転スラ

【転生したらスライムだった件】アニメを完全無料で視聴する方法と2期・1期のあらすじ

大人気アニメ「転生したらスライムだった件(通称「転スラ」)」は2018年10月に第一期アニメが放映され、2021年1月より第二期アニメと「転スラ日記」が9ヶ月連続放送されました。

本記事では、アニメ「転生したらスライムだった件」を完全無料で全話視聴できる動画配信サービスの調査結果をご紹介します。

結論を先にお伝えすると、二期放送中は先行配信されている「dアニメストア」、放送後は「U-NEXT」がおすすめです。

dアニメストアでは、他の動画配信サービスよりも一週間早く配信されますので、転スラアニメの最新話をタイムリーに楽しむことができます。

「転生したらスライムだった件」のアニメ2期の基本情報

放送期間第1部:2021年1月~3月
第2部:2021年7月~10月
話数25話
監督菊地康仁さん
制作会社エイトビットさん
主要人物と声優さんリムル  :岡咲美保さん |大賢者  :豊口めぐみさん
ヴェルドラ:前野智昭さん |ベニマル :古川 慎さん
シュナ  :千本木彩花さん|シオン  :M・A・Oさん
ソウエイ :江口拓也さん |ハクロウ :大塚芳忠さん
リグルド :山本兼平さん |ゴブタ  :泊 明日菜さん
ランガ  :小林親弘さん |ゲルド  :山口太郎さん
ガビル  :福島 潤さん |トレイニー:田中理恵さん
ミリム  :日高里菜さん |ラミリス :春野 杏さん
ディアブロ:櫻井孝宏さん
公式リンク公式サイト
Twitter
Instagram
放送局TOKYO MX:毎週火曜日23:00~
MBS::毎週火曜日27:30~
BS11:毎週火曜日23:30~
テレビ愛知:毎週火曜日26:05~
テレビ北海道:毎週火曜日25:35~
TVQ九州放送:毎週火曜日27:05~
とちぎテレビ:毎週火曜日24:00~
群馬テレビ:毎週火曜日24:30~
テレビユー福島:毎週金曜日25:55~
AT-X:毎週水曜日21:30~
アニマックス:毎週土曜日21:00~
配信サービスdアニメストア:毎週水曜正午(先行配信)
Amazonプライムビデオ:毎週水曜正午
アニメ放題:毎週水曜正午
ABEMA(有料会員):毎週水曜正午
FODプレミアム:毎週水曜正午
J:COMオンデマンド:毎週水曜正午
TELASA:毎週水曜正午
dTV:毎週水曜正午
Netflix:毎週水曜正午
バンダイチャンネル:毎週水曜正午
ひかりTV:毎週水曜正午
Hulu:毎週水曜正午
milplus:毎週水曜正午
U-NEXT:毎週水曜正午
主題歌OP:「Like Flames」MindaRyn
ED:「Reincarnate」寺島拓篤

転スラアニメ2期のあらすじ

24.9話「閑話:ヒナタ・サカグチ」

24.9話では、第一期の内容の振り返りが行われ、リムルが異世界転生してからヴェルドラと出会い、テンペストを建国、カリュブディスを撃破し、イングラシア王国でシズさんの心残りの子供達を救うまでの物語が描かれました。順調な異世界生活をリムルが過ごす中、同じ異世界人であり、シズの教え子であった法王直属近衛騎士団筆頭騎士ヒナタ・サカグチに東の商人からの新書が届けられます。

25話「リムルの忙しい日々」

自由学園での教師生活をする傍ら、獣王国ユーラザニアとの使節団の交流が始まり、リムルは一度テンペストに戻り魔王カリオンからの使節団の歓迎の準備をします。ベニマル、リグルド達が使節団として獣王国ユーラザニアへ出発した後、魔王カリオンの三獣士アルビス、スフィア率いる使節団がテンペストに到着しましたが、スライムを主と定めるテンペストを侮り、スフィアとシオン、獣王戦士団末席のグルーシスとヨウムの戦闘が始まってしまいました。

