Re:ゼロから始める異世界生活

リゼロ世界の騎士とは?騎士の人数、種類、近衛騎士団と関係者一覧まとめ

本記事では、リゼロのルグニカ王国における騎士について、騎士の構成人数と種類、歴史、騎士団に関連する出来事、近衛騎士団と関係者の一覧まとめをご紹介します。

近衛騎士団の団長、副団長は誰だっけ?ヴィルヘルムさんは関係ないの?とお考えの方は参考にしてみてください。

ルグニカ王国の騎士とは?

リゼロの世界は一つの大陸となっており、その中に四つの国家があります。

このうち、「騎士」と呼ばれる存在を抱えているのはルグニカ王国のみです。

ルグニカ王国の騎士の全体像を理解するために、人数や編成についてまず確認していきましょう。

騎士の人数

ルグニカ王国の騎士の人数は、全体で「2,000人」程度です。

これは、短編「三馬鹿が行く!土蜘蛛編」で、パッペルトの街に派遣されていた騎士ブンガムが発言しています。

騎士は、ルグニカ王国民として憧れの視線を向けられる立場であるともされ、王国の子供達は騎士に憧れていることだろうと想像できます。

騎士の種類

ルグニカ王国の騎士団は、主に5種類に分類されます。

最も有名なのが、ラインハルトやユリウスが所属する「近衛騎士団」ですが、それ以外にも4種類の騎士団が編成されており、マントの色で所属が分かるようになっています。

近衛騎士団

近衛騎士団は、騎士の中でも精鋭だけが所属することを許される最上の騎士団です。

任務は、主に国王・王族の警護ですが、国の大事に関わる活動には近衛騎士団が使われることが多いです。

ビーン・アーガイルに接近していたヴォラキア帝国のスパイを逃がさないため、当時の王族フーリエは、ラインハルトに指示をして国境沿いに配備していました。

また、近衛騎士団は、かつて家柄や後ろ盾が重要だった時期もありますが、近年マーコスが団長になってからは、実力主義の色合いが濃くなっており、それ故王国騎士団の中でも最も精強な部隊となっています。

その他は四軍編成

近衛騎士団以外にも、ルグニカ王国には四種類の騎士団が存在しており、それぞれマントの色で下記のように所属が分かれます。

  • 近衛騎士団:白
  • 第一軍:赤
  • 第二軍:青
  • 第三軍:緑
  • 第四軍:黒

軍団には序列があり、食堂の座席一つとっても、入り口に近い方が第四軍、遠い席の方が位階が高くなり、最も高いのが近衛騎士団という形になります。

特にルールはありませんが、座席の区分を超える者はおらず、団員同士も同じ所属で仲良くなることがほとんどです。

前近衛騎士団団長はヴィルヘルム・ヴァン・アストレア

マーコスが団長となる前は、ヴィルヘルムさんが近衛騎士団の団長を務めていました。

しかし、王弟のご息女誘拐事件、白鯨大征伐によるテレシア死亡事件により、王国とヴィルヘルムの関係が悪化し、近衛騎士団は解体されることになってしまいます。

その直前でマーコスが引き継ぎ、立て直したのが現在の近衛騎士団です。

ルグニカ王国近衛騎士団の団員

ここからは、現在判明している近衛騎士団の団員についてご紹介していきます。

近衛騎士団全体で何名いるのかは不明ですが、玉座の間に並んでいた人数や、王族警護にかかる人数から考えても、50~100人程度の少数精鋭の軍団なのではないかと思われます。

マーコス・ギルダーク(団長)

近衛騎士団の団長を務めているのは、マーコス・ギルダークです。

歴戦の勇士でもあり、ロズワールやラッセルとも顔見知りなど、意外にも広い交友関係があります。

公の場では騎士然としていますが、団員の前では粗暴な言葉遣いになるなど、「やんちゃな少年が騎士に憧れ騎士になった」ような存在だと思われます。

ハインケル・アストレア(副団長)

近衛騎士団の副団長は、ラインハルトの父でもあるハインケル・アストレアです。

幼少の頃は誰より誠実に剣と向き合ったと描写されたハインケルですが、剣には才能がなく、妻が眠り姫となり、母を自分のせいで死なせるなど、様々な不運に見舞われたことで歪な人格が形成されます。

