ワールドトリガー

【ワールドトリガー】エネドラがアフトクラトルに戻りたい理由は?黒トリガー「泥の王(ボルボロス)」の能力

「ワールドトリガー」エネドラのまとめページです。

エネドラは、ブラックトリガー「泥の王(ボルボロス)」の使い手だったアフトクラトルの戦士です。エネドラッド誕生の経緯、アフトクラトルに戻りたい別の目的の内容、エネドラの能力と戦い方、人物像など、ワールドトリガーのエネドラを詳しくご紹介します。

『ワールドトリガー』エネドラの基本プロフィール

名前エネドラ
トリガーブラックトリガー「泥の王(ボルボロス)」
特徴・近界民
・20歳
・アフトクラトル
・身長182cm
・好きなもの:雑魚の蹂躙、独断専行、りんご

『ワールドトリガー』エネドラとは?

エネドラッドとなったアフトクラトル戦士

エネドラは、玄界に侵攻してきたアフトクラトルの隊員の一人です。

ブラックトリガー「泥の王(ボルボロス)」の使い手であり、かつては優秀な戦士でしたが、強化角が脳まで侵食して人格に影響が出る状態となり、独断専行や命令無視が目立つようになった結果、玄界侵攻の際にハイレインに切り捨てられてしまいました。

その後、エネドラの角をラッドに移植した所、エネドラの記憶と人格を有したエネドラッドが誕生、玄界に情報提供をしながらアフトクラトル帰還を目指しています。

エネドラの人物像・性格

エネドラは、かつては優秀で聡い子だったとミラが言及していましたが、玄界に訪れた際には既に命令無視・独断専行が目立っている状態でした。

口はかなり悪く感情的に見えますが、状況分析能力は素晴らしく、戦闘中に冷静さを欠いて感情的になることはありません。自らの粗雑ささえも相手を罠にかける道具として活用する冷静さを持っており、風間隊を手玉に取りました。

『ワールドトリガー』エネドラのセリフ・口癖

ふざけんな…!!「泥の王」はオレの…

『ワールドトリガー』エネドラの強さ|トリガー、主な戦い方

ブラックトリガー「泥の王(ボルボロス)」の使い手

ブラックトリガー「泥の王(ボルボロス)」は、自分の形状を固体・液体・気体に自在に変更できる能力を持っています。

エネドラは戦闘時には基本液体でいるため、物理攻撃無効の絶対防御状態となります。さらに液体ブレードでの死角からの奇襲、気体ブレードでのトリオン体内部からの攻撃など、攻防共に優れた凶悪な性能を有していました。

また、弱点のトリオン供給機関と伝達脳は硬質化部位でガードしており、ダミーを複数生成して本物を隠すことも可能で、初見で攻略するのはかなり難しい相手になります。

エネドラ自身の能力は、強化角で強化された膨大なトリオン量をベースに、攻撃力・防御力・特殊戦術に長けており、戦闘能力はずば抜けたものがありました。

『ワールドトリガー』エネドラはどうなる?残された伏線の考察と最期

エネドラッドの目的は?

エネドラは、玄界に協力する理由を「自分を裏切ったハイレイン達への復讐」だと伝えた際、ユウマに別の目的があると指摘されています。

エネドラの執着は「泥の王」にあり、ブラックトリガーはトリオン量に優れた人物から生成されるため、その人物とエネドラの関係性が深いのではと考えられます。

「泥の王」がエネドラにとって大切な人の形見に当たるなら、それを奪還することがエネドラの目的となるでしょう。

『ワールドトリガー』エネドラの主な活躍

ワールドトリガー「大規模侵攻編」のエネドラ

ボーダー基地東部で風間隊と激突、風間を撃破する

ラービットが雛鳥を捕獲する仕事を助けるため、ハイレインによってエネドラ、ランバネイン、ヴィザ、ヒュースが戦場へ送り込まれると、エネドラは基地東部でA級部隊の風間隊と遭遇、戦闘を開始します。

菊地原のサイドエフェクトによって液状ブレードの奇襲攻撃を見抜かれ、デコイも音の聞き分けによって回避されますが、エネドラは冷静に戦いを進め、わざと大きな隙が生まれる大技を使用、カメレオンで接近してきた風間に一撃を入れさせます。

しかし、エネドラのブラックトリガー「泥の王」は自身も液体化させることができ物理攻撃は無効、近付いた風間に気体化させたブレードを内部から発生させ撃破しました。歌川、菊地原も挑発して戦闘継続させようとしますが、風間の説得で二人は撤退を判断します。

ボーダー基地に単独侵入し敗北

命令無視でボーダー基地に通気口から侵入したエネドラは、通信室で暴れた後、諏訪隊によって訓練室に誘導され、仮想戦闘モードの中で戦闘を開始しました。

諏訪隊の攻撃によって弱点である伝達脳とトリオン供給機関を保護している硬質化部位を発見され、マークを付けられると、エネドラはダミーを生成した上で気体化攻撃を展開、気体が訓練室の操作盤に触れて仮想戦闘モードが終了、ここで忍田本部長が到着し、対戦相手が変更となります。

訓練室の空調で気体化を防がれ、圧倒的な攻撃力を誇る忍田本部長の旋空孤月でダミーの硬質化部位が次々と破壊されると、エネドラは物量攻撃や奇襲攻撃で反撃しますが全て回避、ついにダミーが全て消失する状態に追い込まれます。しかし、最後に弱点を硬質化部位から外して緊急脱出、風上に立って気体化ブレードで忍田本部長に深手を負わせました。

直後、堤と諏訪の十字攻撃を受け、再び展開した硬質化部位にヒットして目印をつけられると、背後から笹森がカメレオン奇襲を行いますが、一度風間隊との遭遇でカメレオンの存在を知っていたエネドラはこれに対応します。笹森が緊急脱出時に煙幕を展開、背後から再び堤と諏訪が狙撃を仕掛けるフリをしてエネドラの注意を引くと、本命カメレオンの菊地原、歌川が現れ撃破されてしまいました。

ミラに処分される

トリオン体を失ったエネドラは生身の状態でミラの回収を待ちましたが、大窓で現れたミラは、エネドラではなくブラックトリガー「泥の王(ボルボロス)」のみを回収、エネドラの角トリガーが脳にまで侵食しており、人格にも影響を及ぼし、残りの寿命も僅か、昔は聡明で優秀だったと残念がられた上で冷酷に処分されてしまいました。

撃破されたエネドラの肉体はそのままボーダーに収容され、未知のトリガー技術である角は分析にかけられることとなります。

ワールドトリガー「B級ランク戦中位チーム編」のエネドラ

エネドラッドが誕生、アフトクラトルの情報を提供する

エネドラは命を落としましたが、角トリガーが脳にまで侵食していたため、角をラッドに刺したところエネドラの記憶と人格を持つエネドラッドが誕生します。

エネドラは、自分を見捨てたアフトクラトルへの復讐と「ある目的」のために玄界に協力すると提案、アフトクラトルの神についての情報提供を積極的に行い、玄界への大量戦力の投下、ヒュースの置き去りについての理由を教えました。

ワールドトリガー「ガロプラ侵攻編」のエネドラ

ガロプラ、ロドクルーンによる追撃を予告

エネドラッドはハイレインなら手堅くここで手下を差し向け、ミデンからの追手を防ぐと情報提供、属国であるガロプラ、ロドクルーンによる襲撃を予見します。

また、ヒュースの主君であるエリン家当主をハイレインは次の神に捧げようとしていると情報提供、ヒュースがガロプラかロドクルーンに接触してアフトクラトルに帰る機会を狙っているだろうと教えました。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!