Re:ゼロから始める異世界生活

【リゼロ】マイルズとは?灼熱公に仕えたヴォラキア帝国の飛龍使い

リゼロ 飛龍使い マイルズ バルロイの兄貴分だった男

「リゼロ」マイルズは、灼熱公セリーナ・ドラクロイ上級伯に仕えた飛龍使いです。

バルロイ・テメグリフとの関係性、プリシラから受けていた忠告、ラインハルトに撃墜された最後など、リゼロのマイルズを詳しくご紹介します。

『リゼロ』マイルズの基本プロフィール

名前マイルズ
立場・セリーナ・ドラクロイ伯爵の従者
・バルロイの義兄
特徴・飛龍使い
・小男
・マイルズから慕われている
・目端が利く
・バルロイと二人で「飛龍船」を動かせる

『リゼロ』マイルズとは?目端の利く貴重な飛龍使い

ヴォラキア帝国の貴重な「飛龍使い」

マイルズは、秘伝「飛龍操り」を使うことのできる飛龍使いです。

ヴォラキア帝国の中でも「飛龍使い」は100人にも満たない貴重な人材であり、後に九神将となるバルロイ・テメグリフに秘伝の飛龍操りを教えた人物でもありました。

「九神将」バルロイ・テメグリフの義兄

幼いバルロイを拾っており、「飛龍使い」としての教育と生き方を教えます。

バルロイもマイルズを「兄」と深く慕っており、戦闘能力や飛龍使いの才能はバルロイがずば抜けていたものの、生涯マイルズに対する深い敬愛は変わることがありませんでした。

マイルズがラインハルトに撃退された後、仇を討つために機会を待ちます。

「灼熱公」セリーナ・ドラクロイの従者・使者

マイルズは、「灼熱公」の異名で知られるセリーナ・ドラクロイ上級伯の従者でもあります。

セリーナからは「目端が利く」と評されており、暴走しがちなバルロイを抑えるブレーキ役でもありました。

ルグニカ王国への潜入に関しては、恐らくセリーナの指示のもとで動いていたと思われます。

『リゼロ』マイルズの性格・人物像

目端が利きバルロイをカバーする存在

マイルズは、義弟であるバルロイ・テメグリフは、後に九神将となる程に有能な武将ですが、若さゆえの無謀さや無知さを兼ね備えた人物でもありました。

そのため、バルロイの行動をマイルズが常日頃からフォローしており、生き方を教えてくれた恩人でもあるマイルズに、バルロイは頭が上がらない状態が続いています。

常識的な価値観を持ち剣奴孤島にも嫌悪感を示す

マイルズはヴォラキア帝国の人物としては珍しく、常識的な倫理観を持っている人物でもあります。

剣奴孤島ギヌンハイブの決闘を観覧している際には、露悪的な趣味だと嫌悪感を示すほどでした。

『リゼロ』マイルズのセリフ・口癖

馬鹿か、バル坊!ペンダルトン伯に子どもはいねえ!

『リゼロ』マイルズはどうなる?残された伏線の考察と最期

バルロイが「不死王の秘蹟」を求めたのはなぜ?

マイルズは出世を求める帝国民らしい人物であり、出世を約束にルグニカ王国に潜入し、不死王の秘蹟の写しを持って帝国へ凱旋する途中でラインハルトに撃墜されて最期を迎えています。

任務に向かう際には弟子であるバルロイから危険性を指摘されて止められておりましたが、マイルズは出世という望みを得るために、静止を振り切ってルグニカに向かっていたのでした。

また、自らの価値観の固執することで自らの身を危険に晒すことは、かつてプリシラから忠告を受けていた内容のままでした。

『リゼロ』マイルズの主な活躍

リゼロ外伝「赫炎の剣狼」マイルズの活躍

セリーナの使者としてジョラー伯を剣奴孤島に招待

マイルズは、バルロイと共にセリーナ・ドラクロイ上級伯の使者としてジョラー・ペンダルトン伯の邸を訪れ、剣奴孤島ギヌンハイブへの招待の手紙を渡します。

プリシラの意思によって、ジョラーの剣奴孤島行きが決まると、バルロイと共に非常に珍しい「飛龍船」を稼働させ、剣奴孤島へと空の旅で案内しました。

ウビルクによる剣奴革命が始まった後は、500人もの剣奴相手に挑もうとしたバルロイを機転をきかせて止めています。

リゼロ外伝「狼の国」のマイルズの活躍

バルロイと共に山賊の拠点からプリシラを救出

剣奴孤島から戻り、ジョラー・ペンダルトン伯が国家反逆罪で処分されると、マイルズはセリーナの命を受けてバルロイと共にプリシラ救出に動きます。

マイルズは知恵を絞ってプリシラの居所を探し当てると、バルロイが山賊の拠点からプリシラを救い出し、セリーナの元へと案内しました。

リゼロEX「獅子王の見た夢」のマイルズの活躍

奴隷商人としてビーン・アーガイルに近付く

出世を餌にルグニカに伝わる「不死王の秘蹟」の術書の写しを求められたマイルズは、奴隷商人に紛争してルグニカに潜入し、フェリスの父であるビーン・アーガイルに接触します。

マイルズはビーンの実験に用いる肉体を届けるコネクションを作って接近すると、不死王の秘蹟の写しを手に入れることに成功、フェリスやクルシュ、ユリウスが踏み込んでくる事態となりますが、マイルズだけは一足早く脱出し、飛龍でヴォラキア帝国へと帰還していきました。

国境付近でラインハルトに撃墜される

しかし、ヴォラキア帝国国境付近にきたタイミングでラインハルトが登場、生身で空に浮かんでいたラインハルトに撃墜され、マイルズは不死王の秘蹟の写しを渡すことができないまま、最期を迎えることとなりました。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
関連記事
error: Content is protected !!