転スラ

【転スラ】ロイ・ヴァレンタインとは?ルミナスの代わりに魔王を務めていた影武者

「転スラ」ロイ・ヴァレンタインのまとめページです。

ロイ・ヴァレンタインは、魔王ルミナスの代わりに魔王を務めていた影武者です。

ルイとは双子であり、共にルミナスの懐刀としてルベリオスを中心とした統治機構の一翼を担っていました。転スラのロイ・ヴァレンタインを詳しくご紹介します。

『転スラ』ロイ・ヴァレンタインの基本プロフィール

名前ロイ・ヴァレンタイン
立場・魔王の影武者
・二つ名は「鮮血の覇王(ブラッディーロード)」
種族吸血鬼(ヴァンパイア)
特徴・豪華絢爛な衣装
・筋肉隆々の肉体
・輝くような金髪
・王者の風格
・二本の犬歯

『転スラ』ロイ・ヴァレンタインとは?

ルミナスの影武者を務めていた魔王

ロイ・ヴァレンタインは、ルミナス配下の「三公」の一人です。

ルミナスが作り上げた統治機構の中で、魔王として人類に恐怖という刺激を与える役割を担っていました。

1,500年前にルミナスの代わりに魔王役を務めるようにもなっており、十大魔王の一人でもあります。

ルイの双子の弟

神聖法皇国ルベリオスの法皇、ルイ・ヴァレンタインの双子の弟でもあります。

兄のルイよりもロイの方が気性が荒く、慎重さに欠けた行動が原因で最期を迎えることになってしまいます。

『転スラ』ロイ・ヴァレンタインの強さ|能力・技術・必殺技

呪術王カザリームと同等

ロイ・ヴァレンタインは、魔王ルミナスの配下であり、本来一人だった「鮮血の覇王」を二つに分かたれた方の一人であります。

しかし、同じ十大魔王である呪術王カザリームと同等程度の力を持っており、その力には確かなものがありました。

『転スラ』ロイ・ヴァレンタインの主な活躍

転スラ「魔王誕生編」のロイ・ヴァレンタイン

「奥の院」に侵入してきたラプラスを追い払う

ロイ・ヴァレンタインは、ルミナスが作り上げた統治機構の「魔王」役を担っていました。

神聖法皇国ルベリオスの弱みを調査しにきたラプラスが「奥の院」に侵入すると、ロイが出陣、「血刃閃紅波(ブラッドレイ)」を放ってラプラスを追い返します。

「魔王達の宴(ワルスブルグ)」に参加

魔王として「魔王達の宴(ワルスブルグ)」に参加、従者には本物の魔王であるルミナスと、三公筆頭のギュンターを付き従えていました。

会議が進むと、ヴェルドラ、ミリムによってルミナスが本物の魔王だと暴露され、1500年間の影武者の努力が無に帰します。

ルミナスの従者の立場に戻ったロイは、ルミナスに先に戻っているよう命じられ、同時にクレイマンが一度ロイに目線を止めたので、「奥の院」に侵入したラプラスと関係があるのかもしれないと忠告されました。

再侵入してきたラプラスに敗れる

ルベリオスに戻ったロイは、再度侵入してきたラプラスと遭遇します。

ロイは「魔王達の宴」でクレイマンが無様にも命を落としたことを伝えると、ラプラスの逆鱗に触れ、ロイが抵抗する時間を与えることもなく、一瞬で敗北することとなりました。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!