転スラ

【転スラ】ミュウランは五本指「薬指」の魔女|クレイマンに支配された理由&ヨウムとの関係

「転スラ」ミュウランのまとめページです。

ミュウランは、魔王クレイマンの五本指「薬指」であり、テンペストに対して魔法不能領域を展開した魔女です。ミュウランがクレイマンに従っていた理由、リムルに救われた後の生活、ヨウムとの関係など、転スラのミュウランについて詳しく解説していきます。

『転スラ』ミュウランの基本プロフィール

名前ミュウラン
立場・魔導師(ウィザード)
・元クレイマンの五本指「薬指」
種族・魔人(元人間)

『転スラ』ミュウランとは?新王国ファルメナスの女王となった女性

元人間の魔女

ミュウランは、元人間の魔女です。魔導の深淵を探求するため、魔法によって寿命を伸ばしながら、三百年間孤独に森の中で魔法の研究を行っていました。

寿命が尽きる寸前に現れた魔王クレイマンの甘言に乗せられたことで、美貌が老いることのない魔人となり、同時にクレイマンの支配下に置かれてしまいます。

ヨウムの奥様

テンペスト潜入任務を通じてヨウムと出会い、ファルメナスが建国した際には正式に結婚、ファルメナス王国の初代女王に就任しました。

ミームという二人の名前を取った可愛い女の子が生まれており、グルーシスも軍団長としてファルメナスに滞在しています。

『転スラ』ミュウランの強さ|能力・技術・必殺技

魔導師(ウィザード)

ミュウランは、三系統以上の魔法を使いこなす魔導師(ウィザード)です。戦闘以外の魔法技術に長けている一方、魔法戦にも精通しています。

テンペスト潜入任務では大魔法「魔法不能領域(アンチマジックエリア)」を単独で展開していました。

『転スラ』ミュウランの性格・人物像

純粋な求道者

ミュウランは純粋な求道者であり、魔導の深淵を覗くという目的のために、三百年間孤独に森の中で過ごすことができる女性です。

リムルがテンペストに戻ってきた際も、ヨウムやグルーシスに咎が向かわないよう、悪役を演じて自分だけに罰を仕向けるようにしていました。

面倒見の良いお姉さん

純粋な女性である一方、面倒見の良いお姉さんでもあり、子供がそのまま大人になったようなヨウムやグルーシスを上手に転がしています。

ただ、ミュウラン自体も人付き合いに慣れている訳ではないので、ヨウムやグルーシスとの触れ合いの日々は、ミュウラン曰く「悪くない時間」だと感じています。

『転スラ』ミュウランのセリフ・口癖

そうね、私、せっかく自由に慣れたけれど、人間の短い一生分くらいなら束縛されてもいいと思っているわ

『転スラ』ミュウランの過去は?

森に住む魔女として魔法の深淵の研究に没頭

ミュウランは、昔は森に住む魔女と恐れられた存在で、人間から迫害を受けて逃げた森で三百年間孤独に魔法の研究をしていました。

命終わる直前、魔法の深淵を覗くことも、後継者に知識を継がせることも叶わないと激しい後悔の念を持ちますが、そこに魔王クレイマンが登場、「永遠の時」と「不老の体」を約束される代わりに、忠誠を誓い、心臓に「支配の心臓(マリオネットハート)」の呪印が刻まれることとなります。

これは、高価な魔術媒体と相手の魔力を融合することで、相手を魔人へと生まれ変わらせる秘術であり、ミュウランは人から魔人に種族が変化、同時にクレイマンに逆らうことができない操り人形となりました。

『転スラ』ミュウランの主な活躍

転スラ「魔王来襲編」のミュウラン

魔王クレイマンの命令でテンペストの戦力を監視

ミュウランはクレイマンの指示でテンペストの戦力を調査しに向かいます。

ミュウランは三系統以上の魔法を使いこなす魔導師(ウィザード)であり、エネルギーの流れを操る幻覚魔法「魔法感知(マジックセンサー)」とエクストラスキル「魔力感知」を併用、広範囲の情報収集を可能とし、テンペストの情報収集を行いました。

魔法によりテンペストに異常な戦力が集まっていることに驚くミュウランでしたが、魔王ミリムに気付かれたことで作戦行動を中止、即座にクレイマンに報告を入れることとなりました。

任務はテンペストへの潜入に変わり、ミュウランはテンペストを利用して、自らを支配するクレイマンの「マリオネットハート」から逃れることを考え始めます。

転スラ「魔王誕生編」のミュウラン

リムルに近いヨウムの一団に潜入

テンペストへの潜入にあたり、リムルに近い距離の立ち位置であるヨウムの一団に入ることを決断、ファルムス王国の自由組合で冒険者登録をし、討伐試験で圧倒的な力を見せて合格となります。

