転スラ

【転スラ】コルヌはヴェルグリンドとの因縁が深い三妖師|地下迷宮での戦いの結末

「転スラ」コルヌは始原の七天使の一柱であり、ファルドウェイと共に冥界に向かい、「三妖師」となった天使です。

コルヌとヴェルグリンドの因縁、地下迷宮攻略戦での戦いなど、転スラのコルヌを詳しくご紹介します。

『転スラ』コルヌの基本プロフィール

名前コルヌ
立場始原の七天使
種族妖天

『転スラ』コルヌとは?

始原の七天使の一柱

コルヌは、始原の七天使の一柱です。

ファルドウェイが冥界に滅界竜イヴァラージェの監視任務を与えられると、コルヌもお供の一人として冥界に向かいました。

三妖師

冥界での魔素に長く触れたことで「妖天」へと種族変化、三妖師の一柱となります。

コルヌは主に別世界の侵攻を担当しており、ここでヴェルグリンドとの因縁が始まりました。

『転スラ』コルヌの過去は?

異次元の別世界で部下を全て失う

コルヌは、三妖師の中でも異次元世界の侵略を担当していました。

数十年前、近藤がいた別世界への侵略戦を指揮していましたが、次元を渡ってルドラの魂を集めていたヴェルグリンドと遭遇、「灼熱の業火」によって部下を全て失うという失態を演じてしまいます。

それ以降、立場を危うくしたコルヌは、功を焦るようになっていってしまいました。

『転スラ』コルヌの主な活躍

転スラ「遊戯終了編」のコルヌ

テンペスト地下迷宮でヴェノム、マサユキと対峙

ファルドウェイの指令により、テンペスト地下迷宮の攻略を始めたコルヌは、七十階層へ移動中のマサユキ、ヴェノムと遭遇します。

戦力的にはコルヌが圧倒していましたが、帝国皇帝近衛騎士や、研究施設にいた「超克者」なども加わり、マサユキを仕留めることができず、戦線に抑えられることとなってしまいます。

ヴェルグリンドに滅ぼされる

一度脱走したマサユキが戻ってくると、究極能力が覚醒してヴェルグリンドが登場します。

コルヌは、ヴェルグリンドは支配下にあると考えていましたが、既にリムルによって支配は解除されており、マサユキに敵対していることを公言してしまったコルヌは、そのままヴェルグリンドによって敗北、次元の異なる異界にいた本体まで滅ぼされる結果となりました。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!