ワールドトリガー

【ワールドトリガー】忍田真史はノーマルトリガー最強の男!旧ボーダー時代のやんちゃ小僧の現在

ワールドトリガー現ボーダー本部長 忍田真史 ノーマルトリガー最強の男

「ワールドトリガー」忍田真史のまとめページです。

忍田真史は、旧ボーダー隊員で現在はボーダー本部長を務める男です。ノーマルトリガー最強の男であり、個人総合ランク1位の太刀川の師匠でもあります。旧ボーダー時代の忍田、戦闘能力、有吾や城戸との関係性、人物像など、ワールドトリガーの忍田真史を詳しくご紹介します。

『ワールドトリガー』忍田真史の基本プロフィール

名前忍田真史
立場・ボーダー本部長
・防衛部隊指揮官
特徴・沢村響子が補佐
・33歳
・10月16日生まれ
・みかづき座
・A型
・身長181cm
・好きなもの:自己鍛錬、だし巻き玉子、しょうゆラーメン、バイク

『ワールドトリガー』忍田真史とは?

太刀川の師匠を務めるノーマルトリガー最強の男

忍田真史は、現ボーダー本部長を務める人物です。全ての防衛隊員の指揮命令権を有しており、近界民による侵攻に対する防衛作戦では、忍田が指揮を取って三門市を守っています。

また、忍田は緊急時には最終防衛ラインとして自ら前線に立って戦うこともあり、その実力は旧ボーダー時代から衰えておらず、ノーマルトリガー最強の男と呼ばれています。現在の個人総合ランク1位は太刀川慶ですが、太刀川は忍田の弟子であり、二人の仲は良好、忍田は太刀川のことを慶と下の名前で呼ぶほど親しいです。

旧ボーダー隊員の一人

忍田は旧ボーダー隊員でもあり、空閑有吾、最上宗一と並ぶ実力を持っていたとされています。

特にユウマの父親である有吾には個人的にとてもお世話になったと明かしており、ユウマがボーダーに入隊した際には本部長特権で正隊員に昇格させることもできると提案していました。

アリステラ防衛線によって19人の隊員は10名が命を落とし、忍田は城戸、桐絵と共に本部を作り、城戸派とは異なる「市民を守る」という考え方でボーダー本部上層部となりました。

『ワールドトリガー』忍田真史の性格・人物像

普段は温厚だが素はやんちゃ

忍田真史は、普段はとても温厚で穏やかですが中には熱いものがあり、エネドラがボーダー基地内部に侵入してきた際や、城戸派がユウマのブラックトリガー回収を強行してきた際には、今にも噛みつきそうなほどの激情を発露していました。

瑠花にはすぐに無茶をすると呆れられ、城戸にはやんちゃ小僧と評されるなど、元々の性格はかなり活発的で行動的、それでいて自分でビシビシ動いていく人物であったと思われます。

『ワールドトリガー』忍田真史のセリフ・口癖

貴様のようなやつを倒すため我々は牙を研いできた

『ワールドトリガー』忍田真史の強さ|トリガー、主な戦い方

圧倒的な攻撃力と戦闘技術

忍田真史はボーダー本部におけるノーマルトリガー最強の男であり、太刀川の師匠ですが。

トリガーは孤月と旋空という基本的なものを使用、しかし攻撃力は他に影を踏ませないほどに圧倒的であり、卓越した戦闘技術は個人戦力としても際立っています。

さらに指揮能力も最高評価の力を有しており、三門市に次々と現れるトリオン兵や人型近界民を相手に市民の暮らしを守れているのは、忍田がいるからこそと言えます。

『ワールドトリガー』忍田真史の主な活躍

ワールドトリガー「イレギュラーゲート出現編」の忍田真史

修の隊務規定違反に対して擁護

忍田はボーダー本部長としてイレギュラー門対策と三雲修の処分について議論される上層部会議に参加、城戸派の上層部が三雲処分を唱える中、忍田は修が市民の命を救っていることを評価、処分ではなくB級に昇格させて能力を発揮してもらった方が良いと提案しました。

迅と協力してトリオン兵「ラッド」を駆逐

迅のサイドエフェクトを用いてイレギュラー門の原因であるトリオン兵「ラッド」が発見されると、忍田は迅に依頼されボーダーの全部隊を出動、指揮してラッドの駆除に当たります。

