転スラ

【転スラ】ウルティマは原初の紫(ヴィオレ)|究極能力「死毒之王」の権能と活躍

「転スラ」ウルティマのまとめページです。

ウルティマは、原初の悪魔の一柱である「原初の紫(ヴィオレ)」です。

リムルの配下となった経緯、究極能力「死毒之王(サマエル)」の権能、腹心である配下のヴェイロン、ゾンダとの関係、ガビルを鍛え上げている理由など、転スラのウルティマを詳しくご紹介します。

『転スラ』ウルティマの基本プロフィール

名前ウルティマ
立場「原初の紫(ヴィオレ)」
テンペスト情報武官
拳魔
聖魔十二守護王「死虐王(ペインロード)」
種族魔神「悪魔王」
特徴・原初の中で最も残虐な性格
・紫髪の美少女
・サイドポニーテール
・二体の腹心:ヴェイロン、ゾンダ
能力(スキル)究極能力「死毒之王(サマエル)」

『転スラ』ウルティマとは?リムル配下となった「原初の紫」

原初の悪魔の一柱「原初の紫(ヴィオレ)」

ウルティマは、原初の悪魔の一柱である「紫(ヴィオレ)」です。

悪魔界でカレラ、ウルティマと共に覇権争いを楽しんでいたところを、ディアブロに誘われて人間世界に顕現、肉体を与えられ、リムルに「ウルティマ」と名付けられました。

聖魔十二守護王「死虐王(ペインロード)」

ウルティマは、テンペストの最高幹部である聖魔十二守護王の一人、「死虐王(ペインロード)」でもあります。

八門堅陣に挑む前には、リムルによって覚醒進化も与えられ、種族も魔神「悪魔王」に進化しました。

残虐で残忍非道な元々の性格もあり、テンペストに敵対する者の恐怖の象徴となっていきます。

テンペストの検察庁検事総長

テンペストでは、悪魔三人娘の一人として情報武官に任命され、東の帝国との戦いでは「飛空船」の情報を入手するなど、きっちり仕事をこなしていきます。

また、同時に国内の巨悪を捜査するテンペストの「検察庁検事総長」に任命され、最高裁判所長官を任命されたカレラとテンペストにおいてもやり合う仲となりました。

ガビルの師匠

ウルティマは、最初にガビルが丁寧に挨拶してきたことで気に入り、師匠となります。

ガビル達の切り札である「竜戦士化」には魔素の完全制御が必要であり、これはウルティマが自然にやっていることであったため、ガビル達を鍛えようと考えていました。

なお、ウルティマの想像以上にガビルはとんでもない思考をする人物であり、戦争中に耐久実験などを始めるガビルに対しては心底呆れています。

二人の腹心

原初の悪魔であるウルティマには、二人の腹心がいます。

ヴェイロン

ヴェイロンは、原初に仕える悪魔でも二体しかいない「先史種」の悪魔です。

執事風の格好をしており、我儘娘であるウルティマの要望に応えるため、「物真似師」というユニークスキルを獲得、一度見た相手の能能をできる万能執事となりました。

ウルティマをお嬢様と呼ぶ老紳士風な見た目であり、残虐なウルティマを嗜める立場でありますが、やはりウルティマの配下であることからもお察しで、ヴェイロンも残虐な男です。

ゾンダ

ゾンダは、ウルティマに仕えるコックの悪魔です。

ウルティマの身の回りのお世話の中で、料理だけを担当しており、戦場においても常に優雅な食事をウルティマに提供します。

原初に従う悪魔の中では最も戦闘能力が低いですが、回復特化の能力であり、ゾンダにかかればどんな傷でも治癒することが可能です。

『転スラ』ウルティマの強さ|能力・技術・必殺技

究極能力「死毒之王(サマエル)」

ウルティマの究極能力「死毒之王(サマエル)」は、八門堅陣の中でダムラダと戦闘中に覚醒したものです。

「死毒之王」の権能は次のとおりです。

  • 思考加速
  • 万能感知
  • 魔王覇気
  • 時空間操作
  • 多次元結界
  • 弱点看破
  • 死毒生成
  • 死滅世界

「弱点看破」と「死毒生成」で敵に最適な毒を生み出すのが「死毒之王」の基本的な戦い方となります。

また、世界系のスキルである「死滅世界」は、究極能力を所有していない精神生命体以外の命を無条件で奪えるというう凶悪なものですが、戦闘好きのウルティマとしては無条件勝利は望むところではなく、リムルからも使用禁止と言われているため、基本的に使うことがありません。

ダムラダの願いと共に技を引き継ぐ

ウルティマはダムラダの「魂」と「技術」など全て受け継ぎ、「拳魔」となっています。

八門堅陣の戦いでダムラダに勝利すると、ウルティマはダムラダから、「魂、技、全て」を報酬としてマサユキを守るように頼まれました。

ダムラダは、元々近衛騎士団の団長を務めていた人物でもあり、序列二位の強者であったため、その圧倒的な「拳聖」としての技量がウルティマに受け継がれたことで、ウルティマが「拳魔」となったのでした。

