ワールドトリガー

【ワールドトリガー】忍田瑠花は陽太郎を溺愛するお姉ちゃん!ボーダー本部での役割と5年と少し前の戦いとの関わり

ワールドトリガー陽太郎LOVEのお姉ちゃん 忍田瑠花 亡国アリステラの王女

「ワールドトリガー」忍田瑠花のまとめページです。

忍田瑠花は、本部に滞在している陽太郎のお姉さんです。陽太郎、瑠花と5年と少し前の戦いの関係、クローニンとの関わり、ボーダー本部での瑠花の役割、人物像など、ワールドトリガーの忍田瑠花を詳しくご紹介します。

『ワールドトリガー』忍田瑠花の基本プロフィール

名前忍田瑠花
立場アリステラの王女
特徴・普段は厳格な態度
・陽太郎を溺愛

『ワールドトリガー』忍田瑠花とは?

アリステラから玄界に亡命した王女

忍田瑠花は、5年と少し前の戦いで滅んだ国アリステラの王女です。生まれたばかりの陽太郎、護衛のクローニンと共に旧ボーダーの協力のもと玄界へ亡命、マザートリガーなどアリステラの遺産を引き継ぎました。

アリステラのマザートリガーはボーダー基地の地下深くにあり、瑠花が操ることでトリオンを抽出、コンピューターで制御して現ボーダの基地運営など様々なところで活用されています。

普段瑠花はボーダー基地の方に住んでおり、陽太郎とは週一の頻度で会い、会った時には全力の愛情を陽太郎に注ぎ込むコミュニケーションを取っています。

『ワールドトリガー』忍田瑠花のセリフ・口癖

新しい『わざ』?まあ何かしら?

よ、陽太郎が遊びたいって言うから…!

『ワールドトリガー』忍田瑠花の主な活躍

ワールドトリガー「B級ランク戦最終戦編」の忍田瑠花

久しぶりに玉狛支部で陽太郎と再会

瑠花は玉狛支部に弟の陽太郎に会いにいき、そこで修やユウマ、千佳と初対面になります。三人に対してボーダーが大きくなったのは自分と陽太郎の存在、唐沢の尽力のおかげだと主張、ボーダー隊員に対しては胸を張った尊大な態度を見せました。

瑠花は陽太郎を溺愛しており、陽太郎とクローニンの新技を披露されると驚愕、すぐに陽太郎の身を案じてご飯まで大人しくしているように部屋に連れていきます。

しかし、部屋で二人になったところで陽太郎に遊びたいと言われると、クローニンが見せた新技のような遊びを陽太郎と初めてしまい、お楽しみの最中を修たちにも見られてしまい、最初からキャラ崩壊となりました。

ワールドトリガー「ガロプラ同盟編」の忍田瑠花

アリステラの王女だと判明

迅、林藤支部長、陽太郎がガロプラと接触した際に、瑠花は旧ボーダーの同盟国であり、5年と少し前の戦いで滅んだアリステラの王女であったことが判明します。

ボーダー基地の地下深くにマザートリガーが設置されており、瑠花がマザートリガーを操ってトリオンを抽出、そのトリオンをコンピューターで制御して現ボーダーの様々な活動を支えていることが明らかになりました。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
関連記事
error: Content is protected !!