門を強制封鎖が解ける46時間のタイムリミットまでに数千隊のラッドを全て駆逐することに成功、イレギュラー門の問題を解決しました。

ワールドトリガー「三雲チーム結成編」の忍田真史

ユウマの父親が空閑遊真だと判明し味方につく

忍田は三輪隊がユウマに撃破された後の会議に参加、修から近界民の名前が「空閑遊真」だと教えられると、父親が空閑有吾だと理解します。

有吾はボーダー創設メンバーであり、忍田の先輩であったため、忍田は即刻ユウマと対立する必要性がないことを主張、城戸司令達が表立ってユウマに対して動けないようにしました。

ワールドトリガー「ボーダー正式入隊編」の忍田真史

会議を無視して強行した城戸派に激怒

会議で決定した内容に反して、ユウマのブラックトリガー回収を強行した城戸派に対し、忍田は迅からの連絡を受けて嵐山隊を派遣し、ボーダートップチームを退ける結果を出します。

その後の上層部会議では、独断専行する城戸派に激怒、次は自分が相手になるとノーマルトリガー最強の男として忠告しました。

新入隊員への訓示を述べる

ユウマと千佳がボーダー正式入隊の日を迎えると、忍田は本部長として挨拶と訓示を伝えました。その後は嵐山隊によるオリエンテーションが始まり、ユウマ、千佳、修が目立つ1日が始まります。

ユウマにB級昇格を提案

大規模侵攻対策会議でユウマとレプリカが情報提供に協力した後、忍田は修と一緒にいたユウマに声をかけます。

忍田は旧ボーダー時代に空閑有吾に非常にお世話になっておりユウマの味方であると表明、また有吾と一番付き合いが古い人物は城戸であり、城戸も顔には出さないがユウマのことを気にかけていると伝えました。

また、ユウマが望むのであれば、本部長権限ですぐにでもB級昇格とし正隊員にできると提案しますが、ユウマは自分は近界民であるため、正規の手順で上に上がっていかないと文句が出てくると話して固辞、忍田はユウマの考えの深さに驚きました。

ワールドトリガー「大規模侵攻編」の忍田真史

アフトクラトルによる大規模侵攻の防衛戦を指揮

アフトクラトルによる大規模侵攻が開始されると、大量のトリオン兵の軍団はご方向に分散、さらに隊員が散らばったタイミングでA級隊員でも一人では危ない新型トリオン兵ラービットが現れ、ボーダーは劣勢に立たされてしまいます。

忍田はB級部隊は東のもとに合流して合同部隊を形成、一方角ずつ各個撃破で対応していくと判断、優先順位が最後の方角は市街地も含めてある程度の被害が出ることを覚悟しました。

忍田の判断に対して根付は反対しますが、戦力をここで失う訳にはいかないと城戸司令は支持されます。

アフトクラトルの真の目的を理解しボーダー最強部隊をC級隊員の元へ向かわせる

爆撃型トリオン兵イルガーによる攻撃は弟子の太刀川が防ぎ、忍田はそのまま風間隊が抜けた東部地区を太刀川一人に担当させます。また、嵐山隊が到着した南西地区からの通信では、千佳のいる南西地区の市街地へ向かいたいと修に依頼され、修と木虎を市街地へ向かわせました。

ボーダー側は、最初は混乱したものの忍田の防衛指揮で最善に近い対応ができており、大量のトリオン・戦力を注ぎ込んできたアフトクラトル側の真の狙いは別にあると思案します。このタイミングで、色付きの新型ラービットと人型近界民が投入、アフトクラトルの狙いが緊急脱出機能を持たないC級隊員だと判断、ボーダー最強部隊の玉狛第一を千佳達の元へ向かわせます。

訓練室でのエネドラ撃破に貢献

ボーダー基地にエネドラが侵入して通信室のオペレーターに被害が出ると、風間の指揮で諏訪隊がエネドラを訓練室に誘い込み、仮想戦闘モードを活用してエネドラの弱点部位が守られた硬質化部位を発見します。