核撃魔法「破滅の炎(ニュークリアフレイム)」

核撃魔法「破滅の炎(ニュークリアフレイム)」は、ウルティマがドワルゴン防衛戦でファラガ少将に使用した技です。

「黒炎核(アビスコア)」を生成した後に使用可能となる、 人類には制御できないと言われる究極の魔法であり、この魔法によってドワルゴン防衛戦を完全勝利で終えました。

『転スラ』ウルティマの性格・人物像

残虐残忍な気分屋

ウルティマは、原初の悪魔の中でも、「最も陰気で陰湿、残虐非道」とされています。

冷酷なテスタロッサや、暴虐なカレラとは異なり、ウルティマは「相手を苦しめる」ことを楽しむ性質があり、八門堅陣でリムルを馬鹿にした四騎士ガルシアに対しては、千年間苦しみ続ける魔法を与えていました。

わがままお嬢様

ウルティマの見た目は完全にお嬢様で、側に執事とコックが控えるという貴族のご令嬢風の存在感を発しています。

その見た目を裏切ることなく、ウルティマはまさに我儘を体現した存在であり、思うがままに求めることをしては、ヴェイロンが必死に応えるという日々を送っていました。

悪魔界の支配領域は、人間界のルミナスとダグリュールの領地の間にあり、この二人も心底ウルティマに困り果てていました。

リムルの前では健気な美少女

一方、本来の性質はリムルの前では完全に隠匿しており、ボクっ娘の健気な美少女を演じています。

元来のウルティマを知る者からすれば、信じられないものを見たと思わせるほどに従順な態度でおり、心からの忠誠をリムルに捧げています。

『転スラ』ウルティマのセリフ・口癖

わかりました!ボクも、これは要らないかなって思ってたんです。リムル様は、ボクの気持ちまでお見通しなんですね!

『転スラ』ウルティマの主な活躍

転スラ「勇者覚醒編」のウルティマ

リムルに名付けされる

ウルティマは、悪魔界でカレラ、テスタロッサとの覇権争いの日々に明け暮れていたところ、ディアブロに誘われ、オリハルコンの鋼人形を依代に人間世界に顕現します。

原初であるウルティマは、最初はリムルの配下となる気はなく、ディアブロを従えた存在に興味を持っただけでしたが、リムルと会った瞬間に心変わりし、望んで配下となり、「ウルティマ」の名前を与えてもらいました。

名付けによって上位魔将から「悪魔公」に進化、配下二百と共にリムル直属の配下となります。

検察庁検事総長に任命

ウルティマは、テンペストでの役目として、国内の巨悪を捜査する検察庁検事総長に任命されます。

自分以上の巨悪の存在があるかもとワクワクしたウルティマは、ノリノリで検事総長の役目を拝命し、担当者であった・ログルドに懐き、「おっちゃん」「嬢ちゃん」と呼び合う仲になりました。

転スラ「戦争前夜編」のウルティマ

対帝国戦でガビルのサポートにつく

テンペストでの生活はウルティマにとって楽しい日々であり、裁判長の役目を与えられたカレラとも、悪魔界にいた時と同様にことあるごとに争って騒々しい毎日を過ごします。

東の帝国との戦争が予期されると、ウルティマはガビルのサポートを命じられます。

悪魔三人娘の中で一番性格が残忍なウルティマでしたが、最初にガビルが丁寧に挨拶したことで気に入り、悪戯せずにサポートしようと決めました。

転スラ「帝国侵攻編」のウルティマ

ゾンダの食事でテスタロッサとティータイム

ドワルゴン防衛戦に向かったウルティマは、テスタロッサと共に、配下のゾンダが用意してくれた豪華なテーブルと椅子に優雅に腰掛け、戦場とは思えないくつろぎかたで、ティータイムを楽しみます。

その後、テスタロッサによる宣戦布告で戦端が切り開かれると、ガビルのお目付役として、空中戦に同行しました。

ガビルにワイバーン部隊を預かる

総指揮を務めていたベニマルからの指令により、相手の奥の手を引き出すため、テンペスト軍は最初手加減していきます。

ガビルと共に、敵飛空挺との空中戦に向かったウルティマでしたが、ガビルにワイバー部隊を率いて退くように頼まれ、不思議に思いますが、ガビル達が突然魔法耐久訓練と称して飛空挺からの魔法攻撃をわざと受け始めると、ドン引きして帰っていきました。

本陣に戻る途中、リムルから「本気を出せ」と檄が飛んだため、ウルティマはやる気を取り戻し、上空から補給部隊を叩いていたハクロウを発見すると、炎によって敵部隊を殲滅、ハクロウにワイバーンを預け、敵の飛空挺部隊へと戻っていきました。

