転スラ

【転スラ】ダグリュールは天空門を守護する巨人!守護する聖域「聖虚(ダマルガニア)」とは

「転スラ」ダグリュールのまとめページです。

ダグリュールは、「大地の怒り(アースクエイク)」の二つ名を持つ第二世代の魔王です。西側の不毛の大地にある聖域「聖虚(ダマルガニア)」を領地としており、天空門を守護していました。

ダグリュールとギィ、ラミリスの関係、テンペストに派遣した三人の息子など、転スラのダグリュールを詳しくご紹介します。

『転スラ』ダグリュールの基本プロフィール

名前ダグリュール
立場・魔王(第二世代)
・ギィの古き友
・天空門を守護する巨人
・二つ名は「大地の怒り(アースクエイク)」
種族巨人族(ジャイアント)
特徴・身に纏う聖属性により魔王の種は芽吹かない
・異常に膨大な力を有している面白い存在
・ヴェルドラの喧嘩相手

『転スラ』ダグリュールとは?

聖属性を身に纏う第二世代の魔王

ダグリュールは、天空門を守護する第二世代の魔王です。

聖属性であるため魔王としての覚醒はできないものの、覚醒魔王に匹敵する力を有している特殊存在です。

聖域「聖虚(ダマルガニア)」で暮らす

かつてギィとミリムの戦いによって不毛の大地に変わった西の大陸を支配地としています。

西の大陸は、異次元に送り飛ばしてなお影響力を持つかつての戦いのエネルギーの余波で砂漠化が進んでおり、多くの建物が廃墟となっている資源の乏しい国です。

次元の綻びから吹き荒れる砂の嵐が、触れるものを腐食させ、ダグリュールはそれを必死に押さえ込んでいました。

また、国の中心には天を貫くほどの巨大な塔「天通閣」があり、その周辺だけが「聖虚」として安全地帯になっています。

三人の息子はシオン親衛隊に就任

クレイマンが招集した「魔王達の宴」の後、ダグリュールは三人の息子にリムルのもとで修行してこいと伝えてテンペストに送り込んでいます。

  • ダグラ:長男
  • リューラ:次男
  • デブラ:三男

三兄弟は最初は自信満々で登場しましたが、即座にシオンにボコボコにされると変な方向に振り切れ、「我等、シオン親衛隊」「シオン命」と書かれた服を着用、シオン親衛隊としてテンペストに滞在するようになります。

『転スラ』ダグリュールの過去は?

過去の未来のダグリュールはルミナスと争う

ダグリュールは、クロエが体験した過去の未来では、ルミナスと軍事衝突が発生、大規模な戦乱を引き起こしていました。

領土的野心があるとされていましたが、ダグリュールの息子達がテンペストに滞在しており関係は良好、過去の未来では何者かに踊らされていた可能性があることが指摘されています。

『転スラ』ダグリュールの主な活躍

転スラ「魔王誕生編」のダグリュール

魔王達の宴(ワルブルギス)に参加

ダグリュールはクレイマンが招集した「魔王達の宴」に参加、クレイマン陣営とリムル陣営の争いを見守ります。

個人的にはヴェルドラとは喧嘩友達で仲が良く、領土が隣接しているルミナスと仲が悪いことが分かりました。

転スラ「野望終焉編」のダグリュール

魔王達の宴に参加

ギィが緊急招集した「魔王達の宴」にも参加、半壊した白氷宮に驚きます。

ギィから世界の成り立ちや天使勢の脅威、ギィとルドラ、ヴェルダナーヴァの関係などが説明され、魔王軍が一丸となって天使勢と戦う必要があると求められました。

ダグリュールは聖属性ではありましたが、ここで天使系の究極能力は保持していないことが明らかになります。

ウルティマが援軍として来る

魔王達の宴では、戦力に余裕のあるリムルが各魔王軍に援軍を派遣することとなります。

西の大地にあるダグリュールの領地には、ウルティマが派遣されることとなり、ダグリュールは抵抗しようとしますが、他の魔王達の抵抗の方が強く、結局原初の悪魔を受け入れることとなりました。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!