Re:ゼロから始める異世界生活

【リゼロ】エリオール大森林を解説!エミリアとパックが出会った「氷結の絆」の物語の舞台

リゼロ永久凍土の森 エリオール大森林 「氷結の絆」の舞台

本記事では、エリオール大森林の基本情報とエミリアとの関係、永久凍土となった理由、エミリアが作成した地図と地名など、物語をより楽しめるようになる情報をご紹介していきます。

氷結の絆」で舞台となった場所ですので、劇場版リゼロを観終わった後にぜひ本記事もご覧ください!

『リゼロ』エリオール大森林とは?氷結の絆で登場したエミリアが眠っていた土地

エルフの隠れ里があったエミリアの出身地

エリオール大森林は、幼少期のエミリアがフォルトナ母様やアーチ、ジュースと共に過ごした場所です。

エルフの一族は本来もっと厚遇されるべき立場にあると言及されていましたが、エミリアと封印の扉を守るため、エリオール大森林に隠れ里を作って暮らしていました。

森はマナに満ちており、多くの微精霊がいて、魔鉱石の資源も豊富です。

封印の扉はパンドラが持ち帰る

エリオール大森林に隠されていた「封印の扉」は、虚飾の魔女パンドラによって持ち帰られています。

封印の扉の鍵はこの世で2人しか見ることができないとされ、その内の一人がエミリアだと明かされています。

パンドラはエミリアとの再会を確信しているため、王選を進めていく内に、封印の扉を求める状況が生まれてくると予想されます。

マナに満ちており魔石資源が豊富

エリオール大森林はマナに満ちており、微精霊も多く、魔石資源も豊富な自然環境です。

魔石は、最初は「輝石」と呼ばれる原石で、輝石にマナが溜まっていくことで魔石に変わります。

また、魔石を中心にさらに輝石が生まれるので、放っておくとエリオール大森林ではどんどん魔石が増殖していくという仕組みになっています。

ルグニカ王国北東部に位置

エリオール大森林の位置は、ルグニカ王国北東部です。

森の北東に位置する鉱山都市ガナクスでは、聖グステコ王国の人材も入ってきていたため、ルグニカとグステコの国境沿いに近いと考えられます。

周辺に集落や鉱山都市ガナクスがある

周辺には四、五十人ほどの集落や、ルグニカの「六大都市」として数えられた鉱山都市ガナクスがあります。

ガナクスは魔石の採掘や加工で発展した都市でもあり、エリオール大森林の魔石資源を活用していた可能性が高いです。

メイザース家が代々管理

メイザース家は西方辺境伯ですが、ルグニカの北東に位置するエリオール大森林の管理者でもありました。

メイザースがエリオール大森林となった経緯は不明ですが、ロズワールの思惑が絡んでいることは間違いないでしょう。

エミリアによって永久凍土の土地となる

エミリアが幼少期の頃は、エリオール大森林は緑の豊かな土地でした。

墓所の試練のエミリアの過去で描かれたように、虚飾の魔女パンドラに率いられた魔女教の襲撃により、エミリアが体内のマナを暴走させ、周囲を永久凍土と変えてしまいます。

世間的にはパックの仕業と捉えられている

森を凍土に変えたのはエミリアですが、世間ではエリオール大森林の異常気象は精霊によるものと考えられています。

大精霊の機嫌を損ねたら滅びに繋がると考えられているため、エミリアが眠っている間も、エリオール大森林は誰にも脅かされることはありませんでした。

また、パックは「永久凍土の終焉の獣」と呼ばれており、エリオール大森林を凍土に変えた大精霊と誤解されています。

黒蛇の呪いの残滓も残る

パンドラはエリオール大森林に黒蛇も連れてきていましたが、黒蛇の呪いの残滓は氷の下に残っています。

氷結の絆」では、北部の湖に沈んでいた呪いの残滓をメラクェラが呼び起こし、エミリアが禁忌の力を使わないかを試す道具として使われました。

エミリアは、氷を溶かす以外にも、森全土に広がったと考えられる黒蛇の呪いの問題も解決する必要があります。

『リゼロ』エミリアの願いは叶う?エリオール大森林の永久凍土を溶かす方法

エミリアは、自分のせいで氷像にしてしまったエルフの仲間達を助けたいと考えており、その方法があるとロズワールに提案されたため、王選に参加しています。

王城に保管されている「龍の血」が必要

エリオール大森林の永久凍土を溶かすためには、ルグニカ王城に保管されている「龍の血」が必要となります。

リゼロ世界にはいくつかの「龍の血」が存在し、王城に保管されている龍の血は、ボルカニカが盟約の証として授けた「心血」であるため、最も効果が大きく貴重です。

森の凍土は、ボルカニカの神龍の血でも溶かすことができず、現状凍土を溶かす手段は王城保管の龍の血のみとなっています。

『リゼロ』エミリアが作ったエリオール大森林の地図の名所

氷から目覚めたエミリアは、主にエリオール大森林の東側で生活しており、居住地区と氷像達がいるエリアを合わせて「」と呼んでいました。

氷像の場所を管理するために、エリオール大森林の地図の作成に着手し、独自のネーミングセンスで森の各所に名前をつけています。

『うっかり雪道』

うっかり雪道』は、一見整理されたように見える通りですが、エリオール大森林の主である魔獣「雪荒らし」のテリトーリーであり、うっかり通っているとボス的魔獣に襲われます。