26話「獣王国との交易」

アルビス、スフィアの狙いが明らかになった後、互いの力を認め合ったテンペストとユーラザニアは友誼を結ぶことに成功、歓迎の宴会でアルビス達がテンペストの蒸留酒を気に入ったことを契機に、国交だけでなく交易も開始することとなりました。獣王国との使節団交流が成功に終わった後、リムルは国交を既に結んでいた武装国家ドワルゴンに国賓として招待され、シオン、シュナ、ドワーフ達を連れて向かいますが、その陰では魔王クレイマンが動き出していました。

27話「楽園、再び」

ドワルゴンとの会談後、リムルはテンペストとドワルゴンの二国間友好宣言を行い、夜に約束の地「夜の蝶」でハメを外します。しかし、天然ゴブゾウによりリムルの動向を把握していたシュナ、シオンが店の外で待っており、リムル達は恐怖の時間を味わうこととなりました。一方、魔王クレイマン配下のミュウランは、テンペストを深く探るため、リムルと縁深いヨウムの一団に接触、仲間に加わります。

28話「謀略のファルムス王国」

イングラシア王国自由学園の期末テストが終わり、いよいよリムルがクロエ達の元を去る日が近づく中、テンペスト周辺では西側諸国の大国ファルムス王国、魔王クレイマンを中心に怪しい動きが目立ち始めます。ミュウランがテンペストの潜入に成功、クレイマンの元にミリムが現れ、ファルムス王国では魔物の国テンペストの討伐が会議で決定、西方聖教会の協力も取り付けられ、討伐隊が発出されることとなりました。さらに、三人のスキル持ちの異世界人が先遣隊としてテンペストに向かうこととなります。

29話「災厄の前奏曲」

ミュウランとヨウムが恋仲になりかける頃、魔王クレイマンからの連絡がミュウランに入り、ミュウランは自分に自由がないことを見せつけられます。また、魔水晶を通じてアルビスから連絡が入り、獣王国と魔王ミリムの戦いが始まると知り、テンペストの幹部陣にも動揺が走りました。さらに、ファルムス王国の先遣隊がテンペストに到着、ゴブゾウを相手に騒ぎを起こして戦闘に発展すると、シオン、シュナ、ゴブタ、ハクロウが対応しに向かい優勢に戦いを進めますが、ミュウランのアンチマジックエリア、西方聖教会のプリズンフィールドが発動、シオン達は結界の影響を受けて力を発揮できなくなってしまいます。

30話「動き出す麗人」

イングラシア王国の自由学園を去る日が訪れ、リムルはクロエに抗魔の仮面を渡してお別れを告げます。しかし、イングラシアから少し離れた場所で聖騎士団のホーリーフィールドに囚われ、リムルは弱体化した状態でヒナタと対峙、ヒナタの技によって窮地に追い込まれたリムルは「暴食者(グラトニー)」を覚醒させました。

一方、テンペストではスキル持ちの異世界人の襲撃により、ゴブタ、ハクロウが敗北、先遣隊の騎士100名による襲撃も開始され、テンペストは蹂躙されてしまいました。

31話「絶望」

ヒナタによって「暴食者」となったリムルが奥義「霊子崩壊」によって撃破されますが、戦闘開始前にリムル本体は分身体を生成して戦っていたと判明、ヒナタが去った後、リムルとランガは急いでテンペストへ戻ります。テンペストには二つの結界が張られており、中ではファルムス王国先遣隊によって命を落とした仲間達がいました。

ミュウランの処遇を巡ってベニマルとヨウム、グルーシスが争っていましたが、リムルが到着すると話し合いの場がもたれ、ミュウランがクレイマンの配下であることを打ち明けます。

