ワールドトリガー

【ワールドトリガー】外岡一斗は隠密行動に長けたスナイパー!ランク戦での活躍は?

「ワールドトリガー」外岡一斗のまとめページです。

外岡一斗は、B級4位弓場隊のスナイパーです。捕捉・掩蔽訓練で3位の好成績を収めるほどに隠密行動を得意とし、最初の一撃を当てることに長けています。外岡の能力と戦法、人物像など、ワールドトリガーの外岡一斗を詳しくご紹介します。

『ワールドトリガー』外岡一斗の基本プロフィール

名前外岡一斗
チームB級4位弓場隊
ポジションスナイパー
特徴・16歳
・高校生
・11月21日生まれ
・とけい座
・B型
・身長169cm
・好きなもの:かしわ天、ほうじ茶、1人の時間

『ワールドトリガー』外岡一斗とは?

外岡一斗は、弓場、帯島と部隊を組んでいるスナイパーです。

B級ランク戦最終戦で登場、遠征部隊選抜試験では北添が隊長を務める部隊で同じ16歳の南沢、染井、菊地原と臨時部隊を組んでいます。

外岡の人物像・性格

外岡は単独行動中心のスナイパーであるため、基本的に性格は物静かで大騒ぎするようなことはなく、淡々と状況、事実と向き合って自分の仕事をこなしていくタイプです。

一方で弓場の影響を受けているからか先輩に対しては礼儀正しく、旧弓場隊の先輩達とも親しい関係を築いています。

『ワールドトリガー』外岡一斗のセリフ・口癖

このままマークして攻撃モーション入ったら撃ちます

『ワールドトリガー』外岡一斗の強さ|トリガー、主な戦い方

最初の一撃を決めるのが得意

外岡一斗は、隠密行動を得意とするスナイパーで、合同演習の捕捉・掩蔽訓練でもスナイパー全体で3位を獲得するなど好成績を収めています。

弓場や帯島と連携して狙撃をするスタイルではなく、相手部隊の特定隊員に狙いをつけて潜伏、機会を見つけて最初の一撃で確実に仕留める戦闘スタイルを確立しています。

『ワールドトリガー』外岡一斗の主な活躍

ワールドトリガー「B級ランク戦最終戦編」の外岡一斗

千佳をマンマークでメテオラを狙撃

B級ランク戦最終戦では、弓場隊は玉狛第二、二宮隊、生駒隊と対戦、外岡は弓場から千佳のマンマークを指示されます。

二宮に迎撃した千佳の最初のハウンドで居場所を確保するとそのままずっとマークをし続け、ヒュースの援護のために千佳がユウマと屋上に上がってハウンドを放とうとした時に狙撃、貯水槽越しであったため、千佳ではなくメテオラにヒット、大爆発を引き起こしました。

千佳の固定シールドでユウマと千佳は無事だったため、外岡は位置を変えて再び千佳を狙っていきます。

千佳に誘い出されて隠岐に撃破される

修とユウマが戦場へ向かい、千佳がハウンドで援護を仕掛ける流れになると、外岡は再び機会と捉えて狙撃しますが、今度の千佳の攻撃モーションは釣りであり、シールドで防がれた外岡は位置を捕捉され、千佳のハウンドの反撃を受けてしまいます。

間一髪で千佳の攻撃は逃れたものの、隠岐の狙撃がヒットし撃破されてしまいました。

新生弓場隊、旧弓場隊の食事会に参加

ランク戦が終了した後は、神田の大学合格祝いの食事会に参加、旧弓場隊のメンバーと親交を深めます。

帯島ちゃんは強くなると神田が保証した際、外岡は自分も保証してくれと言いましたが、神田からは既に外岡は強いと言われ、ちょっと喜んでいました。

ワールドトリガー「遠征選抜試験編」の外岡一斗

北添が隊長を務める4番隊に参加

遠征部隊選抜試験では外岡は北添が隊長を務める4番隊に選ばれ、同じ16歳の菊地原、南沢、オペレーター染井とチームメイトになりました。

南沢、染井とはすぐに打ち解けましたが、菊地原は風間隊以外の隊員が苦手であり、若干壁ができてしまいます。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!