転スラ

【転スラ】ガイアはミリムのペットだった子竜!カオスドラゴン時代の暴威も解説

「転スラ」ガイアは、ミリムが竜皇女の時代にヴェルダナーヴァの最後の力を振り絞って生み出された子竜です。

ガイアがカオスドラゴンになってしまった理由、地下迷宮での再会など、転スラのガイアを詳しくご紹介します。

『転スラ』ガイアとは?

ミリムの友でありペットだった子竜

ガイアは、かつてミリムの共でありペットだった子竜です。

ヴェルダナーヴァがミリムに力を全て譲渡した後、自分の転生体として与えた子竜であり、当時は「精霊竜(エレメンタルドラゴン)」でした。

カオスドラゴンとなり封印

カガリの父に魔導大帝ジャヒルが乗り移ると、ミリムを支配するためにガイアが手にかけられてしまいます。

その後、ミリムが魔王覚醒した際の祝福を受け蘇生、しかし既に魂が霧散してしまっていたガイアは、破壊の意思だけを持つカオスドラゴンとなってしまいました。

あらゆる手段を講じても正気に戻らなかったため、ミリムは泣く泣くガイアを封印します。

全ての竜族の始祖

ガイアが命を落とした際、ガイアの持っていた竜の因子は世界に飛散し、大地に受肉します。

そこから生まれたのが現在の転スラ世界にいる竜であり、より竜の因子を色濃く受け継いだ存在がアークドラゴン、そこからさらに時間をかけてドラゴンロードへと進化していきます。

ミリム&リムルにより復活

マリアベルとユウキによる謀略で、傀儡国ジスターヴのアムラタ遺跡でガイアは復活、ミリムと対峙します。

ミリムとリムルによって心核(ココロ)だけを取り除かれ、擬似魂を通じてアバターコアに格納されたことで、再び子竜として世界に生まれ落ちました。

『転スラ』ガイアの強さ|能力・技術・必殺技

カオスドラゴン時代のガイアの強さ

カオスドラゴン時代のガイアは、体長100m程度の巨大な大きさの竜であり、覚醒魔王級を遥かに超える強さでした。

勇者サリオン・グリムワルトでさえも討伐することはできない程でした。

「瘴気呪怨吐息(カオティックブレス)」

再誕生したガイアも混沌の属性を引き継いでいます。

「瘴気呪怨吐息(カオティックブレス)」は、あらゆる物を腐敗させる瘴気の吐息であり、耐性がないものであれば一撃で撃退することが可能です。

地属性

また本来の地属性のスキルも使うことができ、現時点では重力操作による「重力結界」が使えます。

将来的には、「趙重力波」が使用できるようになると期待されていました。

『転スラ』ガイアの過去は?

竜皇女のペットの子竜として誕生

ガイアは、竜皇女時代のミリムのペットとして、ヴェルダナーヴァが自身の残った力によって生み出した分身です。

ヴェルダナーヴァとルシアは、戦乱によって命を落としてしまい、それ以来ミリムはガイアを唯一の友として生きていました。

ジャヒルによって命を落とす

ミリムを支配することを目論んだ魔導大帝ジャヒルが、エルフの国の頭領として顕現すると、ガイアを狙って攻撃を開始、この戦いでガイアは命を落としてしまいます。

この結果ミリムが激怒して暴走することとなり、エルフの国は滅亡することとなりました。

ミリム覚醒の祝福を受けカオスドラゴンとして復活

エルフの国の滅亡によってミリムが覚醒進化に至ると、ミリムの係累であるガイアにも「祝福」が配られて蘇生します。

しかし、魂が飛散してしまった後だったガイアは自我を失っており、ミリム以外の者に対しては破壊衝動しか持たない混沌竜(カオスドラゴン)となってしまいました。

勇者サリオンにエルフの城から退けられる

自らを害したエルフの国の城も崩壊させ、世界の脅威となる存在になってしまいます。

勇者サリオン・グリムワルトがガイア討伐に出陣し、サリオンに深手を与えますが、ガイアもその場から退けられることとなります。

ミリムに封印される

その後、ラミリスによって正気に戻ったミリムに、あらゆる手段を用いて正気に戻るよう促されますが、ガイアがカオスドラゴンから脱することはできず、そのままミリムによって封印されることとなりました。

『転スラ』ガイアの主な活躍

転スラ「魔人暗躍編」のガイア

マリアベルに操られミリムと対峙

竜の棲家に封印されていたガイアは、中庸道化連によって持ち出され、ミリムとリムルが傀儡国ジスターヴ遺跡の探索に出向いた際に封印を解放されます。

マリアベルによって操られたガイアのサイズは体長100mと巨大であり、「心核(ココロ)」以外は全て汚染され、ミリムに対しても攻撃を仕掛けていってしまいました。

ミリムとリムルによって汚染と支配から解放される

リムルがマリアベルを撃破して地上に戻ってくると、ミリムのドラゴバスターで心核以外を吹き飛ばされ、リムルの「魂喰」で捕食されます。

リムルに捕食されたガイアの「心核」は擬似魂にいれられ、マスターコアで包み、アバターコアが完成されました。

ミリムが「ガイア」と名前を呼ぶと、魂に心が宿り、心が修復され次第、新たな魔物としてミリムの前に登場することとなります。

転スラ「帝国侵攻編」のガイア

地下迷宮でミリムと感動の再会

卵から孵化したガイアは、体長50cm程度の子竜の姿となっていました。

長い時を経ても、ガイアはミリムのことを覚えており、二人は感動の再会を果たします。

ミリム達と共に地下迷宮を攻略

竜は最上位の捕食者であるため、自分が仕留めた魔物しか食べない性質があり、ガイアはミリム達に狩りを教えられることとなります。

地下迷宮で修行することになったガイアは、迷宮を次々に攻略していき、「瘴気呪怨吐息(カオティックブレス)」や「重力結界」などの強力な権能を行使、50階層の守護者であるゴズールを撃破するほどに成長していきました。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!