32話「希望」

会談後、ハクロウとゴブタの治療をしたリムルは、シオンがいないことに気付き、シオンやゴブゾウが命を落としたことを知ります。自分の発言に責任を感じ落ち込むリムルでしたが、テンペスト襲撃の一報を聞いてブルムンドから大急ぎでエレン達が到着、エレンが魔導王朝サリオン出身のエルフであり、言い伝えの御伽噺の中に死者蘇生の話があると話します。大賢者からの肯定もあり、希望を抱いたリムルは早速行動を開始しました。

テンペスト被害の主原因がミュウランの結界ではないと分かると、リムルはミュウランの処遇を決め、ヨウムとグルーシスの前でミュウランの擬似心臓を破壊、変わりの心臓を入れてミュウランをクレイマンの支配から解放しました。

33話「全てを賭けて」

テンペスト幹部陣を集めた会議で、リムルは今回の原因となった人間贔屓の理由を説明するため、自分が異世界転生してきた元人間であることを打ち明けます。リムルは人間であることを理由に現在の関係性が壊れることを危惧していましたが、テンペストの魔物達のリムルへの忠誠は一切変わらず、より一層強い団結を得ました。

シオン達の蘇生を実現するためには大量の人間の魂が必要になるため、ファルムス王国軍にはリムルが単独で向かい、幹部陣はテンペストにホーリーフィールドを仕掛けている四つの拠点の襲撃に向かいます。

34話「神之怒」

最も手厚い西側の拠点以外は、テンペスト幹部陣によって一瞬で壊滅、西側を守る異世界人もキョウヤはハクロウに格の違いを見せつけられ敗北、ショウゴもゲルドに圧倒されます。ショウゴはファルムス王国の守護者「叡智の魔人」ラーゼンに救出されますが、心が折れたショウゴをみたラーゼンは、憑依転生を用いてショウゴの体を奪い取りました。

ファルムス王国軍に到着したリムルは、誰一人逃さないために結界を展開、内部の魔法使用を封じます。そして物理魔法「神之怒(メギド)」を発動し、ファルムス王国軍の殲滅を始めました。

35話「魔王誕生」

国王エドマリス、西方聖教会司祭レイヒム以外を「心無者」で全滅させたリムルは、覚醒魔王への進化が始まり、「魔王への進化(ハーヴェストフェスティバル)」が開始されます。急激な眠りに落ちる直前、リムルは一人死んだふりをしている存在がいることを察知、この人物を捕獲するために悪魔召喚を発動、捕獲とテンペストへの連行を命じました。

ランガによってテンペストへ運ばれたリムルは、覚醒進化の中で究極能力「智慧之王(ラファエル)」「暴食之王(ベルゼビュート)」の獲得に成功、系譜の魔物が祝福を受けて眠りにつく中、ラファエルが反魂の術と死者蘇生を実行、シオンやゴブゾウなどテンペストの被害者全員を蘇生させました。

36話「解き放たれし者」

リムルが進化の眠りから目覚め、全員の復活と無事にテンペストが湧き上がる頃、獣王国ユーラザニアでは魔王カリオンと魔王ミリムの戦いが勃発、獣王国ユーラザニアは消滅し、カリオンミリムとフレイによってクレイマン領へ連行されてしまいます。

三獣士はリムルを頼ってテンペストを訪れており、リムルはファルムス王国、西方聖教会、魔王クレイマンの三つの問題の対処に頭を悩ませることとなりました。そんな中、悪魔召喚で現世に喚ばれたディアブロが仲間となり、無限牢獄の解析完了によりヴェルドラが復活するなど、テンペスト側の戦力も拡充されていきます。

36.5話「ヴェルドラ日記2」

ヴェルドラは胃袋の中でイフリートと将棋をしながら、リムルの周りに起きる出来事を観察する日々を過ごしていました。クロエに渡した抗魔の仮面が、ヴェルドラを封じた勇者がつけていたものと感じたり、ディアブロがヴェルドラよりも長く生きていると感じるなど、物語の根幹に関わる疑問を感じます。

