転スラ

【転スラ】マリアベルはロッゾの一族の希望!希少な大罪系スキル「強欲者(グリード)」の強さ

「転スラ」マリアベルのまとめページです。

マリアベルは、ロッゾ一族の希望にして、グランベルの寵愛を受けていた子供です。

リムルと同じ異世界転生者であり、希少な大罪系スキル「強欲者(グリード)」を保有していました。マリアベルの目的と最期など、転スラのマリアベルを詳しくご紹介します。

『転スラ』マリアベルの基本プロフィール

名前マリアベル
立場・グランベルの直系の子孫にして「転生者」
・「強欲」のマリアベル
・異世界の知識と類稀なる力を有する
・ロッゾ一族の希望
特徴・サラサラの金髪
・桜色の唇
・10歳程度の愛らしい少女
能力(スキル)ユニークスキル「強欲者(グリード)」

『転スラ』マリアベルとは?

ロッゾの一族の希望

マリアベルは、ロッゾの一族の希望と呼ばれた少女です。

生まれた時からユニークスキル「強欲者(グリード)」を所持しており、グランベルを除く他のロッゾの一族よりも強者でありました。

グランベルからも、自分の後継者として見込まれており、マリアベルが成長して力を十分に発揮できるようになれば、マリアベルの目的である東西人類の統一も容易いと考えられていました。

転生者

マリアベルは異世界転生者であり、誕生時から、かつて欧州の支配者として君臨した記憶を持っていました。

前世では金融を意のままに操り、経済によって世界を裏から牛耳っており、転スラ世界の小国シルトロッゾの姫として生まれた際も、前世と同様に経済支配による世界征服を狙っていきます。

転スラアニメを完全無料で視聴 おすすめ動画配信サービス 二期・一期のあらすじ
【転生したらスライムだった件】アニメを完全無料で視聴する方法と2期・1期のあらすじ大人気アニメ「転生したらスライムだった件(通称「転スラ」)」は2018年10月に第一期アニメが放映され、2021年1月より第二期アニメと...

『転スラ』マリアベルの強さ|能力・技術・必殺技

ユニークスキル「強欲者(グリード)」

ユニークスキル「強欲者(グリード)」は、人の根源的な罪悪に由来する大罪系のスキルです。

ユニークスキルの中でも特殊なもので、欲望の源流そのものであるため、生まれながらにロッゾの一族の中で最強でした。

「強欲者(グリード)」の本質は欲望の支配であり、権能は次のように発動します。

  • マリアベルは他人の欲望が見える
  • 他人の欲望をマリアベルの欲望で塗りつぶす
  • 自分と同じ欲望を持たせることで協力者にする
  • 一気に欲望を注入して強引に支配することも可能(自我が破壊された操り人形となる)

相手の欲望が大きいほど支配は完璧なものとなりますが、支配するためにはマリアベルの欲望の方が大きい必要があるというデメリットもあります。

マリアベルの必殺奥義「「死を渇望せよ」

「死を渇望せよ」は、マリアベルの必殺奥義であり、人間が持つ生への渇望を反転させ、死に向かわせるというものです。

マリアベルの欲望の支配を受けるものにこの技を回避することは難しく、大罪系のスキルに相応しい凶悪な技でした。

『転スラ』マリアベルのセリフ・口癖

危険よ、危険だわ。あの町は危険すぎる!

私はマリアベル。私は”強欲”。全てを望み、全てをこのてに掴む者。この世は我等ロッゾ一族のものなのよ!

『転スラ』マリアベルの主な活躍

転スラ「聖魔対立編」のマリアベル

五大老会談の後でテンペストの危険性を訴える

マリアベルは、ロッゾの一族の五大老会談の最中、長であるグランベルの膝の上に座って聞いていました。

会談が終わると、マリアベルはグランベルと秘密の競技を行い、テンペストが経済で世界を支配するつもりであることを伝えます。

この時、ロッゾの一族の方向性は、グランベルがマリアベルに相談した上で決まっていると明らかになりました。

転スラ「魔都開国編」のマリアベル

テンペスト開国祭にも参加

小国シルトロッゾの姫としてテンペスト開国祭に参加したマリアベルは、テンペストの文化・技術の高さ、経済的な豊かさに驚きます。

ロッゾの一族の経済支配はテンペストによって終焉をもたらされると感じたマリアベルは、テンペストに対してより強い危機感を覚えるようになりました。

ミューゼ公爵が失敗し自分が動くことを決意

開国祭の際に、マリアベルは自分が動くと主張しましたが、グランベルに止められ、代わりにミューゼ侯爵が動きます。

しかし、やはりミューゼ侯爵では荷が重く案の定失敗、今度は自分が動くとグランベルに主張し、意見が通ります。

転スラ「魔人暗躍編」のマリアベル

ユウキ、ヨハンと密談

十歳となり、対リムルへと動き出したマリアベルは、ユウキ、ヨハンとの密談の場を設けます。

リムルが評議会に入りたいと打診してきたことに対する対策会議でしたが、マリアベルは支配者は一人と認識しており、リムルと直接対決をすることを決めます。

マリアベルのスキルにより、ユウキは支配下に置かれていましたが、これはマリアベルの思い込みであり、ユウキは自由意志を持った上でマリアベルの行動を誘導していました。

リムルが参加する評議会で仕掛ける

リムルが初参加した西方諸国評議会では、マリアベルは強欲の権能を使って評議員を操り、リムルの戦力を見定めようとします。

五大老のギャバン、ヨハンの二人を使ってリムルの打倒、最悪でも信頼を得ることを目的として仕掛けましたが失敗、魔王は人間とは別格、武力行使されたら終わりだと判断、倒すのではなく、支配することに全力を注ぐことにします。

ジスターヴ遺跡でリムルと対峙

傀儡国ジスターヴのアムタラ遺跡で罠を仕掛けたマリアベルは、ミリム、リムルを同時に罠にはめて支配しようと考えました。

ユウキが竜の巣からミリムのペットだった子竜「カオスドラゴン」を調達してきており、それを使うことでミリムとリムルを分断させます。

また、ユウキの部下カザリームによって遺跡の防衛機構を発動させ、遺跡の最下層に向かったリムル達に対して、ユウキ、ガイ、ラーマを連れて対峙しました。

ホーリーフィールドを展開し、リムル達が弱体化したところで支配するというのがマリアベルの目論見でしたが、ガイは一瞬で塵にされ、頼みの結界もリムル達に読まれており破壊されてしまいます。

奥の手であるマリアベルの奥義「死を渇望せよ」を放ちましたが、ラファエルによって解析されて無効化、打つ手なく敗北する結果となりました。

ユウキに「強欲」を奪われて命を落とす

敗北を確信したマリアベルは、せめて自爆によりリムルを巻き込もうと考え、ユウキに聞いていた魔導制御動力炉へ向かいます。

しかし、マリアベルによる支配はユウキに及んでおらず、魔導制御動力炉はユウキの真っ赤な嘘、追い込まれたマリアベルの前にユウキとカザリームが現れ、マリアベルの最後の戦いが始まりました。

「強欲の波動(グリードフレア)」で戦うものの、幼い体ではスキルを十全に操ることもできずに敗北、ユウキによって命を奪われ、マリアベルの力はユウキに移譲されることとなりました。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!