ワールドトリガー

【ワールドトリガー】当真勇は冬島隊のNo.1スナイパー!実は指導上手な一面もある天才

「ワールドトリガー」当真勇のまとめページです。

当真勇は、A級二位冬島隊に所属するNo.1スナイパーです。圧倒的なスナイパーとしての才能を有しており、ボーダー内の個人総合ランクでも4位と高い戦闘能力を有しています。

当真のスナイパーとしての実力、性格、指導の上手さなど、ワールドトリガーの当真勇を詳しくご紹介します。

『ワールドトリガー』当真勇の基本プロフィール

名前当真勇
立場・個人総合ランク4位
・No.1スナイパー
チームA級2位冬島隊
ポジションスナイパー
特徴・18歳(高校生)
・7月7日生まれ
・つるぎ座
・A B型
・身長183cm
・好きなもの:昼寝、バナナ、ラーメン、猫

『ワールドトリガー』当真勇とは?

A級二位冬島隊所属のNo.1スナイパー

当真勇は、A級二位冬島隊に所属するNo.1スナイパーです。

個人ランクでも4位の位置にいる実力者であり、攻撃力・潜伏能力などスナイパーに求められる能力全てで圧倒的な力を有しています。

『ワールドトリガー』当真勇のセリフ・口癖

外れる弾なんか撃てるかよ、スナイパーとしてのプライドが許さねー

『ワールドトリガー』当真勇の強さ|トリガー、主な戦い方

自由な才能

当真勇はスナイパーとして圧倒的な才能を保有しており、訓練では1位を獲得することはほぼないものの、その訓練の中で最も秀でた成果を出します。

「当たらない弾は撃たない」というスナイパーとしての矜恃を持っており、正確無比な奈良坂、パワーの千佳以上に敵にしたくない一撃必殺のスナイパーとしての力を有しています。

『ワールドトリガー』当真勇はどうなる?残された伏線の考察

当真と冬島の戦い方は?

当真の所属する冬島隊は、A級二位の極めて優れた部隊ですが、オペレーターの真木さんを除けば、戦闘隊員はトラッパーの冬島とスナイパーの当真だけとなっています。

上位には太刀川隊しかおらず、風間隊や三輪隊、嵐山隊を凌ぐ力を有している可能性が高いのですが、たった二人、しかも近接型の仲間がいない中で上位部隊を撃破できる戦い方はとても気になりますね。

『ワールドトリガー』当真勇の主な活躍

ワールドトリガー「ボーダー正式入隊編」の当真勇

遠征から戻りブラックトリガー回収任務につく

当真は近界遠征から戻ってくると玉狛支部にブラックトリガーが来たことを説明され、太刀川指揮の合同部隊に参加、迅、嵐山を相手取ることになります。

当初はスナイパーの一人として迅と対峙する太刀川達の元に残りましたが、予知のサイドエフェクトを持つ迅にはスナイパーの狙撃は当たらず、当たらない弾を射つことをプライドが許さない当真は、戦線を離脱して嵐山隊と対峙している三輪達の元へ向かいました。

時枝、木虎を狙撃

乱戦となった嵐山と三輪達の戦いでは、米屋に追い込まれた木虎を出水の射撃から守ろうとした時枝を撃破、さらに木虎の左足ももらい、一瞬で嵐山隊を窮地に追い込みます。

木虎に敗北、緊急脱出

機動力をなくした嵐山と木虎に対し、三輪は迅を狙う動きを見せる罠を張って広い射線の通る場所に誘き寄せます。

三輪と出水による射撃に嵐山がテレポートを発動して離脱、当真はその動きを読んでおり狙撃しようとしますが、当真が狙っているのを嵐山は読んでおり、スコーピオンを足代わりにして狙撃ポイントまで上がってきた木虎によって当真は撃破され、緊急脱出することとなりました。

