットは風のような素早い動きでオメガに迫りますが、オメガの土魔法を前に完封されました。

パルミラに助けられ、オメガがコレットの腕輪を外すと、そのまま寝息を立てて寝てしまいます。

出発するオメガにパルミラと共に同行することになる

翌日、コレットはパルミラと共に、小屋を出て行こうとするオメガに声をかけます。

コレットは「オメガちゃん、一人で大丈夫?」とオメガを心配する一方で、村の人々に「魔女の友達」と知られてしまったから、ここにもいれなくなったと話します。

オメガが二人の同行を受け入れると、大喜びし、パルミラと共にオメガの旅に同行することになりました。

リゼロ外伝「魔女のアフターパーティー/One Wild Night」のコレット

「獣護輪」で吹雪の中から教会を見つける

グステコの吹雪の中で遭難し、コレットは雪に埋まったオメガをパルミラと共に救出、巡回聖教師のライサに助けられた後、一同は吹雪から逃れるため、近くにあるとされる教会へと向かいます。

オメガ、パルミラよりも体力があるコレットは先頭を進み、「獣護力」の力で吹雪の中から教会を見つけ出すと、無事に先導の役目を果たして、一同を教会に導きました。

先客達を次々と虜にする

教会には三人の先客がいて、コレットはその純粋さと素直さで、次々と虜にしていきます。

多腕族のアドモンサのナイフ投げの芸に興味津々に迫り、吟遊詩人のマクウィナを尻に敷き、付近の村の衛兵のポドソ、そしてライサにも可愛がられます。

また、アドモンサが元奴隷であり、酷く辛い悲しい思いをしていたことが分かると、自分の過去を思い返してアドモンサの思いに共感します。

そのコレットの共感はアドモンサに救いとなり、真実を共有するきっかけとなりました。

無意識のうちにトレロコを撃退

マクウィナの眠り花で眠らされてしまった後、連続事件の犯人だったトレロコがコレットを狙って忍び寄ります。

しかし、無意識のうちに「獣護輪」の力が発動し、トレロコをあっさりと撃退してしまいます。

コレットは自分が撃退したことを知りませんでしたが、エキドナは、これが本来の獣護輪の使い方だと満足気でした。

その後、教会を出発すると、道の先でライサを発見します。ライサが目的を失ったと話すと、コレットはなら一緒に旅をしようと誘い、ライサもオメガの旅の道連れとなりました。

『リゼロ』コレットまとめ

ミーティアの使い方を間違えてしまったことで、家族や親戚、村の人々にまで被害を与えてしまったコレット。

エキドナが故郷の村の人々を脅かしたことで、魔女の友達と知られてしまい、故郷の村に戻ることができなくなってしまいました。

オメガとの道中でコレットは何と出会い、どうなっていくのか、とても楽しみですね。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!