リムルが覚醒進化により究極能力「智慧之王(ラファエル)」を獲得すると、胃袋の中に現れて究極能力を獲得するように指示、強制的に拡張された演算能力を維持することでヴェルドラも究極能力「究明之王(ファウスト)」の獲得に成功します。いよいよ無限牢獄の解析を完了し、ヴェルドラはイフリートを近いうちに解放することを約束し、封印の洞窟に再臨しました。

37話「訪れる者たち」

ヴェルドラ復活、死者蘇生によるテンペストの魔物達の復活を祝してテンペスト復活祭が開催された後、リムルは今後の方針のための会議を開き、魔王クレイマンを撃破し、魔王の座を奪うことを宣言します。

また、会議中にブルムンド王国からはフューズ、武装国家ドワルゴンからはガゼル王、魔導王朝サリオンからはエレンの父親である大公爵エラルドがテンペストに到着し、テンペストと人間国家の代表による人魔会談が開かれることとなりました。

38話「人魔会談」

テンペストで人魔会談が開催される頃、ユウキは中庸道化連ラプラスと会談していました。魔王カザリームを人造人間に入れることで復活させ、神聖法皇国ルベリオスの奥の院に魔王バレンタインがいた情報が共有されます。

人魔会談では暴風竜ヴェルドラを紹介したことで一時中断、リムル、ガゼル、エラルドの三者での密談が開かれ、内々に二国はテンペストの協力国となることが決まります。西方聖教会についてはヒナタが主な議題でしたが、リムルが抱いていた印象とは異なりヒナタは理性的かつ合理的な人物であると判明、裏でリムルがシズの仇だと知らせた人物が暗躍していることが示唆され、リムルとラファエルはどちらもその相手がユウキ・カグラザカであった判断しました。

39話「ラミリスの報せ」

人魔会談では魔王ラミリスも参加し、ファルムス王国を英雄ヨウムを新たな国王として作り替える計画を立案、ドワルゴン、魔導王朝サリオン、ブルムンドもヨウムの後ろ盾となることが決まります。人魔会談は佳境を迎え、魔王クレイマン戦に向けて動き出しました。

一方、クレイマンの居城にはラプラスが訪れており、クレイマンが自らの覚醒のために獣王国ユーラザニアに攻め入ることに対して焦りすぎているのではと忠告されます。ラプラスは最後までクレイマンを心配しますが、クレイマンは自らの精神が何者かの影響を受けていると指摘されたことに苛立ちを覚えるだけでした。

40話「会議は踊る」

会談の議題はラミリスに戻り、「魔王達の宴(ワルプルギス)」が三日後に迫り、同時に既に魔王クレイマンは配下の魔人達による軍隊を編成、発出されたことを知らされます。

リムル達は余裕を持ちながら、ガゼル達をテンペストでもてなしていき、夜の酒宴ではファルムス王国攻略にはディアブロがついていくことなどが決まりますが、クレイマン配下の軍隊の狙いがテンペストではなく獣王国ユーラザニアにあると判明、今から戻っても間に合わず、後手に回されてしまいました。

41話「会戦前夜」

ラファエルが空閑転移の魔法を発明したことで、クレイマン軍への対応に間に合うことが判明、リムルはユーラザニアの避難民をテンペストに転送で迎え入れた後、翌朝にベニマルを大将とした軍隊を転送させました。

魔王達の宴にはリムルの伴にランガとシオン、ラミリスの伴にトレイニーとベレッタが同行、緊急時は「暴風竜召喚」でヴェルドラを呼び出すという布陣で向かうこととなります。

一方、竜を祀る民の神官長ミッドレイとヘルメスも、ヤムザの命によりこの戦いに参戦することとなりました。

42話「魔王たち」

「魔王達の宴」が近づく中、現在の十大魔王もそれぞれが動き始めます。魔王クレイマンはリムルの策略にかかり、ヤムザからの報告でファルムス王国軍壊滅の原因がヴェルドラであると勘違い、リムルの力を侮ります。また、ミリムとフレイ、クレイマンの少し前の出来事が描かれ、ミリムがクレイマンに操られているフリをしていることが明らかになりました。