ワールドトリガー「大規模侵攻編」の当真勇

迅に頼まれハイレイン相手に狙撃を通す

ハイレインを相手にしていた出水が周囲の建物を破壊して射線を通すと、当真は奈良坂、古寺のスナイパー組と共にボーダー屋上から狙撃を開始、ハイレインに狙撃をヒットさせていきます。

ハイレインは「卵の冠」で生み出した魚のトリオン生物で防御を固めますが、出水がアステロイドで削った僅かな防御の隙間から狙撃を通し、ハイレインに攻撃を当て続けていきました。

狙撃部隊を厄介に思ったハイレインがミラに対処を命じると、ワープでラービットが屋上に登場しますが、冬島のショートワープで撹乱、無理に攻めはせず、風間隊などが屋上に上ってきてから戦う方針を立てました。

ワールドトリガー「B級ランク戦上位チーム編」の当真勇

狙撃訓練で遊ぶ

スナイパーは全員参加の合同訓練があり、通常狙撃訓練では奈良坂が真面目に訓練をこなして、的の同じ箇所に狙撃を当て続ける凄技を見せたのに対し、当真は狙撃でニッコリマークを描き、異常な狙撃の才能を見せつけました。

当真のようにユズルも星マークを作って自由な才能を表現しており、当真はユズルの師匠だと自負していましたが、ユズルは自分の師匠は鳩原先輩一人だけだと主張し、当真は少し寂しい感じを出します。

また、千佳の友人スナイパーである夏目にも指導をし、夏目の狙撃技術の向上に協力しました。

ワールドトリガー「ガロプラ侵攻編」の当真勇

捕捉&掩蔽訓練では無傷

捕捉&掩蔽訓練は、レーダー情報なしで他のスナイパー隊員を見つけて射撃する訓練でしたが、当真はこの訓練で500m以上先から狙撃してヒットさせる凄技を見せ、かつ被弾0という異常な結果を見せます。

この訓練でも1位は奈良坂でしたが、奈良坂は当真から被弾しており、当真の攻撃力・防御力の高さが際立った訓練となりました。

狙撃部隊を率いてトリオン兵と対峙

迅の予知によりガロプラ襲撃が予見されると、ボーダーは屋上に狙撃部隊を二部隊配置、当真は一部隊の隊長として荒船、半崎、穂刈、太一を率いて、ボーダー基地に迫るトリオン兵のアイドラ、ドグを相手に狙撃を開始します。

レギンデッツ、コスケロ、ヨミによる反撃もあったものの、当真は最後まで自分の仕事を完遂、トリオン兵をボーダー基地から撤退させることに成功しました。

ワールドトリガー「B級ランク戦上位チーム第三戦編」の当真勇

影浦のお好み焼き屋で千佳は撃てると話す

合同訓練の後、当真は影浦の実家のお好み焼き屋で隊員達と共に食事をします。影浦によってユズルが千佳に恋心を抱いていることが明かされ、ユズルが千佳を守りたいなら、ユズルも個人で遠征隊に入ればいいという話になります。

また、話題は千佳が人を撃てない話になりますが、当真はその気になれば千佳は撃てると主張、これまでの経験で千佳は撃てないのではなく、撃ちたくない人間なのだと話し、修やユウマが窮地となれば千佳は必ず撃つことができ、遠征部隊に入ることが決まっているのであれば、早めに追い込んで撃てるようになっておいた方が良いと話しました。

ワールドトリガー「遠征選抜試験編」の当真勇

一次試験は審査官として参加

A級部隊に所属する当真は一次試験の閉鎖環境試験では審査官として参加、トリオン切れのトラブルに対して修が冷静に対応したことに当真は高評価を付けました。

ABOUT ME
トッティー
遅まきながら漫画の魅力に気付き、日々漫画という漫画を読み漁る日々を送っています。イチオシはリゼロ、転スラ、インフェクションです。フリーのエンジニアとして食い扶持を確保しつつ、ただひたすらに漫画業界に課金を突っ込んでいきます。
error: Content is protected !!