転スラ

【転スラ】ゲルミュッドの目的は?ジュラの森で名付けを連発していた理由

「転スラ」ゲルミュッドのまとめページです。

ゲルミュッドは、魔王クレイマンの配下の上位魔人で、ジュラの森に新しい魔王を誕生させる計画を担っていた者です。多くの魔物に名前をつけていた理由、中庸道化連との関係性など、転スラのゲルミュッドを詳しくご紹介します。

『転スラ』ゲルミュッドの基本プロフィール

名前ゲルミュッド
立場・上位魔人
・クレイマンの部下
技術(アーツ)「死者之行進演舞(デスマーチダンス)」

『転スラ』ゲルミュッドとは?

クレイマン配下の上位魔人

ゲルミュッドは、クレイマン配下の上位魔人です。

幹部に取り立てるという条件でクレイマンの意図に沿った動きをするよう操られており、クレイマンとミリム、カリオンが企図した新たな魔王誕生の計画の実行をしていました。

新たな魔王誕生を目論んだ者

ゲルミュッドの目的は、ジュラの大森林に新しい魔王を誕生させることでした。

魔王誕生には強者を倒すことが必要であるため、ゲルミュッドは大森林に住む各種族の目ぼしい人物に名付けをしていき、その人物達を争わせ、最後に残った者を魔王にするという計画を立てます。

ゴブリンからはリグル(兄)、リザードマンはガビル、オークはゲルドなど、森に住む魔物達に名付けをしていたのはこのためでした。

『転スラ』ゲルミュッドの強さ|能力・技術・必殺技

死者之行進演舞(デスマーチダンス)

死者之行進演舞(デスマーチダンス)はゲルミュッドの得意技で、特大魔力弾を放つ攻撃です。

魔法ではなく技術(アーツ)であり、妖気を練り、魔素と混ぜて破壊力を持たせていました。

『転スラ』ゲルミュッドの性格・人物像

プライドが高い

ゲルミュッドは上位魔人であり、転スラ世界でも一般的には強い部類に入っていました。

ヤムザが率いたクレイマン軍の中でも、ゲルミュッドと同等の力を持つ魔人が少なかったことからも、ゲルミュッド自身が本来は強者であったことは間違いありません。

そのため、ゲルミュッドは非常にプライドが高い性格をしており、リムル達に対しても力量を見定めることができず、無謀な喧嘩を売ってしまうこととなりました。

計画外のことに動揺しやすい

完璧主義者で基本的に力でどうにかできることが多いからか、ゲルミュッドは計画外のハプニングに激しく動揺します。

オークロードとテンペスト軍の戦場に降り立った際も、あまりの小物っぷりにリムルが驚く程でした。

『転スラ』ゲルミュッドの主な活躍

転スラ「森の動乱編」のゲルミュッド

水晶宮を見て状況の悪さに焦る

ゲルミュッドは、オークジェネラルの視界を視ることのできる水晶球で戦況を確認しており、リムル達の圧倒的な強さによって戦況がどんどん悪くなるのを知って焦ります。

状況を改善するために、リムル達に追い詰められてオークロードの前に向かいますが、そこにはリムルだけでなく、里を滅ぼされた恨みを持つベニマル達もおり、ゲルミュッドはなす術もなく追い込まれていきました。

ゲルドに食べられる

リムルにも遊ばれ絶体絶命の中、ゲルミュッドはゲルドに魔王への進化を促します。

しかし、ゲルドはリムル達を捕食して魔王に進化するのではなく、ゲルミュッドを食べることでゲルミュッドの望みを叶えようと動きました。

その結果、ゲルミュッドはゲルドからの不意打ちを受けることとなり、そこで命を落としました。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!