飛空挺情報を入手し核撃魔法「破滅の炎」を打ち込む

ガビル率いるヒリュウ相手に優勢に進めていたファラガ少将は、まるで戦勝気分のように浮かれていました。

ウルティマは難なく飛空挺の中に侵入、飛空挺の中にいた帝国軍から勝手に知識を徴収し、船の仕組みと運用方法、帝国の残存勢力などの情報を抜き取ります。

一瞬でファラガ以外の帝国軍は壊滅となり、ファラガもウルティマが発動した核撃魔法「破滅の炎(ニュークリアフレイム)」によって消滅しました。

戦場で耐久訓練をしているガビルに呆れる

飛空挺の外に出たウルティマは、まだガビルが耐久訓練をしていたことに心底呆れ、リムルに怒ってもらうことを決意します。

また同時に、ガビル達の「竜戦士化」がまだ不完全であり、自分が自然にやっている魔素の制御を教えれば完全制御ができると理解、ガビルを気に入っているウルティマは、今後ガビル達を鍛えてあげようと考えました。

転スラ「竜魔激突編」のウルティマ

聖魔十二守護王に選ばれる

東の帝国との初戦の論功式では、ウルティマは褒賞として幹部に引き立てられ、聖魔十二守護王に選ばれます。

死虐王(ペインロード)」の二つ名を授けられたウルティマは、他の幹部達とは異なり、覚醒進化は与えられませんでしたが、リムルから授けられた二つ名に大喜びし、さらなる忠誠を誓いました。

ドワルゴン東部防衛線でヴェルグリンドと対峙

ドワルゴン東部防衛線では、ガビルの目付役として参戦します。

戦場は混乱に次ぐ混乱に陥っており、ウルティマは世界最強の竜種の一体であるヴェルグリンドに対して、カレラ、ウルティマと共に対峙しました。

転スラ「深淵解放編」のウルティマ

ヴェルグリンド相手に悪魔三人娘で奮戦

悪魔三人娘は、圧倒的な力量差があるヴェルグリンドを相手に奮闘、二体目の別身体までは破壊に成功します。

ヴェルグリンドに寝返ることを提案されますが、ウルティマは「初めて主を得たが心地いい、手放す気はない」とリムルへの忠誠を改めて言葉にしました。

地下迷宮でゼギオン相手に戦闘経験を積んでいたウルティマは、呪毒のこもった二本のナイフで奮戦しますが、本気を出したヴェルグリンドとはやはり力の差があり、カレラやウルティマと共に、ヴェルグリンド相手に膝をつく結果となります。

窮地に追い込まれたウルティマでしたが、ヴェルグリンドがその場から転移して別の場所へ向かったことで助かりました。

リムルによって覚醒進化を与えられる

リムルによる悪魔門によって、テンペスト付近に召喚されたウルティマは、強者に対抗するための覚醒進化を促され、「悪魔王(デビルロード)」へと進化を果たしました。

自らの力が飛躍的に上昇したことを感じたウルティマは、より深い忠誠をリムルに感じます。

状況が共有され、リムルがヴェルグリンド、ヴェルドラの二種の竜種を相手にする間、ウルティマは幹部陣と共に皇帝ルドラがいる飛空挺へ向かい、ヴェルグリンドの別身体が作り出した異次元の中で「八門堅陣」に参戦することとなりました。

リムルを侮辱したガルシアに千年の苦痛を与える

「八門堅陣」では、四騎士ガルシアが自分達の主人であるリムルを侮辱したことで、ウルティマも激怒しました。

エスプリが撃破したガルシアの魂をカレラに献上すると、ウルティマはその魂をもらい、ガルシアへの罰として「呪怨狂滅罪」を使います。

この技は、魂が纏う力が消えるまで苦しみを与え続けるもので、ガルシアは千年程苦しみ以外何もない時間を過ごすこととなりました。

シエルの手助けで究極能力「死毒之王(サマエル)」を獲得

ウルティマも八門堅陣の扉の中に入り、そこで帝国皇帝近衛騎士序列二位であるダムラダと対峙します。

悪魔王となったウルティマでさえ、ダムラダに劣勢を強いられる厳しい展開となりますが、シエルに手助けされ、望んだ究極能力「死毒之王(サマエル)」を手に入れ、形成逆転となります。

ダムラダの必殺奥義「聖覇崩拳」に対しても、「死毒崩拳」を返して勝利を収め、最後にダムラダの「魂、技、全て」を報酬にマサユキを守るようにお願いされ、その望みを叶えることとしました。

「拳聖」であったダムラダのココロ以外の全てを受け継いだウルティマは、「拳魔」となります。

転スラ「遊戯終了編」のウルティマ

リムルと個人面談

東の帝国との戦争が終結すると、ウルティマは原初達と一緒にリムルと個人面談を行いました。

ウルティマの獲得した究極能力「死毒之王」の中には、究極能力を所有していない精神生命体以外のものを無条件で命を奪える「死滅世界」という世界系の凶悪な権能が入っており、その強力さにリムルがドン引きします。

戦闘狂であるウルティマは、無条件勝利となる「死滅世界」はいらないと考えていたところ、リムルからも使用禁止と言われて快諾、自分が考えていることすら分かるとさらにリムルを尊敬しました。

転スラ「野望終焉編」のウルティマ

ダグリュールの援軍として派遣

魔王軍と天使軍の戦いが間も無くに迫ると、ワルブルギスによってテンペストが各陣営に援軍を派遣することが決定します。

ウルティマはダグリュールの領地に派遣されることとなり、西の大地へと向かいました。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!