ワールドトリガー

【ワールドトリガー】ランバネインはハイレインの弟!雷の羽(ケリードーン)の能力は?

「ワールドトリガー」ランバネインのまとめページです。

ランバネインは、ハイレインの弟のアフトクラトルの戦士です。強化角トリガー「雷の羽(ケリードーン)」の強さ、ランバネインの能力と戦い方、人物像など、ワールドトリガーのランバネインを詳しくご紹介します。

『ワールドトリガー』ランバネインの基本プロフィール

名前ランバネイン
立場ハイレインの弟
トリガー/順位雷の羽(ケリードーン)
特徴・24歳
・アフトクラトル
・身長202cm
・好きなもの:強者との戦闘、肉、酒、空を飛ぶこと
・ハイレインの弟

『ワールドトリガー』ランバネインとは?

四大領主の一角ハイレインの弟

ランバネインは、アフトクラトル四大領主ベルティストン家の青年で、当主ハイレインの弟です。主義主張は兄ハイレインとは異なるものの、当主の命令には従う戦士としての矜恃を持っています。

ランバネインの人物像・性格

ランバネインは強敵との戦いを好み、正面からの撃ち合いを求める強者です。

豪放な性格であるためか、緻密で慎重に戦いを進め、戦略上必要であれば味方を切り捨てることも厭わない兄ハイレインとは意見がぶつかる場面もあり、ヒュースエネドラを玄界(ミデン)で切り捨てることは快くは思っていませんでした。

また、戦闘時は豪快な戦い方をしますが、冷静さは常に保って相手の戦術を見抜くなど歴戦の戦士として豊富な経験が裏付ける落ち着きがあります。

『ワールドトリガー』ランバネインのセリフ・口癖

いや、当主の決定だ、文句は言わんさ

ヴィザ翁の言うとおり玄界の進歩も目覚ましい

『ワールドトリガー』ランバネインの強さ|トリガー、主な戦い方

角トリガー「雷の羽(ケリードーン)」

ランバネインはアフトクラトルの強化角トリガー「雷の羽(ケリードーン)」の使い手です。

ケリードーンは、攻撃力と機動力に加えて射程が長く、1体多数を想定したトリガーで、次の機能を備えています。

  • ガンナー:高威力射撃
  • シューター:背中から発出する広範囲射撃
  • 背中のブースターでの縦横無尽の高速移動で戦場を駆る

攻撃力は凄まじく、シールドや建物などの障害物も通貫するため、撃ち合いにおいて絶対有利な立場を得られます。

『ワールドトリガー』ランバネインの考察

玄界の近界民遠征を通じてハイレインを裏切ることはある?

ランバネインは当主の弟であり、ハイレインが万が一落とした場合は四大領主の家の当主を継ぐものと考えられます。

ハイレインとは異なる思想を持っていますが、領主としての責任を背負うハイレインについても理解があるため、ボーダーの近界民遠征の際にハイレインを裏切って玄界と手を組む可能性はなさそうです。

『ワールドトリガー』ランバネインの主な活躍

ワールドトリガー「大規模侵攻編」のランバネイン

基地南部でB級合同部隊と激突、一瞬で五人を撃破

ランバネインはB級以上のボーダー隊員を撃破する役割で派遣、基地南部でB級合同部隊と激突します。

東、太一の前にワープしたランバネインは、横から攻撃を仕掛けてきた茶野隊に対し「雷の羽(ケリードーン)」による狙撃を発射、シールドを貫通してあっさり二人を撃破します。東はすぐに撤退を判断しますが、建物の障害物もランバネインの破壊力には関係なく、太一が撃破されました。

荒船隊が待ち構える狙撃ゾーンに誘われたランバネインでしたが、狙撃は読んでおりきっちりガード、すぐさま反撃をして穂刈、半崎を撃破します。ランバネインの圧倒的攻撃力に戦況不利と判断したB級合同部隊は戦闘を中止、A級部隊が到着するまで身を潜め、戦いは膠着状況となりました。

緑川に一撃を入れられる

米屋、出水、緑川のA級隊員トリオが到着すると、旧三門市立大学を戦場に戦いが再開、三人の手練れが戦いに参戦したことに気付いたランバネインは上空に飛んで一斉掃射、建物内に逃げ込んだ緑川と一対一の状況を作ります。

消化器の煙幕を使った緑川に対し、ランバネインは緑川が逃走を選択したと判断して攻撃を放ちますが、ユウマ戦で戦略を学んだ緑川は低空姿勢でランバネインに突撃しており、左足を負傷、ランバネインは玄界の戦士の成長を認め、一人ずつなら倒せるという認識を改めます。

東、荒船の狙撃を受ける

再び飛行したランバネインに対して出水のハウンドが襲い掛かると、回避行動をとった瞬間に東と荒船が狙撃が着弾し、飛行性能を破壊されてしまいます。

さらに、東の指揮でB級隊員もランバネインを包囲して攻撃を開始、ランバネインは浮いた駒から一体ずつ狩っていく必要があると判断、来間の元へと向かいました。

米屋に撃破、ミラに回収される

来間の近くには米屋が待機しており、上空からランバネインへ近接戦を仕掛けてきますが、ランバネインは緑川戦で油断を消しており、この動きを読んでいて反撃をします。

しかし、ランバネインの反撃さえボーダー部隊は読んでおり、周囲の隊員からのフルガードでランバネインの攻撃は防がれ、米屋によって撃破されてしまいました。

その後、回収にきたミラの奇襲も米屋が回避すると、ランバネインは完敗だと認めて遠征艇へ戻ります。

アフトクラトルに帰還

帰りの遠征艇では、ヒュース、エネドラがいなくなったことで広くて良いなと嫌味を言いますが、ハイレインに対しては当主の支持には従うと忠誠を示します。

目標を達成したアフトクラトルの遠征部隊はこのまま本国へ帰還しました。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!