転スラ

【転スラ】サーレは「蒼穹」の二つ名を有する三武仙の一人|元筆頭騎士のスキルと実力

「転スラ」サーレのまとめページです。

サーレは、法皇直属近衛師団(ルークジーニアス)の最高戦力である「三武仙」の一人です。

ヒナタの前の筆頭騎士「蒼穹」の二つ名を与えられた強者であり、ファルムス王国の内乱ではディアブロと対峙しました。テンペスト入りした後の強さなど、転スラのサーレを詳しくご紹介します。

『転スラ』サーレの基本プロフィール

名前サーレ
立場・法皇直属近衛師団(ルークジーニアス)
・「蒼穹」のサーレ
・「三武仙」の一人
特徴・あどけない少年の姿
・エルフ
・ヒナタの前の筆頭騎士
能力(スキル)ユニークスキル「万能者(デキルモノ)」
技術(アーツ)「気闘法」

『転スラ』サーレとは?

三武仙「蒼穹」のサーレ

サーレは、神聖法皇国ルベリオスの「法皇直属近衛師団(ルークジーニアス)」の頂点、「三武仙」の一人です。

ヒナタの前の筆頭騎士であり、「蒼穹」の二つ名を授かっています。

長命種であるエルフであり、人間であるヒナタに追い越されたことに納得がいっておらず、ヒナタに対して突っかかる一面を持っていました。

グレゴリーの親友

同じ三武仙の一人である「巨岩」のグレゴリーとは親友の仲であり、強い信頼関係を築いています。

二人は、テンペストに降った後も、ファルメナス王国でラーゼンやガドラに一緒に修行をつけてもらい、共にテンペスト入りを果たしています。

聖人

また、人類の強者の中でもトップクラスの戦力を誇っており、テンペスト入り時点で存在値は100万を超えていました。

聖人の資格を有しており、旧魔王以上の実力を持っています。

『転スラ』サーレの強さ|能力・技術・必殺技

破邪の剣(デモンズスレイヤー)

破邪の剣(デモンズスレイヤー)」は、ファルムス王国内乱の際、ディアブロとの戦闘で使った剣です。

悪魔退治専用のユニーク武器であり、この武器が悪魔と対峙しても勝てるとサーレに自信を持たせていました。

ユニークスキル「万能者(デキルモノ)」

万能者」は、相手のアーツを一度見ただけで習得できるスキルです。

このスキルによってサーレは強者による修行をスポンジのように吸収していくことができ、ラーゼンやガドラによって大幅に成長することができました。

また、最高難易度である「魔法とアーツの融合技」も習得しており、これがサーレの必殺奥義となっています。

サーレの奥義「魔法とアーツの融合技」

サーレの必殺技である「魔法とアーツの融合技」は、「気闘法」に魔法属性を付与するものです。

身体能力を向上させる「気闘法」の究極技である「気斬」に対して、敵の弱点属性の魔法を付与する仕様となっており、全ての魔物を切り裂く一撃必殺の究極の技と表現されています。

『転スラ』サーレの性格・人物像

誇り高い

サーレは、誇り高い戦士です。ディアブロを相手にしても逃げずに戦うことを選択することができます。

長命種のエルフであり、長年の修行の結実として法王直属近衛師団の筆頭騎士となったことから、自らが歩んできた道に対して、揺るぎない自信を持っていました。

そのため、異世界から来たばかりのヒナタに筆頭騎士の座を奪われたことに対して憤慨しており、何度もヒナタに挑んで一番に返り咲こうと考えていたのでした。

また、強さに対して純粋かつ貪欲であり、強くなるためラーゼンを師匠と仰ぎ、さらに強くなるため、リムルに憧れてテンペスト入りを果たしています。

『転スラ』サーレのセリフ・口癖

そうでした!いやあ、グレゴリーのやつ、いつの間にかガッツのある男になってたんだなあ

『転スラ』サーレの主な活躍

転スラ「聖魔対立編」のサーレ

ディアブロと対峙

神聖法皇国ルベリオスの大司教レイヒムが暗殺され、その犯人が悪魔であると七曜の老師によって発表、さらにその悪魔がテンペスト在籍でヨウムの裏側にいると言及され、サーレは三武仙の一人として、ファルムス王国の新国王となったエドワルド王に加勢します。

人類最高戦力の自負があるサーレは、突然目の前に現れたディアブロに対しても勇敢に対峙しようとしますが、ディアブロが「悪魔公」であると判明すると、恐怖のあまり逃亡を検討してしまいました。

しかし、同じ三武仙であるグレンダが戦闘を開始してしまったため、三武仙筆頭としてサーレも覚悟を決めて霊力解放、身体能力を最大限に高めた上で、「破邪の剣(デモンズスレイヤー)」で戦闘に参加しますが、ディアブロには全く効果がなく絶望、さらにはグレンダが逃げ出してより深く絶望しました。

グレンダが逃げて絶望

絶望に次ぐ絶望の中にいたサーレでしたが、誇り高い戦士であるサーレは、相棒のグレゴリーが戻ってくるまで時間稼ぎをすることを決意します。

サーレは、元々「天才」と称された人物であり、ユニークスキル「万能者」によるアーツの吸収と共に、厳しい鍛錬により、最高難易度である「魔法とアーツの融合技」も習得していました。

ディアブロに対して、自分の最高の手札である究極技を放ちますが、全く通じず、やはりさらなる絶望に立たされます。

しかし、圧倒的な戦力差であるディアブロが、自分の命を奪うことをしないことから、サーレは冷静さを取り戻し、レイヒム暗殺の犯人がディアブロではないのではないかと考え始めました。

七曜の老師がレイヒムを害した犯人だと確信

その場に七曜の老師が現れると同時に、サーレは七曜の老師こそがレイヒム殺害の犯人だと確信します。

状況を理解したサーレでしたが、七曜の老師の動きは止められず、証拠隠滅のためにその場にいた報道陣と共に強力な魔法を放たれてしまうこととなりました。

しかし、七曜の老師達の魔法はディアブロによって完全に防がれてサーレは無事、その後は誤解が解けることとなります。

転スラ「戦争前夜編」のサーレ

ラーゼンの弟子としてガドラとの会談に参加

サーレは、ファルムス王国で盟友グレゴリーと共にラーゼンの弟子となっていました。

ラーゼンの修行によって実力を上げたと自信をつけたサーレは、東の帝国からガドラがやってきた際も自信を持って堂々と対応、グレゴリーと共にガドラに挑みますが、ボコボコにされてラーゼンに助けられる結果となりました。

その後はガドラとヨウムの会談に警護役として参加します。

転スラ「野望終焉編」のサーレ

ラーゼン、ガドラに修行をつけられる

テンペストからガドラがファルメナス王国に派遣されてくると、サーレはグレゴリーと共に、ラーゼンとガドラの二人に修行をつけてもらっていきました。

強さに貪欲なサーレは、二人の修行をどんどん吸収していきます。

「万能者」によってラーゼンの持つ技術や魔法はサーレに伝授され、サーレはラーゼンを慕って師匠と呼ぶ間柄となっていました。

テンペスト入り時点でラーゼンより強者となった

リムルがファルメナス王国に視察に訪れた頃には、サーレの方がラーゼンよりも強くなっており、存在値は100万超え、「聖人」に到達していました。

さらなる強さを求めるサーレに対して、師匠のラーゼンは実践経験が必要と考え、地下迷宮を活用する案が出されてサーレはテンペスト入りすることとなります。

テンペストでは、「万能者」による成長を活かす相手として、ハクロウに修行をつけてもらうことになりました。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!