「氷結の絆」ではチャップが部下を連れて通ったため、「雪荒らし」の襲撃に遭いました。

『よぼよぼ密林』

よぼよぼ密林』は、古木ばかりが集まった場所で、魔鉱石資源が豊富にあるエリアです。

エミリアは輝石を採取して、近くの集落で食糧や靴などの生活物資を入手しており、このエリアの魔石資源を見つけて喜んでいました。

『うねうね森』

うねうね森』は、エミリアが生活物資を手に入れていた集落に繋がるうねうねした道です。

チャップの悪巧みによって、村がエミリアを拒絶してしまうと、エミリアはこの道をもう二度と通ることはないだろうと悲しい思いをしながら進みました。

また、ロズワールとパックの戦いによって焼け野原となってしまい、エミリアの中では「イガイガ焼け野原」に改名されています。

ただし、ロズワールがもらった地図の方には変更が加えられていないと思われますので、地図には『うねうね森』と記載されていそうです。

『かちかち密林』

かちかち密林』は、北部の凍った太い木々が集まる密林地帯です。

エミリアがギルティラウを発見し、黒蛇の呪いの残滓と遭遇したのはこのエリアだと思われます。

『とげとげ林』

とげとげ林』は北西部の針葉樹林帯で、マナの濃度が濃いエリアです。

頻繁にマナ嵐が発生していた跡があり、地形には多くの窪みが見られました。

南部はパックとメラクェラの激突で更地となる

また、エリオール大森林の南部は、パックとメラクェラの衝突によって更地となり、森は消失してしまっています。

北部に大きな湖がある

北部には大きな湖があり、湖底には黒蛇の呪いの残滓が残っていました。

メラクェラが呪いの残滓を呼び起こしたため、エミリアが危機に陥り、体内の禁忌の力を使った場所でもあります。

パックとメラクェラが激突した場所でもあるため、この辺りは消滅したものと思われます。

エミリアの第二の試練の湖の可能性が高い

また、エミリアの聖域の第二の試練で登場した湖は、この北部の湖である可能性が高そうです。

森の東部の隠れ里でジュースを迎えた後、エミリアとフォルトナ、ジュースは北部にまで歩いて湖畔でピクニックをしていたのだと思われます。

『リゼロ』エリオール大森林周辺の集落・都市

鉱山都市ガナクス

鉱山都市ガナクスは、魔石採掘事業と歓楽街によって大きな発展を遂げた都市です。

しかし、この都市はスバル転生時点で既に滅んでいる可能性が高いです。

ガナクスはルグニカの「六大都市」と表現されていましたが、スバル転生時点では「五大都市」と一つ数が減っています。

また、パックとメラクェラの衝突が遠因で都市が滅んだ過去があると言及されていることから、これはガナクスの滅びを示唆していると思われます。

「うねうね森」の先の集落

エリオール大森林の周辺には集落があり、エミリアが主に訪れていたのが「うねうね森」の先にある集落です。

この集落は四、五十人ほどが生活しており、村の様子から見てあまり裕福ではありませんでしたが、村の交換所でエミリアは輝石との物々交換で食糧や靴などの生活物資をもらっていました。

また、エミリアは森の中に入ってきた人を危険から遠ざけるために追い返しており、その時に残された荷物をこの集落の交換所に寄贈しています。

森の西側にも集落

「うねうね森」の先の集落が、エミリアを「氷結の魔女」と恐れて遠ざけた後、エミリアは森の周囲を探索し、西側にも集落があることを発見しました。

それ以降、エミリアは森の東側にある自宅から西側の集落に、生活物資を得るための物物交換へ向かうこととなります。

『リゼロ』エリオール大森林に生息していた魔獣

ギルティラウ

ギルティラウは、エリオール大森林北部に登場し、エミリアに向かっていた黒蛇の呪いの残滓と激突しました。

ギルティラウの先制攻撃によって、丸い球形をしていた呪いの残滓は飛び散りましたが、粘性のある液体のような存在であったため無傷であり、そのままギルティラウを飲み込んでいます。

魔獣オルトロス

魔獣オルトロスは、チャップがエミリア対策に連れてきた双頭の犬の頭を持った魔獣です。

体調4mもある巨躯と鋭い鍵爪のついた前足、牙を持っていましたが、「うっかり雪道」で暴れてしまったことで森の北部の主である「雪荒らし」を呼んでしまい、敗北することとなりました。

雪荒らし

雪荒らし」は、エリオール大森林北部の主として存在していた強力な魔獣です。

「うっかり雪道」でチャップ、魔獣オルトロス、エミリアが暴れたために登場し、一瞬で魔獣オルトロスとチャップの手下を撃退しました。

また、エミリアも追い込みますが、エミリアが禁忌の力とした体内のマナを発動させたことで、雪荒らしは敗北します。

『リゼロ』エリオール大森林まとめ

エリオール大森林は、エミリアの出発の場所であり、目標の場所でもあるエリアです。

聖域の墓所の試練で初登場し、劇場版「氷結の絆」では物語の舞台となりました。

エミリアの目標がエリオール大森林に眠るエルフの仲間達を目覚めさせることであるため、物語の終盤にも再び舞台となることでしょう!

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!