転スラ

【転スラ】ゾンダはウルティマに仕える料理人|回復特化の悪魔の能力とは

「転スラ」ゾンダのまとめページです。

ゾンダは、「原初の紫」であるウルティマに仕える料理人です。悪魔には珍しく回復特化の能力となっており、戦闘への支援や回復を得意としています。ゾンダの強さやスキル、これまでの活躍など、転スラのゾンダについて詳しく解説していきます。

『転スラ』ゾンダの基本プロフィール

名前ゾンダ
立場毒姫(ウルティマ)の料理人
種族悪魔公(子爵級)
特徴・三百年無敗の男爵級
・転生を繰り返し、原初の本流に限りなく近い個体
能力(スキル)ユニークスキル「調理人」

『転スラ』ゾンダとは?

ウルティマの料理人

ゾンダは、ウルティマに仕える料理人の悪魔です。

ウルティマを喜ばせる料理人として戦場にも同行、戦地でも優雅な食事を提供しながら、コック服の姿のまま戦闘にも入りました。

得意料理は宮廷料理であり、シュナ達にも料理の腕を学ぼうとしています。

回復特化の悪魔

ゾンダは子爵級の悪魔ですが、回復特化の悪魔であるため、同じ子爵級と比較すると戦闘能力は高くありません。

「聖人」には敵わないため、強者との戦闘においては、端っこにポジションを置いて回復役に徹します。

また、回復魔法以外にも支援魔法にも通じており、ゾンダがいるだけで戦闘に勝利する可能性が大幅に上昇します。

『転スラ』ゾンダの強さ|能力・技術・必殺技

ユニークスキル「調理人(マゼルモノ)」

ゾンダのユニークスキル「調理人(マゼルモノ)」は「状況把握」と「支援」に特化したスキルです。

どんな怪我でもそれを調理することで回復させることができる能力を持っており、闘気で傷つけられ通常の治療が困難な傷であっても、ゾンダのスキルであれば回復させることが可能です。

『転スラ』ゾンダの性格・人物像

図太い

ゾンダは、ウルティマに仕える従者らしく、非常にマイペースで図太い性格をしています。

「八門堅陣」では、ガルシアとの戦闘中にお茶を淹れ始めたり、上の爵位である伯爵級のエスプリに対して恐れもせずに対応するなど、自分の世界観の中で生きています。

『転スラ』ゾンダのセリフ・口癖

フッ、知りませんよ

『転スラ』ゾンダの主な活躍

転スラ「帝国侵攻編」のゾンダ

ドワルゴン防衛線の前に優雅な料理を提供

ウルティマの従者としてリムルの配下となったゾンダは、ドワルゴン防衛戦に同行します。

コック服で参加しており、戦場に似合わない優雅なテーブルと椅子を出し、料理をゴブタ、ガビル、テスタロッサ、ウルティマに提供していました。

戦場の強者を排除

戦いが始まると、ウルティマに共に仕えるヴェイロンと共に、戦場にいる強者を発見、即刻排除を行い、東の帝国の軍隊の指揮命令系統、主戦力の破壊に成功します。

転スラ「深淵解放編」のゾンダ

ドワルゴン東部防衛線に参加

ドワルゴン東部の防衛戦にも参戦し、ウルティマから大切なおもちゃを壊すなという命令を遵守、ガビルを守りにきます。

マルコによる闘気の破壊で傷ついたガビルを能力を使って治癒していきました。

ウルティマ覚醒により悪魔公へと進化

他の悪魔達と共に、門を通じてリムルに召喚されると、その先で主人であるウルティマが覚醒されます。

ウルティマ覚醒の「祝福」をゾンダも授かり、魔王種を凌ぐ悪魔公へと進化、男爵から子爵級へと爵位も上昇しました。

「八門堅陣」に参加

ゾンダは飛空船突入組に選ばれ、そのまま「八門堅陣」に参戦します。

アゲーラ、エスプリ、ゾンダが一番弱い四騎士ガルシアの相手をすることになりますが、ゾンダは治療役であり、支援魔法をアゲーラに使ってやることがなくなった後は、戦いが終わった後に幹部陣にお茶を提供しようと、部屋の隅っこにポジションを取ってお茶を煎れ始めました。

アゲーラの「刀身変化」とエスプリの組み合わせでガルシアを撃破し、扉が開くと、ゾンダは軽食も作り終えており、扉の外で待っていた幹部陣に振る舞います。

転スラ「遊戯終了編」のゾンダ

ブルムンド、西側諸国をシエンと共に担当

天使勢との戦いが間近に迫ると、ゾンダはテスタロッサの従者であるシエンと共にブルムンド、西側諸国の防衛を担当することとなりました。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!