しかし、肝心のヨウムには魔法使いは足りていると言われて馬鹿にされたことで、一瞬頭に血が上り、ヨウムを叩きのめしてしまう結果となりました。

  • 元素魔法「地面固定(アースロック)」:落とし穴にはめて全身拘束
  • 状態異常「音声遮断(サイレント)」:ロンメルとジャギの呪文を封じる

実力を見せたミュウランは、ヨウムに次ぐ地位である「軍事顧問」となり、対魔法戦を指導しながら、軍の行動方針の決定にも関わり、騒々しい日々を過ごしていくうちに、悪くない時間と感じ始めました。

テンペストでグルーシス、ハクロウと手合わせ

テンペストへの潜入に成功すると、グルーシスと試し合いになり、ヨウムを倒した方法と同じ手段でグルーシスにも勝利します。

その強さを見ていたゴブタに目をかけられ、ハクロウ戦にも参加することとなりましたが、ハクロウには小細工魔法は通じず、ゴブタ、ヨウム、グルーシスが気絶させられることとなります。

その後、ヨウムの新しい仲間としてテンペストに受け入れられると、シュナやシオンと一緒に温泉に入るなど、テンペスト生活を満喫しました。

ヨウムへの愛をクレイマンに把握されたことに気付く

テンペスト滞在から数週間後、ミュウランはヨウムに愛を告白されます。

ミュウランの気持ちもヨウムへと向かっていましたが、クレイマンに支配されている身であることから、告白を受け入れることができずに返事は先延ばしにします。

直後、クレイマンからの秘匿通信が入り、ヨウムを愛していることがバレていたことが発覚、ヨウムを人質にされ、最後の命令だと言われると、それが嘘と分かっていてもミュウランには従う以外の選択肢がありませんでした。

街に特殊な大魔法アンチマジックエリアを発動

命令を実行しようとしたミュウランの元に、グルーシス、ヨウムが様子のおかしさを心配して駆けつけます。

ミュウランは二人を突き放すために魔人の姿を見せますが、二人は関係なくミュウランへの愛を貫きます。

ヨウムの愛にミュウランの心は喜びに溢れますが、それ故にヨウムだけはクレイマンに傷つけさせないと、命令通り「魔法不能領域(アンチマジックエリア)」を展開、テンペストを魔法と隔絶した空間に変え、イングラシア王国にいるリムルとの通話をできないようにしました。

リムルに蘇生される

リムルがテンペストに戻ってくると、ミュウランは庇ってくれるヨウムとグルーシスを諫めて、自分だけに罪があると主張し、その罪への罰を自分の命で払おうとします。

しかし、事情を把握したリムルは、ミュウランの心臓を一突きにして「仮初の心臓」を破壊、代わりに「擬似心臓」を与えてミュウランを復活させます。

クレイマンに埋め込まれていた「仮初の心臓」は盗聴にも使われており、そのためにリムルはあえて演技をして冷たい態度でヨウムやグルーシス、ミュウランに向かっていたのでした。

ヨウムへの愛とリムルへの協力を誓ったミュウランは、リムルがファルムス王国軍相手に出陣すると、魂を結界内に留めておくためにシュナと協力して結界を貼りなおします。

その後、ラファエルの自我で立ったリムルが「反魂の秘術」を唱えると、自らの追い求めた魂の秘術に圧倒され、その隔絶した存在の格の違いを感じ、今後何があっても絶対に敵対してはならないと心に留めました。

転スラ「魔都開国編」のミュウラン

ヨウムに同行してリムルに謁見

ヨウムの妻となったミュウランは、ファルメナス王国の初代女王となり、「ミュウ・ファルメナス」と名前を変えます。

テンペスト開国祭には、前日の謁見式から参加してヨウムと共にリムルに挨拶をしました。

お祭りの後の反省会に参加にも参加し、リムルから「人魔共栄圏」が提唱されると、与えられた役割である農業王国として貢献することを約束し、魔導列車のレールの敷設にも尽力すると約束しました。

転スラ「勇者覚醒編」のミュウラン

魔導列車のレール敷設準備を完了

国に戻ったミュウランは、早速魔導列車を運用するためのレールの敷設幼稚の選定、現地測量、人手の準備を完了させます。

リムルが訪れた際には手際よく全ての準備が整っており、農業大国として、国庫を潤す輸出に重要な役割を担う魔導列車に全面協力姿勢を改めて示しました。

ヨウムとの子供を身籠る

また、ヨウムとの間の子供を身篭り、幸せいっぱいの生活を噛み締めていました。

転スラ「戦争前夜編」のミュウラン

子供が生まれて安静

ミュウランは、ミームを出産して産後の休憩に入ります。

その間、ガドラがファルメナスを訪れて一騒動がありましたが、動こうとするミュウランをヨウムが必死に止めて、安静にさせられました。

転スラ「野望終焉編」のミュウラン

ファルメナスに地下鉄を造り出す

天魔大戦の機運が高まってくる頃には、ミュウランは魔法で地質調査を行い、世界中央駅から国への物流ルートとして、ファルメナスに地下鉄を製造していました。

天魔大戦において天使の軍勢がファルメナスに侵攻してきた場合には、この地下鉄エリアを避難所にすることを考え、生活ができるように改造を施していきます。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!