白氷宮では太古の魔王ギィ・クリムゾンとレオンの会談が設けられ、ヴェルドラの姉であり竜種の長女ヴェルザードも登場、二人ともリムルの力を見極める必要があるとの答えに至りました。

43話「開宴の合図」

リムル達は魔王達の宴に先駆け、トレイニーを「ドリュアスドール・ドライアド」へと進化させます。ベニマル達は戦場へ到着し、敵戦力を見て余裕の勝利を確信してリムルに報告、ハクロウ、ソウエイ、シュナは空になったクレイマンの居城に攻め入ることとなりました。

クレイマン軍との戦闘が始まると、ベニマル達が用意していた罠によって敵軍はほぼ壊滅、敵主力に対して三獣士、幹部を当てて戦いは早くも佳境を迎えます。

ヤムザにはアルビスとゴブタ、ミッドレイにはスフィアとガビル、フットマンとティアにはフォビオとゲルドが立ち向かい、それぞれ戦闘を開始しました。

44話「因縁の地で」

ミッドレイ達との戦いは、ミッドレイ、スフィア、ガビルの三人を残すのみとなり、ヤムザとの戦いはアルビスの二段階の獣身化によって勝利します。敗走したヤムザでしたが、クレイマンの支配によってカリュブディスの一部を強制的に飲まされ、戦場にカリュブディスが登場、戦場に一瞬混乱が生まれましたが、祝福を受けて力を増したベニマルによって消し済みへと変わりました。

ベニマルはミッドレイの元へ向かい、スフィアとガビル、ヘルメスの仲介を受けて二人は戦闘を終了、互いに友好的な関係となります。

残る戦場は中庸道化連に対したガビルとフォビオでしたが、フットマンとティアは別格であり、力を増したゲルドでさえ押し込まれ、この二人の逃走を許してしまう結果となりました。

45話「示指のアダルマン」

クレイマン拠点へと向かったシュナ達は、示指のアダルマンを中心とした防衛機構にかかり、アンデッド軍団と対峙することとなります。死霊騎士のアルベルトはハクロウ、死霊竜はソウエイが相手をして時間を稼ぐ中、アダルマンとシュナの決戦が始まりました。

アダルマンはかつて西方聖教会の大司教であり、当代随一の神聖魔法の使い手でしたが、死霊となったことでその力を失っており、この地に縛られる呪縛を解くことができない状況となっていました。シュナはアダルマンならば呪縛を解けると挑発、その挑発を受けてアダルマンは神聖魔法の奥義「霊子崩壊」を発動します。しかし、これこそがシュナの狙いであり「霊子暴走」によって魔法を上書きすると、全てのアンデッドを浄化して勝利を収めました。

アダルマンは呪縛から解き放たれ、新たな神と出会いたいとシュナに懇願してテンペスト入りすることとなります。

一方、リムルは魔王ギィの配下、ミザリーの招待を受けて魔王達の宴の会場に到着、十大魔王を観察しつつ、因縁の魔王レオン・クロムウェルと出会います。また、最後に入場してきたクレイマンがミリムを叩くとリムルは激怒、魔王達の宴での決着を誓いました。

アニメ「転生したらスライムだった件」を無料視聴できるおすすめ動画配信サービス

配信サービス配信状況無料特典
dアニメストア☆先行配信☆

見放題配信
無料視聴する31日間無料
U-NEXT

見放題配信

無料視聴する31日間無料
600pt付与
FODプレミアム

見放題配信

無料視聴する14日間無料
最高900pt獲得可能
Hulu

見放題配信

無料視聴する14日間無料
ABEMA

見放題配信

無料視聴する14日間無料
dTV

見放題配信

無料視聴する初月無料
Amazonプライムビデオ

見放題配信

無料視聴する30日間無料無料
ひかりTV

見放題配信

詳しく見る2ヶ月間無料無料
music.jp

3日間レンタル

詳しく見る30日間無料無料
1,600pt付与
1話220円
ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!