幼少期のラインハルトはハインケルの傀儡のように過ごした時期があり、ラインハルトの造反を恐れ、王国はハインケルを副団長に据えてご機嫌とりをしています。

近衛騎士団の誰もがこの人事には不服を思っており、ハインケルが仕事をしているのを見た人間は一人もいません。

ユリウス・ユークリウス(最優の騎士)

ユリウス・ユークリウスは、「最優の騎士」と称される近衛騎士団の実質No.2です。

王選ではアナスタシア・ホーシンの一の騎士を務めており、たゆまぬ努力によって、六つの属性を融合させた「虹色」のマナを扱うことができます。

六色の準精霊と契約しており、自称「精霊騎士」としてその戦力は非常に強力です。

ラインハルト・ヴァン・アストレア(騎士の中の騎士)

ラインハルト・ヴァン・アストレアは、剣聖の家系「アストレア家」において当代剣聖を務める「騎士の中の騎士」です。

作者公認のチートキャラであり、作中最強の男として認められています。

好きな加護を好きな時に授けてもらえるなど意味不明な特殊能力もあり、1回しか使えない不死鳥の加護を永遠に使えるなど、一般的な倒し方がありません。

フェリックス・アーガイル(「青」の騎士)

フェリックス・アーガイル、通称フェリスは、ルグニカ王国の水魔法の使い手の頂点である「青」の称号を受けた騎士です。

クルシュ・カルステンの一の騎士を務めており、近衛騎士団には、クルシュの一の騎士となるため、箔をつけるためにフーリエ殿下とクルシュの推薦により、期間限定で入団したという経緯があります。

加護の力により「水魔法」の極致まで極めることが可能となっており、「死なない限りは何とでもしてあげる」と、その治癒魔法には絶対の自信を持っています。

また、猫耳の男の娘です。

ルグニカ王国騎士団の団員

近衛騎士団以外にも、ルグニカ王国には2,000名の騎士が存在します。

ネームドのキャラクターは多くはありませんが、現在明らかになっている騎士をご紹介します。

ギリアン・エンデュミオン

「ギリアン・エンデュミオン」は、ライプ・バーリエルによって、自分の都合良く動かせる手駒として、プリシラの騎士となる予定だった騎士です。

アルが武闘大会を通じてプリシラに騎士に選ばれた後、ライプの手筈でバーリエル領にやってきました。

貴族エンデュミオン家の三男で、剣才があり、武名を高めるため家を出たという話になっています。

アルがライプを廃人にしてプリシラの前に現れた際、アルに対して剣を抜き、プリシラがギリアンを一刀両断しています。

ブンガム・イースタン

「ブンガム・イースタン」は、「三馬鹿が行く!土蜘蛛編」で登場した騎士です。

背丈は低く、精悍な顔つきで、年齢は若いという特徴を持った青年だと描かれています。

主であり、パッペルト領主でもあるセルレイン卿から派遣され、街に土蜘蛛退治に来ていました。

スバル達がパッペルトの街に到着した際には、マローネに対して不自然に厳しく当たる一面がありましたが、これはマローネを町の人から守るため、わざと辛く当たり、味方の出現を待っていたとのことで、オットーですら騙されていました。

ナツキ・スバル(エミリアの一の騎士)

ナツキ・スバルも、聖域解放後、ミロード家で正式な騎士叙勲が行われます。

所属する騎士団などはまだなく、エミリアの「一の騎士」として、エミリアだけに仕える騎士として動いています。

ブンガムにも名前が知れ渡っていたことから、やはり王候補の「一の騎士」は相当に位階が高いものだと考えられます。

ルグニカ王国騎士団まとめ

亜人戦後が終了した後、ヴィルヘルムさんによって率いられてきた近衛騎士団ですが、王弟ご息女誘拐事件によって解体され、今は新しい実力主義の軍団としてマーコスが率いています。

マーコスはロズワール、ラッセルとも古い縁を持っており、ルグニカ王都に危機が及んだ際には、近衛騎士団とロズワール、商人・裏路地のチンピラ勢が協力して立ち向かう場面もありそうですね!期待です!

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!