忍田本部長は防衛指揮を城戸司令に任せ、後のことを沢村響子に託し、自らも壁を横走りしながら直線ルートで訓練室に直行、仮想戦闘モードのカラクリがバレてエネドラが外に出る直前に間に合い、戦闘を開始しました。

エネドラの気体ブレードに対しては堤への指示で空調を操作して対応、液体状のブレードは菊地原のサイドエフェクトを借りて回避、エネドラが硬質化部位のダミーを大量生成すると、生成速度よりも速く全ての硬質化部位を撃破していきました。

最後の最後で、エネドラが捨身で脱出し風上を取られると、気体ブレードで体内から攻撃を受けてしまいますが、既に忍田本部長の役割は終えており、諏訪隊と菊地原、歌川の連携でエネドラの撃破に成功します。その後、ブラックトリガーの回収に現れたミラによってエネドラが撃破されると、忍田は角は未知のトリガー技術であり分析すると言って回収、その場を収めました。

事態がひと段落すると、一般向けの記者会見が開かれることとなり、忍田はそこで修の奮闘を見守ります。

ワールドトリガー「B級ランク戦中位チーム編」の忍田真史

ヒュースの聞き取り調査にも参加

忍田は本部長として玉狛支部に捕虜として捕らえていたヒュースの聞き取り調査に参考、「ヒュースは予定通り置いていく」というハイレインの言葉を伝え、忠義立ては必要ないのではと質問します。しかし、ヒュースの忠義は主人に立てられており、何があっても本国の情報は絶対に漏らさないと主張され、ヒュースの意思の固さを知りました。

ワールドトリガー「ガロプラ侵攻編」の忍田真史

ガロプラによるボーダー基地侵攻の防衛指揮をとる

鬼怒田がエネドラッドからアフトクラトル属国による襲撃情報を聞き出すと、忍田は防衛指揮を担当、S級天羽月彦の協力を得てガロプラのトリオン兵アイドラの中に色違いの特殊個体があると知り、三人がボーダー内部に侵入してきたことを把握します。

迅のサイドエフェクトで相手の狙いが遠征艇だと判明すると、太刀川、小南、風間、村上の上位アタッカー陣を遠征艇格納庫前に向かわせ、ガロプラからの防衛に成功しました。

ワールドトリガー「B級ランク戦中位チーム第二戦編」の忍田真史

ヒュースを玉狛に入れる修の提案を指示

玉狛第二はヒュースを部隊に入れようと上層部会議に掛け合い、修は大規模遠征のほとんどの期間であるアフトクラトルまでの道のりの間で、近界世界に詳しいヒュースが同行することで危険を減らし、遠征の成功確率を上げられると提案します。

忍田は唐沢、林藤支部長と共に修のアイディアはありだと判断、城戸も認め、ヒュースの特例入隊が許可されました。

ワールドトリガー「B級ランク戦上位チーム第三戦編」の忍田真史

ワールドトリガー「B級ランク戦最終戦編」の忍田真史

忍田瑠花を連れて玉狛支部を訪問

忍田は沢村と一緒に忍田瑠花を連れて玉狛支部を訪問、陽太郎との面会の時間を設けます。

瑠花が離れる際には、忍田はすぐに無理をする人物だからと沢村に忍田のことを託しており、忍田はやれやれ的な顔を見せました。

ワールドトリガー「遠征選抜試験編」の忍田真史

遠征部隊選抜試験の具体的な説明

遠征部隊選抜試験のための説明会が開催されると、忍田は城戸司令の挨拶に次いで、選抜事件の具体的な説明を行いました。

その後、一次試験の閉鎖環境試験が開始されると、上層部と共に審査を開始します。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
関連記事
ワールドトリガー陽太郎LOVEのお姉ちゃん 忍田瑠花 亡国アリステラの王女 ワールドトリガー

【ワールドトリガー】忍田瑠花は陽太郎を溺愛するお姉ちゃん!ボーダー本部での役割と5年と少し前の戦いとの関わり

2021年10月12日
エンタメLOVE
「ワールドトリガー」忍田瑠花のまとめページです。 忍田瑠花は、本部に滞在している陽太郎のお姉さんです。陽太郎、瑠花と5年と少し前の戦い …
error: Content is protected !!